1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示
  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た会長

    総合電機メーカー『大空電機』代表取締役会長ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た土曜日

    2007年2月17日から3月24日まで、毎週土曜日にNHK総合テレビとBSハイビジョンの「土曜ドラマ」で放送された。放送のタイトルロゴには、タイトル『ハゲタカ』とともに、『ROAD TO REBIRTH』(「再生への道」の意)という副題的な記載がなされていた。NHKのドラマとしては初のBlu-ray DiscおよびDVDのソフトがポニーキャニオンより販売された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た新聞記者

    経済を中心とした社会派ノベルを発表する元新聞記者の作家・真山仁による小説『ハゲタカ』と『バイアウト』の2作品を原作とし、林宏司が脚本を担当した。第1話 - 第3話は『ハゲタカ』、第4話 - 第6話は『バイアウト』をベースにし、作成されている。主要人物名・取り扱われる経済活動などの一部は原作に沿っているが、ドラマ全体としては原作と大きく異なる(例:鷲津政彦の出自と経歴、被買収企業の名称と業種、ドラマにオリジナル主要人物など)。これについては、ドラマと小説は別物であるという原作者の意向を反映したためである。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た経済

    経済を中心とした社会派ノベルを発表する元新聞記者の作家・真山仁による小説『ハゲタカ』と『バイアウト』の2作品を原作とし、林宏司が脚本を担当した。第1話 - 第3話は『ハゲタカ』、第4話 - 第6話は『バイアウト』をベースにし、作成されている。主要人物名・取り扱われる経済活動などの一部は原作に沿っているが、ドラマ全体としては原作と大きく異なる(例:鷲津政彦の出自と経歴、被買収企業の名称と業種、ドラマにオリジナル主要人物など)。これについては、ドラマと小説は別物であるという原作者の意向を反映したためである。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た事故死

    (第1回)老舗旅館『西乃屋』経営者であり、治の父。本業の旅館経営の他にゴルフ場の経営やビル建設に手を出すも、本業の旅館経営が疎かになってしまい、膨大な債権を抱えてしまう。その為、息子の治と鷲津に自身の経営手腕の無さを指摘される。最終的に鷲津に債権のかたとして旅館を売却され、そのショックから自殺同然の事故死を遂げてしまう。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た経済小説

    作家・真山仁の経済小説を原作に、全6話が放送された。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たドラマ8

    七瀬ふたたび(※NHKドラマ8版。劇中に大空電機の商品(パソコンなど)が登場している)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たギャラクシー賞

    第44回ギャラクシー賞「優秀賞」 受賞ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見た執行役員

    (第4回より)企業再生家(ターンアラウンドマネージャー)に転身し、大空電機の執行役員から取締役となり、塚本のサポートと改革を行う。ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ハゲタカ (テレビドラマ)

    ハゲタカ (テレビドラマ)から見たゴールデンパラシュート

    ゴールデンパラシュート(高額な退職金のこと。買収防衛策の一つとしても有名だが、作中では経営陣に退任を迫る条件として登場)ハゲタカ (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
70件中 61 - 70件表示