119件中 61 - 70件表示
  • 北潟湖

    北潟湖から見たハナショウブハナショウブ

    湖畔に花菖蒲園があり、6月には300種20万株のハナショウブが咲き乱れる。6月中旬には「あわら北潟湖畔花菖蒲まつり」も開催され、伝統芸能などが催される。北潟湖 フレッシュアイペディアより)

  • 境野沢ため池

    境野沢ため池から見たハナショウブハナショウブ

    堺野沢溜池の入り組んだ地形の湖畔には遊歩道やテラスが整備され芦や花菖蒲の、美しい景観を保ち、住民の憩いの場として親しまれている。境野沢ため池 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪旭郵便局

    大阪旭郵便局から見たハナショウブハナショウブ

    1990年(平成2年)3月23日 - 花の万博の開催に合わせ、大阪市周辺の主な郵便局40局において、風景印を花をかたどった変形印に変更(当局は旭区の花である花しょうぶ)。大阪旭郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 加茂元照

    加茂元照から見たハナショウブハナショウブ

    1930年(昭和5年)生まれ、静岡県掛川市の桃山時代から続く豪農・庄屋の家系で、加茂家14代当主。立教大学経済学部から同大大学院経済研究科に進み、1957年(昭和32年)に家業のため中退後、自宅に加茂花菖蒲園を開園。以来花菖蒲のほか、ベゴニア・フクシア・コリウスなどの花卉栽培や、フクロウなど鳥類の飼育に専念する。花と鳥が好きだけでなく、資金も潤沢で、コンピュータ制御による巨大温室でのサガリバナの品種改良のほか、鳥ウイルス・病原菌の検出等に努めている。加茂元照 フレッシュアイペディアより)

  • 畜産センター (岐阜市)

    畜産センター (岐阜市)から見たハナショウブハナショウブ

    6月上旬〜6月下旬:花菖蒲(約40種類、約3,000株)畜産センター (岐阜市) フレッシュアイペディアより)

  • 堀切

    堀切から見たハナショウブハナショウブ

    テレビドラマ「3年B組金八先生」のロケ地であった東武伊勢崎線堀切駅周辺は、荒川対岸の足立区千住曙町にある。大正年間に荒川が開削される前は地続きであった。また、堀切駅自体も現在より東にあったが、開削予定地に当たったため現在地に移動した。なお移動前は花菖蒲の名所、堀切園(現・堀切菖蒲園)の最寄駅であった。現在では葛飾区と堀切駅周辺とは荒川上流の堀切橋を利用し、約1km迂回しないと往来できない。堀切 フレッシュアイペディアより)

  • キショウブ

    キショウブから見たハナショウブハナショウブ

    西アジアからヨーロッパ原産の植物で、明治頃から栽培されていたものが日本全国の水辺や湿地、水田脇に野生化している。観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、その貴重性から重宝されたが、湖沼や河川などへの拡散が問題となっている。キショウブ フレッシュアイペディアより)

  • 志高湖

    志高湖から見たハナショウブハナショウブ

    キャンプ場、管理釣り場、貸しボート等の施設が整備されており、湖には白鳥が遊び、鯉が放流されている。また、南東側に位置しハナショウブの名所として名高い神楽女湖とは、遊歩道で結ばれている。志高湖 フレッシュアイペディアより)

  • 玖島城

    玖島城から見たハナショウブハナショウブ

    城は大村湾に突き出した半島に築城された平山城で天守は建造されなかった。現在は大村公園となっており、天然記念物のオオムラザクラや菖蒲など季節折々の花が咲いている。日本さくら名所100選に選定されている。石垣が現存し、1992年(平成4年)には板敷櫓が再建されている。玖島城 フレッシュアイペディアより)

  • 能登町柳田植物公園

    能登町柳田植物公園から見た花菖蒲ハナショウブ

    春にはソメイヨシノ、ノトキリシマツツジ、サツキ、梅雨時期には、アジサイなどさまざまな花が咲き来園者の目を楽しませている。とくに6月中旬から7月初旬には60種10万株の花菖蒲が咲き誇る。能登町柳田植物公園 フレッシュアイペディアより)

119件中 61 - 70件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード