70件中 51 - 60件表示
  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たEBO

    EBO(雇用者達による企業買収)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た作家

    経済を中心とした社会派ノベルを発表する元新聞記者の作家・真山仁による小説『ハゲタカ』と『バイアウト』の2作品を原作とし、林宏司が脚本を担当した。第1話 - 第3話は『ハゲタカ』、第4話 - 第6話は『バイアウト』をベースにし、作成されている。主要人物名・取り扱われる経済活動などの一部は原作に沿っているが、ドラマ全体としては原作と大きく異なる(例:鷲津政彦の出自と経歴、被買収企業の名称と業種、ドラマにオリジナル主要人物など)。これについては、ドラマと小説は別物であるという原作者の意向を反映したためである。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た脚本

    経済を中心とした社会派ノベルを発表する元新聞記者の作家・真山仁による小説『ハゲタカ』と『バイアウト』の2作品を原作とし、林宏司が脚本を担当した。第1話 - 第3話は『ハゲタカ』、第4話 - 第6話は『バイアウト』をベースにし、作成されている。主要人物名・取り扱われる経済活動などの一部は原作に沿っているが、ドラマ全体としては原作と大きく異なる(例:鷲津政彦の出自と経歴、被買収企業の名称と業種、ドラマにオリジナル主要人物など)。これについては、ドラマと小説は別物であるという原作者の意向を反映したためである。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た競争入札

    スポンサー選定のための入札(どちらかが降りるまで続けられるサドンデス方式)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たエンプロイー・バイアウト

    EBO(エンプロイー・バイアウト、雇用者達による企業買収)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た会社法

    取締役会の決議による代表取締役の解任(一般的には解任と呼ばれることも多いが、会社法上の用語としては解職が正しい)。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たコーパス100!で英会話

    コーパス100!で英会話(番組中に大空電機の商品(ノートパソコン)が登場している)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たNHKデジタル衛星ハイビジョン

    2007年2月17日から3月24日まで、毎週土曜日にNHK総合テレビとBSハイビジョンの「土曜ドラマ」で放送された。放送のタイトルロゴには、タイトル『ハゲタカ』とともに、『ROAD TO REBIRTH』(「再生への道」の意)という副題的な記載がなされていた。NHKのドラマとしては初のBlu-ray DiscおよびDVDのソフトがポニーキャニオンより販売された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た社長

    総合電機メーカー『大空電機』代表取締役社長ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た肺癌

    出演者の1人である柴田恭兵の肺癌手術・療養のため、当初の2006年9月2日 - 10月7日の放送日程から延期された。また、当初出演予定であった中村獅童が飲酒運転で信号無視したため出演を辞退し、その代役に松田龍平が起用された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

70件中 51 - 60件表示