101件中 31 - 40件表示
  • モハマッド・アセフ・デラワル

    モハマッド・アセフ・デラワルから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイ政権でも、2003年9月20日まで参謀総長を務めた。モハマッド・アセフ・デラワル フレッシュアイペディアより)

  • ソヘイラ・スィッディーキー

    ソヘイラ・スィッディーキーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年11月、ボンでの交渉において、保健相として合意される。同年12月、ハーミド・カルザイ暫定政権の保健相。2002年6月、移行政権の保健相。ソヘイラ・スィッディーキー フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・ファヒーム

    ムハンマド・ファヒームから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年11月?2002年6月、ハーミド・カルザイ暫定政権の副大統領兼国防相。2002年6月?2004年7月、移行政権の副大統領兼国防相。ムハンマド・ファヒーム フレッシュアイペディアより)

  • ハジ・モハマッド・ハシェム・ザマン

    ハジ・モハマッド・ハシェム・ザマンから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年10月、パキスタンのペシャーワルに移り、ターリバーンとの武装闘争の開始を表明した。当時、ザマーニーは、ハーミド・カルザイ、アブドル・ハクと並んでアフガニスタンの新指導者の1人と見られており、北部同盟の多極化政策に反対し、連合政権とザーヒル・シャー国王の復位を支持していた。ハジ・モハマッド・ハシェム・ザマン フレッシュアイペディアより)

  • アリー・アフマド・ジャラーリー

    アリー・アフマド・ジャラーリーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    1982年、アメリカに移民し、1987年に市民権を取得。1988年?1997年、ボイス・オブ・アメリカのパシュトゥー語局長。1997年?2003年1月中旬、同ラジオ局のダリー語局長。在米時にハーミド・カルザイと知り合う。アリー・アフマド・ジャラーリー フレッシュアイペディアより)

  • シブガトゥッラー・ムジャッディディー

    シブガトゥッラー・ムジャッディディーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2005年12月、ハーミド・カルザイにより、長老議会(上院、メシュラーノ・ジルガ)議員に任命され、12月20日、上院議長に選出された。シブガトゥッラー・ムジャッディディー フレッシュアイペディアより)

  • 北部同盟 (アフガニスタン)

    北部同盟 (アフガニスタン)から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    北部同盟は同年11月27日よりドイツのボンで開かれた主要四派協議に参加し、四派のひとつザーヒル・シャー元国王派のハーミド・カルザイを議長とする暫定行政機構の立ち上げに12月5日に合意した(ボン合意)。暫定政府では北部同盟が過半数の閣僚ポストを獲得し、ラッバーニーは政治の表舞台から退いたが、イスラム協会のタジク人が外相(アブドゥッラー・アブドゥッラー)、内相(ユーヌス・カーヌーニー)、国防相(ムハンマド・ファヒーム)などの主要ポストを独占した(パンジュシェール峡谷出身者であったことから「パンジュシェール三人組」と呼ばれた)。北部同盟 (アフガニスタン) フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・オマル

    ムハンマド・オマルから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2004年4月、パキスタンのメディアがオマルとのインタビューに成功した。そこでオマルはビン・ラーディンとは連絡を取っていると語った。2006年初頭にアフガニスタン国軍により拘束されたターリバーンのムハマド・ハニーフ報道官の供述に拠れば、オマルは当時パキスタン軍統合情報局(ISI)の保護下にあり、クエッタの安全な場所に滞在していたという。ハーミド・カルザイは「オマルの背後にはISIがいる」とパキスタンを非難していた。また、スタンリー・マクリスタルやデヴィッド・ペトレイアスらアメリカ軍高官は「イランのイスラム革命防衛隊がターリバーンの庇護に関与している」と度々イランを非難していた。2006年6月、アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーがアメリカ軍の爆撃で死亡すると、オマルはザルカーウィーを殉教者と讃える声明を発表した。2009年11月、ワシントン・ポスト紙は「オマルの潜伏先がISIによってカラチに移された」と報じた。2011年1月、ワシントン・ポスト紙はCIA筋の情報として「オマルが心臓病を発症した」と報じるなど、オマルのパキスタン潜伏説が度々流れた。2011年5月、7月と死亡説が流れたが、ターリバーンのスポークスマンはこれを否定した。ムハンマド・オマル フレッシュアイペディアより)

  • ドゥッラーニー部族連合

    ドゥッラーニー部族連合から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    サドーザイ朝を興したサドーザイ氏族などが居る。アフガニスタン大統領のハーミド・カルザイなど。ドゥッラーニー部族連合 フレッシュアイペディアより)

  • ラシッド・ドスタム

    ラシッド・ドスタムから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2005年3月1日ハーミド・カルザイ大統領は、ドスタムを新設の参謀総長に任命した。それにともない、同年4月彼はイスラーム民族運動の党首を辞任した。2007年現在の党首はサイヤド・ヌールッラーである。ドスタムの起用は、議会選挙に向けて、選挙の平和的な実施のために、抵抗する軍閥を政権内に取り込むのが目的と推測される。しかし、参謀総長職は国防相、陸軍参謀長など既存の役職との役割分担が不明確で、名誉職でしかないとの観測もある。ラシッド・ドスタム フレッシュアイペディアより)

101件中 31 - 40件表示