104件中 71 - 80件表示
  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た堆肥

    長崎オランダ村株式会社が買い上げた土地は、敷地のほぼ全域がヘドロで埋め立てられており、雨が降ると地面に染みこまずに巨大な水溜りになり、乾燥するとひび割れを起こした。さらにヘドロの中を試掘すると、砕石されずに投棄された2m近い岩塊が次々とでてくる有様だった。一面、背の高い草に覆われ、樹木は生えていない状況だった。まずは草木が失われていた土地を土壌改良して樹木林を形成させることからスタート。土地購入費以上の投資をして土地を掘削し、堆肥を混入する有機的な方法で土壌改良を実施した。東京農業大学関連の学術研究者による綿密な周辺調査に基づいて植栽を行い、約40万本の樹木と30万本の花を植えた。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た生態系

    水田だった頃には、塩害防止用のクリークが張られていたが、ハウステンボス建設時にはすでに埋められていた。ハウステンボス建設では、これとは別に、城塞部を囲むように新たに運河が掘削された。運河は全長6,000m。水深2.5m、幅20?30m。水際は、動植物に対し自然の生態系がなだらかに形成されるように、接水部分に砕石や土、木を利用した。運河護岸はコンクリート壁を使わず、石積みとしている。ハウステンボスでは親水護岸と呼んでいる。白鳥などの水鳥も、運河から容易に陸部に上がり、営巣している姿が見られる。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た三菱未来館

    2006年7月22日 愛知万博の人気パビリオンだった「三菱未来館@earth(アット・アース)もしも月がなかったら」を譲り受け、園内の新アミューズメント施設「Kirara(キララ)」としてオープンハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た大韓民国

    野村プリンシパル・ファイナンスをスポンサーとする更生計画案が認可されて以来、他テーマパーク同様、韓国や中華民国、中華人民共和国(香港を含む)等の近隣諸国からの来場者が増え、人気が出ていた。しかし、2008年に起こった世界金融不況の影響を受けて、近隣諸国からの来場者、国内顧客共に減少し、大規模なリストラ策を発表するなど経営再建が厳しくなった。このような経営状態の悪化により、野村プリンシパル・ファイナンスは2010年3月をもって支援から手を引くことになった。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た長崎市

    福岡から約1時間40分(高速道路経由)。長崎から約2時間。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た長崎県道141号ハウステンボス線

    行政上の地名は、1991年(平成3年)6月、「佐世保市ハウステンボス町(まち)」として登録された。施設の側を通る県道にも長崎県道141号ハウステンボス線の名称が付されている。商業施設名が地名として認定されている例は極めて少ない。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見たコーラルエクスプレス号

    名古屋 - 夜行高速バス「コーラルエクスプレス号」で約13時間。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た南風崎駅

    現在のハウステンボス敷地の大部分は、江戸時代に干拓された水田地跡である。太平洋戦争時に軍に接収されたのち、ごく短期間、広島県江田島の海軍兵学校分校が置かれた。大戦終結後には、厚生省佐世保引揚援護局が置かれ、針尾島西部の浦頭港に帰着した船舶から上陸した引揚者は、ここまでを徒歩で移動し、休息救護を受けた歴史がある。この地で休息後、もよりの国鉄南風崎駅から故郷への帰宅の途についた。引揚援護局閉鎖後は、陸上自衛隊針尾駐屯地を経て、その後長崎県に払い下げられた。県は、針尾工業団地として造成を行ったが、工業用水供給の問題などから企業誘致が進まず、手つかずのままだった。議会で毎回のように批判を浴び頭を悩ませていた県は、大村湾西岸でテーマパーク運営で成功していた長崎オランダ村に注目。長崎オランダ村株式会社(当時)も、長崎オランダ村付近の交通渋滞が著しかったことなどから、駐車場としての購入を希望した。しかし、神近はアジアのリゾート観光拠点を創り上げる新たな構想をねり上げ、オランダ村を発展的に大規模に拡大した施設を新たに建設した。完成後、商号変更を行い、現在のハウステンボス(ハウステンボス株式会社)に至る。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た運河

    水田だった頃には、塩害防止用のクリークが張られていたが、ハウステンボス建設時にはすでに埋められていた。ハウステンボス建設では、これとは別に、城塞部を囲むように新たに運河が掘削された。運河は全長6,000m。水深2.5m、幅20?30m。水際は、動植物に対し自然の生態系がなだらかに形成されるように、接水部分に砕石や土、木を利用した。運河護岸はコンクリート壁を使わず、石積みとしている。ハウステンボスでは親水護岸と呼んでいる。白鳥などの水鳥も、運河から容易に陸部に上がり、営巣している姿が見られる。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

  • ハウステンボス

    ハウステンボスから見た東京ディズニーリゾート

    大村湾北端に面した佐世保市針尾島の早岐瀬戸に接する部分に位置し、総開発面積は152ヘクタール(46万1干坪)。現在の東京ディズニーリゾート(ディズニーランド+ディズニーシー)とほぼ同規模。単独テーマパークとして、連続した敷地面積では、群を抜いて日本最大である。ハウステンボス フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「ハウステンボス」のニューストピックワード