144件中 71 - 80件表示
  • 岸谷 (横浜市)

    岸谷 (横浜市)から見たハナショウブハナショウブ

    隣接する生麦が市街化していく大正時代も農村的色彩が強く、東寺尾等と同様稲作や寺尾大根をはじめとする畑作が行われていた。河川が無いため水源は房野池・二ツ池(同区獅子ヶ谷に現存する二ツ池とは別)の溜池が使用された。このうち房野池は埼玉県北埼玉郡忍町(現・行田市)の山崎積蔵に買収され1920年(大正9年)に自然公園・三笠園として開業された。この三笠園はすでに遊園地として開業していた花月園に刺激されたもので、多くの種類に及ぶ花菖蒲をはじめとする植物が植えられ「花菖蒲の三笠園」として知られた。三笠園内の房野池では同1920年のアントワープオリンピックに出場するオリンピック水泳選手の練習場及び予選会場として使用され、古式泳法から近代泳法への切り替えが指導された。三笠園は入園者不足による経営逼迫によって1927年(昭和2年)閉園されるが、房野池には1937年(昭和12年)に横浜市営岸谷プールが開設されている。残る二ツ池も昭和に入ってからの耕地の宅地化に伴い一部が観光用池として残された他は埋め立てられている。1967年(昭和42年)まで大字生麦・または生麦町の小字であった岸谷であったが、同年5月1日の住居表示実施に伴い、生麦町から分離し、東寺尾町、神奈川区子安台の各一部を併せて鶴見区岸谷として設置され、新たに一丁目から四丁目が置かれた。岸谷 (横浜市) フレッシュアイペディアより)

  • 松平定朝

    松平定朝から見た花菖蒲ハナショウブ

    松平 定朝(まつだいら さだとも、安永3年(1773年) - 安政3年7月8日(1856年8月8日))は、江戸幕府の旗本で、花菖蒲の育種家。松平定勝の四男定実の流れを組む松平織部家6代目松平定寅(松平織部)の長男。母は岡氏(照光院)。通称、左金吾。従五位下、伊勢守。晩年に菖翁と号する。室は伊沢方守(伊沢内記)の娘の瑞光院。松平定朝 フレッシュアイペディアより)

  • ショウブ

    ショウブから見たハナショウブハナショウブ

    ショウブ(菖蒲、')は、池、川などに生える多年生の草本で、単子葉植物の一種。APG体系ではショウブ目ショウブ科のショウブ属に属する。ユーラシア大陸に広く分布し、日本では北海道から九州までの水辺に自生する。日本を含めて東アジアのものは変種 A. calamus var. angustatusとされる。薬草、漢方薬としても用いられている。アヤメ科のハナショウブと混同されることがあるが、本種は全く別の植物である。漢名は菖蒲と書き表されるが、正しくは白菖'''と書き、漢方の菖蒲は小型の近縁種であるセキショウのことを指す。ショウブ フレッシュアイペディアより)

  • 加賀三湖

    加賀三湖から見たハナショウブハナショウブ

    木場潟公園 自然の保存と利用を目的に周囲に整備された公園。菖蒲園では6月頃には花菖蒲祭りが行われる。加賀三湖 フレッシュアイペディアより)

  • 岐阜県百年公園

    岐阜県百年公園から見たハナショウブハナショウブ

    菖蒲園、花木園、紅葉園、香木園など、植物が豊富である。初夏は菖蒲の名所、秋には紅葉の名所としても知られている。岐阜県百年公園 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ベーマー

    ルイス・ベーマーから見た花菖蒲ハナショウブ

    1880年(明治13年)、翌年の明治天皇の札幌訪問に備えて宿舎となる豊平館の建設工事が現在の札幌テレビ塔周辺で始まったが、この豊平館の庭の設計もベーマーによるものである。この時この庭園工事を手伝った上島正(1838?1919)は、ベーマーの指導を受けて花菖蒲の人工交配に成功し「我邦に於ける花卉媒助の鼻祖」と称され、その技術を様々な花卉の採種に応用して巨利をえた。上島の庭園(東皐園)で作られた花菖蒲はその後アメリカに輸出される事になるが、1882年(明治15年)に開拓使廃止によって横浜に移り園芸種の輸出入業を営む事となるベーマーがそれを支えた事が容易に想像される。ルイス・ベーマー フレッシュアイペディアより)

  • 科学万博記念公園

    科学万博記念公園から見たハナショウブハナショウブ

    ハナショウブ園がある。6月上中旬頃が見頃。科学万博記念公園 フレッシュアイペディアより)

  • 赤塚山公園

    赤塚山公園から見たハナショウブハナショウブ

    赤塚山公園は、1993年(平成5年)7月に、豊川市制50周年を記念してオープンした公園である。小動物園や淡水魚水族館、花しょうぶ園、梅園などで構成されており、市民の憩いの場として親しまれている。また市外からの来園者も多く、年間約50万人が訪れる。赤塚山公園 フレッシュアイペディアより)

  • 修善寺虹の郷

    修善寺虹の郷から見たハナショウブハナショウブ

    藤、花菖蒲、石楠花、紫陽花等の日本的な花々が見られ、中心にある池には木橋も掛かっている。この庭園にはかつて夏目漱石が修善寺温泉で執筆をしていた際に滞在した菊屋旅館の旧本館を移築して夏目漱石記念館が作られている。修善寺虹の郷 フレッシュアイペディアより)

  • 安積沼

    安積沼から見たハナショウブハナショウブ

    堀切菖蒲園 - 安積沼から花菖蒲を取り寄せて栽培を始めたと伝わる安積沼 フレッシュアイペディアより)

144件中 71 - 80件表示

「ハナショウブの花情報」のニューストピックワード