前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • カンダハール州

    カンダハール州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件が起き、10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻し、有志連合や北部同盟と共に戦闘を開始した。カンダハール州ではライノー作戦(10月)が実施され、カンダハールの戦い(10月)やSayyd Alma Kalayの戦い(12月)、Shawali Kowtの戦い(12月)が起きた。12月、ターリバーンはカンダハール州・ヘルマンド州・ザーブル州をナキーブッラーやグル・アーガーなどに譲り渡して姿を消したが、その後反撃を開始した。連合軍も対抗し、2003年にValiant Strike作戦を実施した。2004年10月、第一回の大統領選挙が実施され、カンダハール州ではハーミド・カルザイ(約91%)が最多得票を得た。その後、治安維持は国際治安支援部隊(ISAF)が行うことになり、第三段階として2006年7月からアフガニスタン南部で活動を開始し、カンダハールに司令部を置いた。2007年、戦争は激しさを増し、自爆テロや無差別爆撃によってISAFや民間人に多数の犠牲者が出た。カンダハール州では2006年にカイカ作戦(6月)やPanjwaiiの戦い(7月)やメデューサ作戦(9月)やファルコン・サミット作戦(12月)、2007年にフーバー作戦(5月)やカミン作戦(5月)が実施された。2008年にはGarmsirの戦い(4月)やArghandabの戦い(6月)やSarposa刑務所の襲撃(6月)、Wech Baghtu 結婚式誤爆事件(11月)が起きた。カンダハール州 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月22日にはハーミド・カルザイを議長とする暫定政府、アフガニスタン暫定行政機構が成立し、正式な政府成立までの行政を行った。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • イスマーイール・ハーン

    イスマーイール・ハーンから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    知事としての在任中、彼は半ば自立し、ヘラートをまるで個人的なレーエンのように統治した。その結果、中央政府との間に軋轢が高まることになった。とりわけ、イランとトルクメニスタンからの貿易品に課した関税から得られる莫大な歳入を政府に移譲することを、彼は頑に拒んだ。この資金はヘラートの戦後復興に充てられただけでなく、彼の私兵の整備にも回されていた。アメリカは、カルザイを支援しており、イスマーイール・ハーンのイランとの結びつきを懸念して、ハーンの追い落としを提案したと言われる。また、2003年3月には中央政府に伝えずにイランを訪問、ハータミー大統領と会談して復興支援要請を行うなど、独自の外交も展開した。イスマーイール・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • ヘラート

    ヘラートから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年、アメリカのアフガニスタン侵攻が始まると、同年11月12日にヘラートは亡命先のイランから帰国したイスマーイール・ハーンの軍閥によって奪還され、イスマーイール・ハーンが州知事に返り咲いた。しかし、アフガニスタンの移行政権においては軍閥解体を掲げるハーミド・カルザイ大統領と、主要な軍閥であるイスマーイール・ハーン派の対立が深まっているとされ、2004年9月にはイスマーイール・ハーンが中央政府の鉱工業相への異動を命ぜられたのをきっかけに州知事職を辞任。さらにこれに刺激されて州知事支持派による暴動が起こり7人が死亡するなど、不穏な情勢が続いた。ヘラート フレッシュアイペディアより)

  • ヘルマンド州

    ヘルマンド州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2004年10月、ターリバーンの妨害活動が続く中で第一回の大統領選挙が実施され、州内ではハーミド・カルザイ(約90%)が最多得票を得た。2005年9月、第一回の下院選挙(Wolesi Jirga)と州議会選挙が行われたが、ターリバーンは候補者を殺害して妨害した。2006年7月、国際治安支援部隊(ISAF)がアフガニスタン南部で活動を開始した。ヘルマンド州の担当はイギリス軍(4700人)とデンマーク軍とエストニア軍であり、Mountain Thrust作戦を実施し、サンギーン郡やナウ・ザード郡などで戦闘を行った。2007年、戦争は激しさを増し、自爆テロや無差別爆撃によってISAFや民間人に多数の犠牲者が出た。州内ではKryptonite作戦やPickaxe-Handle作戦やVolcano作戦やNasrat作戦などが行われ、Musa Qala郡などで戦闘があり、誤爆により30人以上の市民が死亡した。ターリバーンも80人以上が死亡したが、人質交換の為にイタリア人記者を誘拐(その後解放)するなどして抵抗した。ヘルマンド州 フレッシュアイペディアより)

  • ウルーズガーン州

    ウルーズガーン州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件が起き、10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻し、有志連合や北部同盟と共に戦闘を開始した。ムハンマド・オマルの出生地と言われるウルーズガーン州では2001年にSayyd Alma Kalay空爆、2004年にはアズベリ・パーク作戦(6月)が実施された。一方、2002年の結婚式誤爆事件(34?48人死亡・50?117人負傷)のように民間人に被害が出て、カブールで抗議デモが行われた。2004年になってもムハンマド・オマルは見つからず、逆にIED攻撃によって州政府の役人が殺害されるなどターリバーンとの戦いが続いた。同年3月、アフガニスタン政府はハザーラ人が多いウルーズガーン州の北部を分離してダーイクンディー州とした。10月には第一回の大統領選挙が実施され、ウルーズガーン州ではかつて当地でターリバーンと戦っていたこともあるハーミド・カルザイ(約77%)が最多得票を得た。2005年3月、豪雨によりヘルマンド川が決壊し115人が死亡した。同年9月、下院議員選挙と州議会議員選挙が行われたが、投票に向かう途中の有権者が殺害されるなどの妨害事件が起きた。その後、治安維持は国際治安支援部隊(ISAF)が行うことになり、第三段階として2006年7月からアフガニスタン南部で活動を開始した。ISAF軍はさっそく攻勢に出てパース作戦を実施した。ウルーズガーン州の当初の担当はオランダ軍だったが、翌年オーストラリア軍もウルーズガーン特務部隊に加わった。2007年、戦争は激しさを増し、自爆テロや無差別爆撃によってISAFや民間人に多数の犠牲者が出た。ウルーズガーン州では2007年にチョーラの戦い(6月)、Firebase Anacondaの戦い(8月)が起きた。2008年も戦闘は続き、路肩爆弾や自爆攻撃により民間人やオランダ兵に死傷者が出た。ターリバーンはヘルト・ウィルダースの製作した反イスラム的な短編映画に対する報復としてオランダ軍を攻撃したと主張した。9月にはKhaz Oruzganの戦いが起き、オーストラリア軍が味方の族長のロジ・カーンを誤って殺害してしまう失態も起きた。ウルーズガーン州 フレッシュアイペディアより)

  • アタ・モハマド・ヌール

    アタ・モハマド・ヌールから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年11月9日、アタの軍勢はドスタムの軍勢と協力して、マザーリシャリーフからターリバーンを追い払った()。ハーミド・カルザイ大統領の下でアフガニスタン・イスラム共和国が成立した後、アタの軍勢はドスタムの軍勢と何度も衝突した。2002年以降、の重要な地位はイスラム協会が占めており、国際社会も疑わしい過去を理由にドスタムを軽んじようとした。アタはアフガン北部に勢力を増大させ、軍事力をなるべく使わずにマザーリシャリーフを支配下におさめようとした。ホルム郡だけは力ずくで支配下に収めたが、ファーリヤーブ州やジョウズジャーン州、バルフ州では地方指導者の忠誠心を徐々に買おうとした。2003年10月、ドスタムは攻勢に出て2002年以来失った多くの地位をなんとか取り返そうとした。マザーリシャリーフの近くでドスタムはアタの機甲部隊の裏をかいて、街の主要な地点を奪い取った 。ドスタムがマザーリシャリーフの周辺で始めた戦いには戦車と大砲が加わったため、戦死者は約60人に達した。国際社会とカブール政権はドスタムとアタの双方に圧力をかけて戦闘を中止させた。アタとドスタムは権力分配協定を結んで、ドスタムがマザーリシャリーフを支配し、アタがバルフ州の大部分を支配すると決めた。アフガニスタン北部の他の地域についても、アタは断念すると宣言した。アタ・モハマド・ヌール フレッシュアイペディアより)

  • ターリバーン

    ターリバーンから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    これにはパキスタンの原理主義勢力、及びその背後のISIが深く関与していると見る向きが強く、同年末にはアフガニスタン暫定行政政府の大統領ハーミド・カルザイがパキスタンを名指しで非難する事態に至った。ターリバーン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件

    アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイ大統領に対して「極度に弱い男。事実に耳を傾けようとせず、とっぴな話に動揺する」「誇大妄想に取りつかれている」「事実を直視できない弱い男」。アメリカ外交公電ウィキリークス流出事件 フレッシュアイペディアより)

  • ハミド・カルザイ

    ハミド・カルザイから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示