119件中 11 - 20件表示
  • 助任緑地

    助任緑地から見たハナショウブハナショウブ

    5月から6月にかけては約2000株のハナショウブが開花する。また園内には興源寺川が流れこんでいる。助任緑地 フレッシュアイペディアより)

  • 北山公園 (東京都)

    北山公園 (東京都)から見たハナショウブハナショウブ

    花菖蒲の名所であり、最盛期の6月には170種類、7,000株・10万本が花をつける。またこの時期には「東村山菖蒲まつり」が開催され、スタンプラリーや地元産品の即売会など各種の催しが開かれて園内は賑わいを見せる。西武鉄道でもこの期間、特急「小江戸」を東村山駅に臨時停車させるなど、訪れる客の便宜を図っている。北山公園 (東京都) フレッシュアイペディアより)

  • ミズキンバイ

    ミズキンバイから見たハナショウブハナショウブ

    河川の砂州や平地の水田など、自然的・人為的攪乱の起こりやすい環境を好む攪乱地依存植物である。洪水や耕起などによって、植生が破壊され、陽光の当たる裸地が生じると、千切れたシュート片や埋土種子の発芽などにより、群落を拡大させる。春から秋にかけて5花弁からなる黄色の一日花を咲かせる。果実は蒴果であるが、成熟してもユリやハナショウブのように果実は裂けず、種子を撒かずにそのまま果実ごと落下する。土壌に埋没した後、数か月をかけて果皮が分解され種子が散布される。ミズキンバイ フレッシュアイペディアより)

  • 大村公園

    大村公園から見たハナショウブハナショウブ

    大村公園(おおむらこうえん)は長崎県大村市玖島にある公園。玖島城(大村城)跡の外堀を利用してできた公園で、春にはソメイヨシノや国の天然記念物のオオムラザクラ、ハナショウブ、ツツジなどが咲く。日本さくら名所100選・日本の歴史公園100選の1つ。大村市役所の南隣りにある。大村公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大矢十四彦

    大矢十四彦から見たハナショウブハナショウブ

    大矢十四彦(おおや としひこ、 1940年- )は、新潟県出身の日本画家。富貴蘭、芙蓉、花菖蒲、牡丹など花をモチーフとした作品を発表している。大矢十四彦 フレッシュアイペディアより)

  • 薬師池 (町田市)

    薬師池 (町田市)から見たハナショウブハナショウブ

    現在の薬師池の周りは、薬師池公園である。水田は主に公園内のショウブ田、ハス田、フジ棚などになり、畑は主に公園内のウメ林、ツバキ園、アジサイ園などになっている。用水路のほとんどは暗渠(あんきょ)に置き換えられ、主にハス田の東側と公園の北駐車場の東側で一部が開渠(かいきょ)となり地上に出ている。山林はおおむね公園内に残っていて、クヌギ、コナラなどの元々の樹木も残っているが、花や紅葉の観賞用に新たに植林された樹木も多い。薬師池 (町田市) フレッシュアイペディアより)

  • 岩井護

    岩井護から見たハナショウブハナショウブ

    小説「花隠密」(講談社刊)が松平健の主演で舞台となった。大阪の新歌舞伎座などで上演された。花を愛した徳川家斉にハナショウブを献上する肥後と宇和島の「花戦争」を背景とし、勝負に負けた宇和島から花作りの秘密をさぐりに肥後に潜入する「花隠密」の悲恋を描いた作品として高い評価を得た。緻密な描写と女性的な感性と日本美のエロティシズムが評価されている。岩井護 フレッシュアイペディアより)

  • 八紘学園花菖蒲園

    八紘学園花菖蒲園から見たハナショウブハナショウブ

    広大な敷地に約450種類10万株に及ぶ、ハナショウブをメインとして栽培している。見どころは、6月下旬頃より開花するハナショウブの他に7月中旬以後開花するヘメロカリス・ラベンダーの栽培もしており、同時期に合わせて観覧できる場合もある。八紘学園花菖蒲園 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良県立民俗博物館

    奈良県立民俗博物館から見たハナショウブハナショウブ

    1974年(昭和49年)に開館。 大和民俗公園の 約26.6ヘクタールの敷地内には自然林が残され、梅林や菖蒲園などが整備されている。敷地の南東寄り中央に博物館施設がある。奈良県立民俗博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 平安神宮神苑

    平安神宮神苑から見た花菖蒲ハナショウブ

    白虎池 - 6月には池畔に200種2000株の花菖蒲が咲く、茶席「澄心亭」平安神宮神苑 フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード