144件中 91 - 100件表示
  • アヤメ科

    アヤメ科から見たハナショウブハナショウブ

    アヤメ、ハナショウブ、カキツバタ、グラジオラス、フリージア、クロッカスなど、花を観賞するために栽培されるものが多数ある。サフランは香辛料として使われる。アヤメ科 フレッシュアイペディアより)

  • 水元公園

    水元公園から見たハナショウブハナショウブ

    小合溜という準用河川を中心とした都内最大の水郷公園である。小合溜の対岸は埼玉県三郷市で、埼玉県立みさと公園がある。園内には多種多様な植物が育っていて、特にサクラの咲く季節やハナショウブの咲く季節は花見客などでにぎわう。水元公園 フレッシュアイペディアより)

  • 佐屋川創郷公園

    佐屋川創郷公園から見たハナショウブハナショウブ

    4月には公園一帯にサクラが咲き、初夏には蟹江町の花であるハナショウブなどの花々が公園を彩る。秋には紅葉が見られる。夏には納涼フェスティバルが開催され、夜店が並ぶ公園は盆踊りや花火大会などでにぎわう。佐屋川創郷公園 フレッシュアイペディアより)

  • 明治神宮

    明治神宮から見たハナショウブハナショウブ

    現在、苑内には隔雲亭やあずまやのほか、お釣台、菖蒲田、清正井などがある。菖蒲田のハナショウブ(花菖蒲)は明治天皇が昭憲皇太后のために植えさせられたといわれ、6月が最盛期である。また、11月下旬から12月上旬には、紅葉を愛でることが出来る。拝観は有料であり、料金は大人500円・16時30分閉門である。明治神宮 フレッシュアイペディアより)

  • 紅葉山公園 (福島市)

    紅葉山公園 (福島市)から見たハナショウブハナショウブ

    現在の愛知県にある、旧三河国八橋のカキツバタの名勝である八橋かきつばた園を模して庭園が造られたとされる。しかし現在の旧庭園内は、カキツバタやハナショウブを含むアヤメ属の植栽は見受けられない。紅葉山公園 (福島市) フレッシュアイペディアより)

  • 小鹿野町

    小鹿野町から見たハナショウブハナショウブ

    福寿草、ニリンソウ、ハナショウブ、ロウバイ、ヤシオツツジセツブンソウ等の花小鹿野町 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪旭郵便局

    大阪旭郵便局から見たハナショウブハナショウブ

    1990年(平成2年)3月23日 - 花の万博の開催に合わせ、大阪市周辺の主な郵便局40局において、風景印を花をかたどった変形印に変更(当局は旭区の花である花しょうぶ)。大阪旭郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 助任緑地

    助任緑地から見たハナショウブハナショウブ

    5月から6月にかけては約2000株のハナショウブが開花する。また園内には興源寺川が流れこんでいる。助任緑地 フレッシュアイペディアより)

  • アサガオ

    アサガオから見たハナショウブハナショウブ

    上記とは別に、熊本藩では武士たちによる園芸が盛んで、朝顔も花菖蒲や菊、芍薬、椿、山茶花などと共に愛好されており、盛んに育種されて独自の系統が生まれた。この花は変化朝顔とは違い、本来の朝顔の花型を保ち、大輪であり、「肥後朝顔」と呼ばれる。これが後世の大輪朝顔の祖先の一つになった。これら熊本の六種類の園芸植物は現在「肥後六花」と総称され、熊本に伝えられている。アサガオ フレッシュアイペディアより)

  • 富士見市

    富士見市から見たハナショウブハナショウブ

    別名「せせらぎ菖蒲園」とも呼ばれる花菖蒲の名所で、隣接する民家の大きな屋敷林を借景とした緑あふれる公園。市制施行20周年記念事業により整備され、1994年4月開園した。富士見市 フレッシュアイペディアより)

144件中 91 - 100件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード