119件中 51 - 60件表示
  • 曽根城

    曽根城から見たハナショウブハナショウブ

    一帯は曽根城公園として整備されている。約20,000m²の敷地に約4,000m²の池(湿地)があり、約80種、約1万6千株のハナショウブがある。曽根城 フレッシュアイペディアより)

  • 古典園芸植物

    古典園芸植物から見たハナショウブハナショウブ

    江戸時代初期には、安土桃山時代から引き継ぐ形で、まずシャクヤク、キク、ボタン、ツバキ、ツツジなどが盛んになり、やがてカキツバタ、マツモトセンノウ、アサガオ、ナデシコ、サクラソウ等が加わった。更に江戸時代中期から幕末にかけカエデ、オモト、マンリョウ、マツバラン、セッコクのような葉の変異を追求する植物が非常に増えた。日本文化の中心は照葉樹林帯にあり、ここに産する植物に葉の美しいものが多かったためもあるであろう。江戸時代後半にはハナショウブや、気候の寒冷化も手伝ってかフクジュソウ、ミスミソウなど落葉広葉樹林帯植物も品種を増やした。マツモトセンノウは元禄、享保の頃には多数の品種があったが、その後化政に至るまでに散逸してしまったらしい。またカキツバタは江戸時代中期の段階ではハナショウブよりも品種が多かったが、その後あまり進展せず、幕末にはハナショウブが圧倒的な発展を示すようになる。このように江戸時代だけでも種々盛衰の波があった。古典園芸植物 フレッシュアイペディアより)

  • 池田城跡公園

    池田城跡公園から見たハナショウブハナショウブ

    南門を降りた所には、小さいながらも花菖蒲園が広っている。池田城跡公園 フレッシュアイペディアより)

  • 三好学

    三好学から見たハナショウブハナショウブ

    日本の植物学の基礎を築いた人物の一人である。特に桜と菖蒲の研究に関しての第一人者であった。三好学 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀しょうぶ園

    横須賀しょうぶ園から見たハナショウブハナショウブ

    毎年5月から6月にかけて、約7,000m²の広大な菖蒲田に約14万株のハナショウブが咲く。菖蒲苑のほかにふじ苑やしゃくなげ苑、バラの庭園、灌漑に使われていたため池を整備したスイレン池などがあり、1年を通じて多様な花々を観賞できる。横須賀しょうぶ園 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤総山

    伊藤総山から見た花菖蒲ハナショウブ

    明治41年(1907年)頃より、渡辺版画店から、複製の浮世絵に代わる新しい版画で「新作板画」と呼ばれた輸出用の花鳥画の木版画を版行した。新版画としては、大正8年(1919年)から昭和元年(1926年)にかけて、花鳥画と美人画を制作している。「堀きり花菖蒲」と「谷中天王寺」はともに、風景を高橋松亭が描き、花鳥の部分を総山が描いた合作であった。「堀きり花菖蒲」にみられる近景の花菖蒲を巨大化した画面構成、ぼかしの表現には、歌川広重の「名所江戸百景」の影響を感じさせる。大正10年(1921年)6月、渡辺版画店の主催により日本橋白木屋で行われた「新作板画展覧会」に「紫陽花」、「百合」、「蛍」、「朝顔」、「銀杏に啄木鳥」、「鶏」の6点の版画を出品した。伊藤総山 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立フラワーセンター大船植物園

    神奈川県立フラワーセンター大船植物園から見たハナショウブハナショウブ

    1967年(昭和42年)に神奈川県農業試験場の跡地に開設された植物園で、神奈川県環境農政局の出先機関として位置づけられる。植物園内には管理課・植栽課・増殖指導課・展示普及課がある。農業試験場で研究・改良されていた、玉縄桜(タマナワザクラ、ソメイヨシノを改良した早咲きの品種)やシャクヤク・ハナショウブを中心に国内外の鑑賞植物が展示物として集められている。神奈川県立フラワーセンター大船植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 本土寺

    本土寺から見たハナショウブハナショウブ

    近年、境内には茶室も整備され、1000本のカエデ・5000株のハナショウブ・10000株のアジサイの名所として人気を集め「あじさい寺」として親しまれている。本土寺過去帳は、歴史を語る重要な資料である。本土寺 フレッシュアイペディアより)

  • 花と泉の公園

    花と泉の公園から見たハナショウブハナショウブ

    広い園内は306種5000本の牡丹を中心とし、芍薬(しゃくやく)、ジャーマンアイリス、花菖蒲、他が植生されている。花と泉の公園 フレッシュアイペディアより)

  • 神楽女湖

    神楽女湖から見たハナショウブハナショウブ

    湖に隣接した神楽女湖菖蒲園には、約80種、1万5000株(約30万本)のハナショウブが植えられており、名所として知られている。見頃は6月上旬から7月上旬で、例年6月上?中旬には花しょうぶ鑑賞会が開催される。神楽女湖 フレッシュアイペディアより)

119件中 51 - 60件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード