前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示
  • 賀茂しょうぶ園

    賀茂しょうぶ園から見たハナショウブハナショウブ

    賀茂しょうぶ園(かもしょうぶえん)は、愛知県豊橋市賀茂町にある花しょうぶのフラワーガーデンである。市の観光開発事業の一環として設けられた。賀茂しょうぶ園 フレッシュアイペディアより)

  • 長井あやめ公園

    長井あやめ公園から見た花菖蒲ハナショウブ

    全国的にも貴重な品種″長井古種″や″長井系″をはじめ、500種100万本もの花菖蒲が植栽されている。見頃は毎年6月中旬から7月初旬。名前こそ「あやめ公園」だが、園内に咲くあやめは厳密には花菖蒲である。長井あやめ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 水郷佐原水生植物園

    水郷佐原水生植物園から見たハナショウブハナショウブ

    約6haの園内は島や橋、水面を配置し、アヤメ、ハナショウブやハス、フジ、ポプラなどが植えられ、水郷地帯の面影を表現している。ハナショウブは150万本と日本有数の規模を誇り、5月下旬から6月にかけてのあやめ祭り期間中は多くの来訪者がある。水郷佐原水生植物園 フレッシュアイペディアより)

  • アヤメ属

    アヤメ属から見たハナショウブハナショウブ

    ハナショウブ(栽培) Thunb. var.アヤメ属 フレッシュアイペディアより)

  • 東公園 (岡崎市)

    東公園 (岡崎市)から見たハナショウブハナショウブ

    園内には東公園動物園、花菖蒲園、岡崎市出身の地理学者志賀重昂の墓や銅像、また同じく岡崎市出身の物理学者本多光太郎の資料館、旧本多忠次邸、世尊寺(釈迦堂)などがある。東公園動物園も含め入園は無料である。春にはサクラ、初夏はハナショウブやアジサイ、秋には紅葉が楽しめる。岡崎観光きらり百選に選定されている。東公園 (岡崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 花菖蒲

    花菖蒲から見たハナショウブハナショウブ

    花菖蒲 フレッシュアイペディアより)

  • 花しょうぶ

    花しょうぶから見たハナショウブハナショウブ

    花しょうぶ フレッシュアイペディアより)

  • 於大公園

    於大公園から見たハナショウブハナショウブ

    園内には桜や梅、花菖蒲などが植えられており、四季折々の花を楽しむ事が出来る。於大公園 フレッシュアイペディアより)

  • 宿根草

    宿根草から見たハナショウブハナショウブ

    宿根草(しゅっこんそう)は、多年生の草本のうち、生育に適さない時期(多くの場合冬であるが、夏のこともある)には、地上部が枯れてしまうが、それをすぎると発芽して、再び生育を始めるもの。園芸では、常緑多年草もまとめて宿根草というので、多年草は「球根植物」と「宿根草」に分類されることになる。キク、キキョウ、シャクヤク、ハナショウブなど、花苗として販売されているもののほとんどがこの範疇にはいる。フキやウド、アスパラガスなど、宿根性の野菜(蔬菜)もある。宿根草 フレッシュアイペディアより)

  • 鷹ヶ池フィッシング場

    鷹ヶ池フィッシング場から見たハナショウブハナショウブ

    鷹ヶ池フィッシング場(たかがいけフィッシングじょう)は、愛知県小牧市が管理・運営している農業用の灌漑ため池、兼・釣り場である。面積は25,903m²。鯉や鮒などの魚が放流されており、無料の釣り場ともなっている。また池の近くには、ハナショウブやアブラナなどが植えられている。鷹ヶ池フィッシング場 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード