119件中 41 - 50件表示
  • 山田池公園

    山田池公園から見たハナショウブハナショウブ

    水生花園 - 花しょうぶ園、あじさい園、スイレン池等がある。山田池公園 フレッシュアイペディアより)

  • 城沼

    城沼から見たハナショウブハナショウブ

    市街地に隣接するため、釣りや舟遊び、桜、ツツジ、花菖蒲、ハスなど季節折々の花見の場所になっている。殊につつじヶ岡公園(花山公園)を中心として、周囲には館林城跡、尾曳神社、善導寺、善長寺などの名所旧跡が多い。城沼 フレッシュアイペディアより)

  • 肥後六花

    肥後六花から見たハナショウブハナショウブ

    肥後六花(ひごろっか)は、肥後椿(ひごつばき)、肥後芍薬(ひごしゃくやく)、肥後花菖蒲(ひごはなしょうぶ)、肥後朝顔(ひごあさがお)、肥後菊(ひごぎく)、肥後山茶花(ひごさざんか)の6種の花の総称。肥後六花 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡県立戸畑高等学校

    福岡県立戸畑高等学校から見たハナショウブハナショウブ

    近年、校舎の全面改築により五階建て体育館直結式の新校舎となり、県立高校にはめずらしくエレベーターが設置されている。グラウンドも整備され、テニスコートや陸上部専用レーンなどが設けられている。敷地の裏にはハナショウブで有名な夜宮公園があり、ハナショウブの咲くころには多くの人が集まる。春は花見スポットとしても人気である。福岡県立戸畑高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 科学万博記念公園

    科学万博記念公園から見たハナショウブハナショウブ

    ハナショウブ園がある。6月上中旬頃が見頃。科学万博記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大沼 (小山市)

    大沼 (小山市)から見たハナショウブハナショウブ

    ハナショウブや、思川桜の散策路が湖畔にあり、冬季にはハクチョウやカモが飛来する。大沼 (小山市) フレッシュアイペディアより)

  • 松平町 (豊田市)

    松平町 (豊田市)から見たハナショウブハナショウブ

    松平東照宮から高月院にかけてのおよそ0.02平方キロメートル(2ヘクタール)の敷地が「松平郷園地」として整備されている。園地の入口には、七対の石柱を両沿いに配した奥手に松平親氏の銅像が立つ参道があり、黎明期松平氏8代を象徴しているという。高月院への参道沿いの「室町塀」や「冠木(かぶき)門」は松平氏が勃興した室町時代の歴史景観を象徴し、並走する小道は「あやめ恋路」と呼ばれ、松平親氏と夫人である水姫(すいひめ)とのロマンスをイメージした親水緑道となっている。明治時代から戦前まで使用された氷室などもある。自然園地としての側面もあり、初夏になると2000株のハナショウブと2000株のアジサイが一斉に咲き誇り、秋は紅葉の名所ともなる。トンボ沼にはハッチョウトンボが生息している。松平町 (豊田市) フレッシュアイペディアより)

  • 両神村

    両神村から見たハナショウブハナショウブ

    福寿草、ニリンソウ、ハナショウブ、ロウバイ、ヤシオツツジ等の花両神村 フレッシュアイペディアより)

  • 初立池

    初立池から見たハナショウブハナショウブ

    初立池周辺は「初立池公園」として親水護岸や散策路が整備されており、春から初夏にかけてはサクラやハナショウブ・アジサイが咲くなど憩いの場となっている。また2008年(平成20年)には「美しい愛知づくり景観資源600選」にも選ばれた。初立池 フレッシュアイペディアより)

  • 平池公園

    平池公園から見たハナショウブハナショウブ

    総面積は6万6213m²。約2000年前の種から目覚めた大賀ハスをはじめ、多種類の珍しい品種のハスやスイレン、ハナショウブ、その他の水生植物約2万本を一堂に集められ、水辺で観察、鑑賞が楽しめるコーナーをはじめ、ため池では釣りもでき(有料)、ヘラブナやコイが釣れる。児童館や図書室、屋外遊具コーナーもあり、家族連れが1日過ごすことができる。公園周辺はジョギングコースとしても整備されている。5月から9月までが花の見頃で、大賀ハスの見ごろは少し遅れ、6月下旬?7月上旬頃(通称「北小池」(面積約60m²)。舞妃蓮は8月上旬まで。入場時間の制限はない。入場無料。平池公園 フレッシュアイペディアより)

119件中 41 - 50件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード