51件中 21 - 30件表示
  • アクアフレッシュ

    アクアフレッシュから見た歯ブラシ歯ブラシ

    アクアフレッシュ () は、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクライン (GSK) から発売される歯磨き粉と歯ブラシのブランド。日本ではかつてサンスターが販売していた。アクアフレッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 怪しい伝説

    怪しい伝説から見た歯ブラシ歯ブラシ

    濡れた歯ブラシはバクテリアがつきやすいのか怪しい伝説 フレッシュアイペディアより)

  • 魔改造

    魔改造から見た歯ブラシ歯ブラシ

    一部モデラーの間で使われるにとどまっていた、電動歯ブラシの先に紙やすりを接着した新しい概念のサンディングツールであるが、ガレージキットディーラー「うさPハウス」主宰の相田和与が発表したことで多くのモデラーに広まった。2003年5月にエビス堂のホームページ上で紹介された。魔改造 フレッシュアイペディアより)

  • 捕鯨文化

    捕鯨文化から見た歯ブラシ歯ブラシ

    日本では初期の歯ブラシは鯨のひげで作られていたものも存在したが、現在では生産されていない。捕鯨文化 フレッシュアイペディアより)

  • 森 貴美子

    森貴美子から見た歯ブラシ歯ブラシ

    花王株式会社 歯ブラシ『チェック』 (2007年 - )森貴美子 フレッシュアイペディアより)

  • 矢部太郎

    矢部太郎から見た歯ブラシ歯ブラシ

    趣味は歯ブラシ収集。日本のみならず、世界各国の歯ブラシを集めている。矢部太郎 フレッシュアイペディアより)

  • よーじや

    よーじやから見た歯ブラシ歯ブラシ

    1904年(明治34年)に、京都市の六角御幸町に國枝商店として創業。その後、新京極の花遊小路に店を移し、この時によーじやと店名を改める。当時、扱っている主力商品のひとつである歯ブラシが「楊枝」と呼ばれており、「楊枝屋さん楊枝屋さん」という愛称で親しまれ、よーじやという店名のきっかけとなった。現在、京都市を中心に販売店を展開し、刷毛や手鏡、化粧水など約320品目の化粧品・化粧雑貨・オリジナル美粧品を販売している。よーじや フレッシュアイペディアより)

  • ブログ妖精ココロ

    ブログ妖精ココロから見た歯ブラシ歯ブラシ

    料理が趣味と言っているが実際の腕前は相当酷い。何度も指を切ったり、食べられないものや毒物(瓶のままの調味料、芽の出たジャガイモ、歯ブラシ)を入れたりするなど食および食育に関する知識は皆無に近い状態である。そのため、出来上がりは想像を絶する。しかも、自分は一口たりとも食べない(ブログパーツをクリックしている人に対して作っている模様)ので調理技術の上達はもはや絶望的と言っても過言ではない。失敗作についてはバージョンアップによりマグマのようなものや土偶の頭を調理?して出すようになった。さらに、料理失敗時のコメントに「料理なんてわっかるわけないじゃん!」と否定的な発言がある事から実は「本当は料理が嫌い(食べる方専門)」か、あるいは「(趣味が料理としているのは単に)虚勢を張っているだけ」なのではないかという声があったが、ココログインタビューにて「食べることは「特技」であって、あくまで趣味は「料理」」という趣旨の、その場しのぎの言い逃れとも受け取られかねない発言をしている。現に、大食については特技として自慢するどころか指摘されるとあからさまに機嫌が悪くなり、これはインタビュー後でも変わっていない。ブログ妖精ココロ フレッシュアイペディアより)

  • ビバテック

    ビバテックから見た歯ブラシ歯ブラシ

    有限会社ビバテック(Vivatec Co., Ltd.)は、大阪市浪速区日本橋に本社を置く歯ブラシ製造・販売会社である。360度歯ブラシを製造・販売している。ビバテック フレッシュアイペディアより)

  • スモカ歯磨

    スモカ歯磨から見た歯ブラシ歯ブラシ

    スモカ歯磨株式会社(スモカはみがき)は、大阪府大阪市西淀川区御幣島に本社を置く、歯磨剤・歯ブラシなどのオーラルケア用品を中心にトイレタリー用品を製造販売している企業である。創業から今日まで販売され続けているタバコのヤニ取り歯磨「スモカ歯磨」の販売元であり、戦前に同製品の広告文案を手掛け、広告の鬼才と謳われた片岡敏郎による広告でその名を知る者も多い。スモカ歯磨 フレッシュアイペディアより)

51件中 21 - 30件表示

「ハブラシ」のニューストピックワード