144件中 61 - 70件表示
  • 於大公園

    於大公園から見たハナショウブハナショウブ

    園内には桜や梅、花菖蒲などが植えられており、四季折々の花を楽しむ事が出来る。於大公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大村公園

    大村公園から見たハナショウブハナショウブ

    大村公園(おおむらこうえん)は長崎県大村市玖島にある大村市立の都市公園(総合公園)である。玖島城(大村城)跡の外堀を利用してできた公園で、春にはソメイヨシノや国の天然記念物のオオムラザクラ、ハナショウブ、ツツジなどが咲く。日本さくら名所100選・日本の歴史公園100選の1つ。大村市役所の南隣りにある。大村公園 フレッシュアイペディアより)

  • キショウブ

    キショウブから見たハナショウブハナショウブ

    観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、その貴重性から重宝されたが、湖沼や河川などへの拡散が問題となっている。キショウブ フレッシュアイペディアより)

  • 佐倉市循環バス

    佐倉市循環バスから見たハナショウブハナショウブ

    2008年12月 - 佐倉市の委託を受けちばグリーンバスによる運行となる。バスのデザインは佐倉市の花「花菖蒲」となる。佐倉市循環バス フレッシュアイペディアより)

  • 金沢中央郵便局

    金沢中央郵便局から見たハナショウブハナショウブ

    図案は『兼六園』・『ことじ灯籠』・『花菖蒲』・重要文化財『金沢城石川門』金沢中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 大沼 (小山市)

    大沼 (小山市)から見たハナショウブハナショウブ

    ハナショウブや、思川桜の散策路が湖畔にあり、冬季にはハクチョウやカモが飛来する。大沼 (小山市) フレッシュアイペディアより)

  • 水郷佐原あやめ祭り

    水郷佐原あやめ祭りから見たハナショウブハナショウブ

    1969年(昭和44年)に開園した水郷筑波国定公園内の広さ・約6haに及ぶ水郷佐原あやめパーク(旧:水郷佐原水生植物園)で、祭りの期間中には、400品種、150万本の、紫・白・ピンク・青など色とりどりの花菖蒲が一斉に咲く。また、園内の水路をサッパ舟と呼ばれる小舟に乗って巡り、水上からも花菖蒲を眺めることが出来る。伊勢系・肥後系・江戸系など400品種、150万本の花菖蒲は品種数で東洋一と唱われている。更に、品種数日本一の300品種以上の花ハスなど水辺の植物も植栽されている。水郷佐原あやめ祭り フレッシュアイペディアより)

  • 浄楽園

    浄楽園から見たハナショウブハナショウブ

    約25,000平方メートルの広大な敷地にアヤメ、ハナショウブ、スイレン、シャクナゲなど花々が庭園に彩を添えている。施設内には茶屋が併設されており気軽に休憩できる。冬季休園期間あり。浄楽園 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県立フラワーセンター大船植物園

    神奈川県立フラワーセンター大船植物園から見たハナショウブハナショウブ

    1967年(昭和42年)に神奈川県農業試験場の跡地に開設された植物園で、神奈川県環境農政局の出先機関として位置づけられる。植物園内には管理課・植栽課・増殖指導課・展示普及課がある。農業試験場で研究・改良されていた、玉縄桜(タマナワザクラ、ソメイヨシノを改良した早咲きの品種)やシャクヤク・ハナショウブを中心に国内外の観賞植物が展示物として集められている。神奈川県立フラワーセンター大船植物園 フレッシュアイペディアより)

  • 柳生花しょうぶ園

    柳生花しょうぶ園から見たハナショウブハナショウブ

    柳生花しょうぶ園(やぎゅうはなしょうぶえん)は奈良県奈良市柳生町にある庭園。1985年(昭和60年)に開園した。園の面積は約1.0ヘクタール、立地は山裾の谷間で、その細長い敷地の奥にアジサイ園、麓に花しょうぶ園が設けられている。花しょうぶ園には80万本460品種の花しょうぶが植栽されており、毎年ハナショウブの開花時期(5月下旬から7月上旬)に合わせて一般公開される。柳生花しょうぶ園 フレッシュアイペディアより)

144件中 61 - 70件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード