78件中 11 - 20件表示
  • ザルメイ・ハリルザド

    ザルメイ・ハリルザドから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ジョージ・W・ブッシュ政権の下、2003年11月から2005年6月まで駐アフガニスタン特命全権大使を務め、2003年11月24日、ハーミド・カルザイ大統領に信任状を手交した。ザルメイ・ハリルザド フレッシュアイペディアより)

  • 非合法武装集団の解体

    非合法武装集団の解体から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2006年11月、ハリリ副大統領の戦略見直し提案を受け、カルザイ大統領がアクション・プランの作成を指示。非合法武装集団の解体 フレッシュアイペディアより)

  • クアドリガ賞

    クアドリガ賞から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイ, アフガニスタン首相クアドリガ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 故人の森

    故人の森から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    王室からフェリペ皇太子とレティシア皇太子妃、スペイン首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテーロとその政党議員たちも式典に参加した。また、各国の元首や首脳も参加した。例えば、国際連合事務総長コフィー・アナン、モロッコ国王ムハンマド6世、アフガニスタン大統領ハーミド・カルザイ、セネガル大統領アブドゥライ・ワッド、モーリタニア大統領マーウイヤ・ウルド・シディ・アハメド・タヤ、ポルトガル大統領ジョルジェ・サンパイオ、ルクセンブルクのアンリ大公、欧州連合共通外交・安全保障政策上級代表ハビエル・ソラーナ、欧州議会議長ジョセップ・ボレル、そして国民が攻撃の被害にあった16ヶ国の大使が含まれる。故人の森 フレッシュアイペディアより)

  • インディラ・ガンディー賞

    インディラ・ガンディー賞から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイ(アフガニスタン初代大統領)(2005年)インディラ・ガンディー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 大韓民国の国際関係

    大韓民国の国際関係から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    アフガニスタンとは1973年に一度国交を樹立したが、1978年に共産主義政権が成立したことにから、断交することとなった。2001年にタリバン政権が崩壊し、ハーミド・カルザイを議長とする暫定政府が成立したことに伴い、再度国交を樹立した。韓国は「不朽の自由作戦」の一つであるアフガニスタン紛争では、同国に軍を派遣した。大韓民国の国際関係 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・アフリカ諸国の独立年表

    アジア・アフリカ諸国の独立年表から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    第三次アフガン戦争を経て、イギリスから独立。その後、冷戦時代になると米ソの代理戦争の場となった。アメリカのアフガニスタン侵攻の後、新憲法に基づき国民選挙が実施されハーミド・カルザイ政権が誕生した。アジア・アフリカ諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタンの軍事

    アフガニスタンの軍事から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    現在のアフガニスタン軍は、2001年のアフガニスタン侵攻によりターリバーン政権が崩壊した後、国際社会によって再建された組織である。2002年12月1日、ハーミド・カルザイ大統領は、アフガニスタン軍創設に関する命令に署名し、全武装勢力を国防省の指揮下に置いた。アフガニスタンの軍事 フレッシュアイペディアより)

  • ハジ・モハマッド・ハシェム・ザマン

    ハジ・モハマッド・ハシェム・ザマンから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年10月、パキスタンのペシャワールに移り、ターリバーンとの武装闘争の開始を表明した。当時、ザマンは、ハーミド・カルザイ、アブドル・ハクと並んでアフガニスタンの新指導者の1人と見られており、北部同盟の多極化政策に反対し、連合政権とザーヒル・シャー国王の復位を支持していた。ハジ・モハマッド・ハシェム・ザマン フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥル・サタール・シラート

    アブドゥル・サタール・シラートから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年、ザーヒル・シャー元国王の顧問。ターリバーン崩壊後のアフガニスタンの指導者の1人と考えられていたが、アメリカの圧力により、ハーミド・カルザイが選ばれた。シラートは、カルザイ政権への入閣を拒否した。アブドゥル・サタール・シラート フレッシュアイペディアより)

78件中 11 - 20件表示