144件中 31 - 40件表示
  • 周南緑地

    周南緑地から見たハナショウブハナショウブ

    1966年(昭和41年)に現在地(周南市徳山鉢窪)へ移転した京都大学演習林徳山試験地(現・京都大学フィールド科学教育研究センター徳山試験地)の跡地に整備された。植物園としての役割を持ち、ハナショウブ(75種類、約20,000株)や大賀ハス(約2,000株)、万葉植物(木本類約70種、草本類約60種)、ヤエヤマザクラなどが植えられている。周南緑地 フレッシュアイペディアより)

  • 山王史跡公園あやめ祭り

    山王史跡公園あやめ祭りから見た花菖蒲ハナショウブ

    栗原市一迫の山王史跡公園あやめ園の広さは1.3haあり、あやめやカキツバタ、花菖蒲などを植栽している。山王史跡公園あやめ祭り フレッシュアイペディアより)

  • かながわの花の名所100選

    かながわの花の名所100選から見たハナショウブハナショウブ

    四季の森公園(横浜市緑区寺山町、ハナショウブかながわの花の名所100選 フレッシュアイペディアより)

  • 浅舞公園あやめまつり

    浅舞公園あやめまつりから見たハナショウブハナショウブ

    横手市平鹿町にある浅舞公園で開催される祭りで、年によって天候の影響で開花時期が異なり祭り開催時期にも影響する。公園の敷地は5.5haあり、80種、約50万本のハナショウブ(アヤメ科)が開花し見頃を迎える時期に祭りが開催される。入園は無料。時間限定で、夜の公園内ライトアップを2015年に初めて企画に加えた。祭り開催期間中は土・日限定で、無料シャトルバスを運行、特別イベントがある。屋台とテント村で地元の物産販売なども行う。浅舞公園あやめまつり フレッシュアイペディアより)

  • 神楽女湖

    神楽女湖から見たハナショウブハナショウブ

    湖に隣接した神楽女湖菖蒲園には、約80種、1万5000株(約30万本)のハナショウブが植えられており、名所として知られている。見頃は6月上旬から7月上旬で、例年6月上?中旬には花しょうぶ鑑賞会が開催される。神楽女湖 フレッシュアイペディアより)

  • 長安寺 (大阪市天王寺区)

    長安寺 (大阪市天王寺区)から見た花菖蒲ハナショウブ

    5月中旬から6月上旬にかけて境内は色とりどり、数多くの花菖蒲で埋め尽くされる。長安寺 (大阪市天王寺区) フレッシュアイペディアより)

  • 張尚柔

    張尚柔から見たハナショウブハナショウブ

    あるとき尚柔が室内にあって、庭前にこの世のものとは思えないほどまばゆく光る菖蒲の花を見かけた。尚柔は驚いて侍者に訊ねたが、侍者が見えないと答えたので、尚柔は「菖蒲の花を見た者は富貴となるだろうと聞いている」と言って、その花を取って呑みこんだ。この月に蕭衍を産んだ。出産の夜、尚柔は庭内に衣冠の者たちが控え並んでいる姿を見た。張尚柔 フレッシュアイペディアより)

  • 苫小牧市錦大沼公園

    苫小牧市錦大沼公園から見たハナショウブハナショウブ

    錦大沼(周囲3.5km)と錦小沼(周囲1.6km)周辺は散策路になっている。2009年度(平成21年度)から整備していた錦大沼ハナショウブ園は(ハナショウブは苫小牧市の草の花指定)、2014年度(平成26年度)に目標の1万株を達成し記念式典を開催した。苫小牧市錦大沼公園 フレッシュアイペディアより)

  • 三好学

    三好学から見たハナショウブハナショウブ

    日本の植物学の基礎を築いた人物の一人である。特に桜と菖蒲の研究に関しての第一人者であった。三好学 フレッシュアイペディアより)

  • 城北公園

    城北公園から見たハナショウブハナショウブ

    1964年(昭和39年)に開設された回遊式の花菖蒲園。面積約1.3ヘクタール。花菖蒲約250品種が栽培されている。菖蒲園の一角では、カキツバタも栽培されている。城北公園 フレッシュアイペディアより)

144件中 31 - 40件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード