前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示
  • 長井あやめ公園

    長井あやめ公園から見た花菖蒲ハナショウブ

    全国的にも貴重な品種″長井古種″や″長井系″をはじめ、500種100万本もの花菖蒲が植栽されている。見頃は毎年6月中旬から7月初旬。名前こそ「あやめ公園」だが、園内に咲くあやめは厳密には花菖蒲である。長井あやめ公園 フレッシュアイペディアより)

  • 賀茂しょうぶ園

    賀茂しょうぶ園から見たハナショウブハナショウブ

    賀茂しょうぶ園(かもしょうぶえん)は、愛知県豊橋市賀茂町にある花しょうぶのフラワーガーデンである。市の観光開発事業の一環として設けられた。賀茂しょうぶ園 フレッシュアイペディアより)

  • 水郷佐原あやめパーク

    水郷佐原あやめパークから見たハナショウブハナショウブ

    約6haの園内は島や橋、水面を配置し、アヤメ、ハナショウブやハス、フジ、ポプラなどが植えられ、水郷地帯の面影を表現している。ハナショウブは150万本と日本有数の規模を誇り、5月下旬から6月にかけてのあやめ祭り期間中は多くの来訪者がある。水郷佐原あやめパーク フレッシュアイペディアより)

  • アヤメ属

    アヤメ属から見たハナショウブハナショウブ

    ハナショウブ(栽培) Thunb. var.アヤメ属 フレッシュアイペディアより)

  • 上島正

    上島正から見た花菖蒲ハナショウブ

    上島 正(かみじま ただし、天保9年5月15日(1838年7月6日) - 1919年(大正8年))は明治時代の札幌開拓者。信濃国諏訪藩出身。江戸に出て商家に奉公し、行商人、測量士を経て北海道に渡り、札幌で初めて水田稲作に成功、東皐園で花菖蒲等の栽培を行った。上島正 フレッシュアイペディアより)

  • 四季の里緑水苑

    四季の里緑水苑から見たハナショウブハナショウブ

    園内では季節ごとに桜(ソメイヨシノ、枝垂桜、河津桜、山桜、八重桜)、レンギョウ、バラ、藤、ツツジ、芝桜、アジサイ、ハナショウブ、ハス、水芭蕉四季の里緑水苑 フレッシュアイペディアより)

  • 東公園 (岡崎市)

    東公園 (岡崎市)から見たハナショウブハナショウブ

    東公園動物園も含め入園は無料である(旧本多忠次邸のみ有料)。園内にはいくつかの池があるが、これらはもともと灌漑用の溜池として使われていたものである。春にはサクラ、初夏はハナショウブやアジサイ、秋には紅葉が楽しめる。岡崎観光きらり百選に選定されている。東公園 (岡崎市) フレッシュアイペディアより)

  • 潮来市

    潮来市から見たハナショウブハナショウブ

    霞ヶ浦や北浦、常陸利根川などに面した水郷で有名な都市である。江戸時代に利根川水運の港町として栄え、現在は水郷筑波国定公園の一角となっている。水郷潮来あやめ園を中心としたあやめ(花菖蒲)の名所や川を巡る十二橋めぐりといった水郷特有の観光名所を有するほか、米栽培を中心とした農業が盛んである。潮来市 フレッシュアイペディアより)

  • 花菖蒲

    花菖蒲から見たハナショウブハナショウブ

    花菖蒲 フレッシュアイペディアより)

  • 花しょうぶ

    花しょうぶから見たハナショウブハナショウブ

    花しょうぶ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
144件中 1 - 10件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード