65件中 11 - 20件表示
  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たサラリーマンNEO

    2007年9月3日、NHKの企業CM「今日も、どこかでNHK」シリーズとして、ドラマ「ハゲタカ」をモチーフにした内容が放送された。『ハゲタカ特別編・NHKを買収せよ』と題してホライズンが次の標的をNHKとし、鷲津役の大森南朋など"ホライズン"の社員がドラマのイメージ通り、NHKの投資価値=魅力について議論するというもの。演技はシリアスだったが、アラン役のティムが「サラリーマンNEO」のセクスィー部長を見て吹き出しそうになったり、おじゃる丸等のキャラクター人形名を低いトーンで言い合うなど、パロディとして仕上がっている。放映時間は約2分間。同年9月20日にも再放送された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たおじゃる丸

    2007年9月3日、NHKの企業CM「今日も、どこかでNHK」シリーズとして、ドラマ「ハゲタカ」をモチーフにした内容が放送された。『ハゲタカ特別編・NHKを買収せよ』と題してホライズンが次の標的をNHKとし、鷲津役の大森南朋など"ホライズン"の社員がドラマのイメージ通り、NHKの投資価値=魅力について議論するというもの。演技はシリアスだったが、アラン役のティムが「サラリーマンNEO」のセクスィー部長を見て吹き出しそうになったり、おじゃる丸等のキャラクター人形名を低いトーンで言い合うなど、パロディとして仕上がっている。放映時間は約2分間。同年9月20日にも再放送された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た浅利陽介

    牛島誠二の息子 - 浅利陽介ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た林宏司

    経済を中心とした社会派ノベルを発表する元新聞記者の作家・真山仁による小説『ハゲタカ』と『バイアウト』の2作品を原作とし、林宏司が脚本を担当した。第1話 - 第3話は『ハゲタカ』、第4話 - 第6話は『バイアウト』をベースにし、作成されている。主要人物名・取り扱われる経済活動などの一部は原作に沿っているが、ドラマ全体としては原作と大きく異なる(例:鷲津政彦の出自と経歴、被買収企業の名称と業種、ドラマにオリジナル主要人物など)。これについては、ドラマと小説は別物であるという原作者の意向を反映したためである。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た山口類児

    第7回映像技術賞美術部門 受賞(山口類児、神林篤、日高一平)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た中村獅童 (2代目)中村 獅童

    出演者の1人である柴田恭兵の肺癌手術・療養のため、当初の2006年9月2日 - 10月7日の放送日程から延期された。また、当初出演予定であった中村獅童が飲酒運転で信号無視したため出演を辞退し、その代役に松田龍平が起用された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た村上世彰

    鷲津政彦が口にする「お金を稼ぐことがいけない事でしょうか」は、同時期マスコミに対する村上世彰の「金儲けは悪いことですか。それ何が悪いんだろう。儲けることが。ボクにはよくわからない」という発言を想起させる。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た宮川俊二

    報道番組アナウンサー - 宮川俊二ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た訓覇圭

    第32回エランドール賞「プロデューサー賞田中友幸基金賞」 受賞(訓覇圭) ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た投資ファンド

    鷲津(大森南朋)は、バブル経済崩壊後、ある事件をきっかけに「三葉銀行」を退職。渡米したのち、投資ファンド「ホライズン・インベストメント・ワークス」日本代表に就任し、帰国。ファンドマネージャーとして次々と日本企業を買収する「ハゲタカ」という異名を持つようになった。そして三葉銀行の資産流動対策室の室長であり、鷲津の元上司であった芝野(柴田恭兵)と再会することになる。銀行がかかえるバルクセール(保有債権のまとめ売り)を売る側、バルクセールを買う側という様に…。その後、まるで運命に導かれるように、2人は何度もぶつかることとなる。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

65件中 11 - 20件表示

「ハゲタカ」のニューストピックワード