ハナショウブの花情報 ニュース&Wiki etc.

ハナショウブ(花菖蒲、Iris ensata var. ensata)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。シノニムはI. ensata var. hortensis, I. kaempferi. (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ハナショウブ」のつながり調べ

  • 多摩市

    多摩市から見たハナショウブ

    中沢池公園 - 市の西端にある。花菖蒲の名所である。(多摩市 フレッシュアイペディアより)

  • 柳川市

    柳川市から見たハナショウブ

    市街地を東西に流れる幹線水路に沿う約800メートル区間の市道で、「水辺の散歩道」とも呼ばれている。1979年(昭和54年)国土庁の伝統的文化都市環境保存地区整備事業として環境整備と併せて整備された遊歩道で、1986年(昭和61年)8月10日に、旧建設省と「道の日」実行委員会により制定された「日本の道100選」に選定されている。東から西へ順に、A・B・Cの三つのゾーンで構成される。Aゾーンはかつて袋小路と呼ばれた通りで、掘割の護岸は自然石、路面は木目入りコンクリート平板と木レンガの舗装がなされており、北原白秋の袋町遊歩道歌碑と白秋の高弟である宮柊二の歌碑が建立されている。Bゾーンは、玉石護岸に植栽を残す掘割沿いの道で、対岸には「花菖蒲園」があり5月下旬から6月上旬にかけてのハナショウブ開花期は最も観光客で賑わう。Cゾーンは石畳と砂敷を調和させた舗装の通りで、沿道に木村緑平句碑、長谷健文学碑、河野静雲句碑、白秋の「弥兵衛門橋の歌碑」のほか、世に珍しい「うなぎ供養碑」がある。(柳川市 フレッシュアイペディアより)

「ハナショウブ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード