46件中 21 - 30件表示
  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見たレーサー

    ハイメ・ビクトル・アルグエルスアリ・エスクデロ(Jaime Víctor Alguersuari Escudero、1990年3月23日 - )はスペイン・バルセロナ出身の元レーシングドライバー。2008年に史上最年少でイギリスF3のチャンピオンとなった。2015年10月1日、モータースポーツからの引退を発表した。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見た2010年マレーシアグランプリ

    2010年もトロ・ロッソに残留。第2戦オーストラリアGPではミハエル・シューマッハと抜かれるまで互角の勝負をすると、次の第3戦マレーシアGPで9位入賞を果たし、F1史上セバスチャン・ベッテルに次ぐ2番目の若さで初入賞を果たした。F1ドライバーとしての初の母国凱旋となる第5戦スペインGPでは10位入賞を果たす。その後、第14戦ベルギーGPでも10位フィニッシュとなり8戦ぶりのポイントを獲得に見えたが、他車をオーバーテイクする際シケインをショートカットしたとして決勝終了後に25秒加算ペナルティーを出され13位ポイント圏外に終わった。最終戦アブダビGPでは予選17位から這い上がり9位入賞を果たした。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見た2011年カナダグランプリ

    2011年もトロ・ロッソからF1に参戦。第3戦中国GPの予選Q2ではセッション中に赤旗が出る波乱の展開になったが、他のチームよりも早めにアタックをしたことが功を奏して自身初のQ3進出を果たし、自己ベストの7番グリッドを獲得した。だが決勝では1回目のピットイン後、右のリヤタイヤが脱落しリタイアを喫した。第7戦カナダGP決勝ではピットスタートを選択、最後尾から追い上げるレースとなったが、荒れたレース展開の中でポジションを上げ8位入賞を果たした。イタリアGP、韓国GPでは自身最高位となる7位入賞を果たし、インドGPでも8位入賞を果たした。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見たポールポジション

    太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見たフォーミュラ・ルノー

    2006年にイタリア・フォーミュラ・ルノーに参戦し、最年少表彰台とその年のルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得する活躍を見せた。さらにフォーミュラ・ルノー・ウィンター・シリーズにも参戦し、4勝を挙げて最年少でタイトルを獲得している。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見たファビオ・ライマー

    アルグエルスアリは第9戦モスクワのレース後、脱水症状と極度の疲労のため失神し、精密検査の結果が出るまで国際自動車連盟 (FIA)からライセンスを一時停止された(最終2戦はファビオ・ライマーが代役出場)。検査結果では身体の異常は見つからなかったが、2015-2016シーズンのフォーミュラE参戦を断念し、さらに2015年10月の記者会見でモータースポーツからの引退を表明した。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見たフォーミュラ・ルノー3.5

    2009年はカーリン・モータースポーツからワールド・シリーズ・バイ・ルノーに参戦していたが同年7月1日、レッドブル・レーシングとスクーデリア・トロ・ロッソの2チームのリザーブドライバーとなった。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見た2011年イタリアグランプリ

    2011年もトロ・ロッソからF1に参戦。第3戦中国GPの予選Q2ではセッション中に赤旗が出る波乱の展開になったが、他のチームよりも早めにアタックをしたことが功を奏して自身初のQ3進出を果たし、自己ベストの7番グリッドを獲得した。だが決勝では1回目のピットイン後、右のリヤタイヤが脱落しリタイアを喫した。第7戦カナダGP決勝ではピットスタートを選択、最後尾から追い上げるレースとなったが、荒れたレース展開の中でポジションを上げ8位入賞を果たした。イタリアGP、韓国GPでは自身最高位となる7位入賞を果たし、インドGPでも8位入賞を果たした。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見た2011年韓国グランプリ

    2011年もトロ・ロッソからF1に参戦。第3戦中国GPの予選Q2ではセッション中に赤旗が出る波乱の展開になったが、他のチームよりも早めにアタックをしたことが功を奏して自身初のQ3進出を果たし、自己ベストの7番グリッドを獲得した。だが決勝では1回目のピットイン後、右のリヤタイヤが脱落しリタイアを喫した。第7戦カナダGP決勝ではピットスタートを選択、最後尾から追い上げるレースとなったが、荒れたレース展開の中でポジションを上げ8位入賞を果たした。イタリアGP、韓国GPでは自身最高位となる7位入賞を果たし、インドGPでも8位入賞を果たした。ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

  • ハイメ・アルグエルスアリ

    ハイメ・アルグエルスアリから見たファステストラップ

    太字はポールポジション、斜字はファステストラップ。(key)ハイメ・アルグエルスアリ フレッシュアイペディアより)

46件中 21 - 30件表示

「ハイメ・アルグエルスアリ」のニューストピックワード