78件中 41 - 50件表示
  • AMD-65

    AMD-65から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハンガリーでは当初機械化部隊や空挺部隊へ配備されていたが、製造コストなどの問題からAK-63D(ハンガリー製AKMS)に更新された。その後はコンパクトさや取り回しの良さを買われて士官や車輌・ヘリ搭乗員、特殊部隊などに配備されていたが、ライフルグレネード発射能力を与えるための改良がくわえられたAMP-69に更新されて退役し、カルザイ政権下で新たに編成がすすめられているアフガニスタン国家警察などに払い下げられている。AMD-65 フレッシュアイペディアより)

  • シャフナワーズ・タナイ

    シャフナワーズ・タナイから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    1990年代中盤から現在まで、パキスタンのラーワルピンディーに在住。ハーミド・カルザイ政権は、彼の「平和のための運動」を公認した。シャフナワーズ・タナイ フレッシュアイペディアより)

  • JDAM

    JDAMから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月5日にB-52が1基のJDAMをアフガニスタンで落としたが、それが親米派で対ターリバーン勢力のリーダーであったハーミド・カルザイとサイド・アリム・カライ、さらに彼らを護衛していた特殊部隊群(SOF)のすぐそばに着弾し、味方を死傷させる事故が起きた。その時、カルザイ側の男達とそれを補う米国の特殊部隊による混成兵力が、タリバン兵の一大勢力に襲われており、ほとんど圧倒されつつあった。米特殊部隊の司令官は、タリバンを空から攻撃してもらおうと米空軍に近接航空支援を要請した。直ちに飛来した友軍機によって1基のJDAMが投下されたが、それはタリバンの上にではなくアフガン政府と米軍人達の上に落とされた。JDAM フレッシュアイペディアより)

  • イノセンス・オブ・ムスリム

    イノセンス・オブ・ムスリムから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    アフガニスタンでは、YouTubeを遮断することを決めた。 ハーミド・カルザイ 大統領は、映画の制作者は"悪魔の行為"を犯したと語った。バシルは、現在の状況が彼に危害を加える口実として使用されることを恐れて身を隠してしまった。しかし彼は映画を擁護し続けている。イノセンス・オブ・ムスリム フレッシュアイペディアより)

  • アフマド・ヴァヒーディー

    アフマド・ヴァヒーディーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2011年6月イランの国防軍需大臣としては92年ぶりにアフガニスタンを訪問し、カルザイ大統領などと会談した。アフマド・ヴァヒーディー フレッシュアイペディアより)

  • 1月26日

    1月26日から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2004年 - アフガニスタン大統領ハーミド・カルザイがアフガニスタンの新憲法に署名。1月26日 フレッシュアイペディアより)

  • 世界経済フォーラム

    世界経済フォーラムから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2008年度年次総会には約250名の公人(国家元首クラス、閣内大臣、大使、国際機関の長および高官)が参加した。代表的な出席者は、アブドゥライ・ワッド セネガル大統領、アブドゥラ・バダウィ マレーシア首相、アルバロ・ウリベ コロンビア大統領、アナス・フォー・ラスムセン NATO事務総長、潘基文 国連事務総長、コンドリーザ・ライス 米前国務長官、ジュルチャーニ・フェレンツ ハンガリー首相、フランソワ・フィヨン 仏首相、グロリア・マカパガル・アロヨ フィリピン大統領、ゴードン・ブラウン 英首相、ハーミド・カルザイ アフガニスタン大統領、イルハム・アリエフ アゼルバイジャン大統領、ヤン・ペーター・バルケネンデ オランダ首相、リー・ボーリンジャー コロンビア大学学長、リー・シェンロン シンガポール首相、パルヴェーズ・ムシャラフ パキスタン大統領、ラニア ヨルダン王妃、ロバート・マクレガー、ルース・シモンズ ブラウン大学学長、サラーム・ファイヤード パレスチナ自治政府首相、サリ・ベリシャ アルバニア首相、セルジ・サルキシャン アルメニア大統領、シモン・ペレス イスラエル大統領、ウマル・ヤラドゥア ナイジェリア大統領、ヴァルダス・アダムクス リトアニア大統領、福田康夫元総理大臣、ヴィクトル・ユシチェンコ ウクライナ大統領、曾培炎 中国副首相である。世界経済フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • アルカーイダ

    アルカーイダから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年にハリド・シェイク・モハメド起案によるアメリカ同時多発テロ事件を引き起こした。これに対して同年10月にアメリカを中心とした有志連合諸国と北部同盟が不朽の自由作戦を発動し、ビン=ラーディンとアル=カーイダ勢力を匿うターリバーン政権への軍事攻撃を始めたことにより、アフガニスタン紛争が開始された。同年12月にターリバーン政権は打倒され、ハーミド・カルザイ暫定政権が発足した。これによりアル=カーイダは資金的・人員的に打撃を受けたとされ、これ以降アル=カーイダは個々の組織に分離しそれぞれが活動を行っているとされている。また、2002年の国際連合安全保障理事会決議1390で、ビン=ラーディンとアル=カーイダ関係者とターリバーン幹部らの資産凍結が決定されている。アルカーイダ フレッシュアイペディアより)

  • アブドル・ハク

    アブドル・ハクから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ナンガルハール州出身のパシュトゥーン人。生家は、ギルザイ部族連合アフマドザイ部族の富裕な名家で、ザーヒル・シャー国王とも関係が深かった。彼の父方の曽祖父ワズィール・アルサラー・ハーンは1869年アフガニスタンの外務大臣を務め、対英対露策に奔走した。また、彼の従兄弟ヒダーヤト・アルサラーは世界銀行の理事を務め、後にカルザイ政権の副大統領に就任した(2001年12月 - 2004年12月)。彼は庶子であったため家督は継いでいない。家督を継いだ兄はイスラーム党(ハーリス派)の指導者だったハジ・アブドゥル・カディールであり、カルザイの初期の有力な支援者で、後に政権の閣僚も務めたが、2002年暗殺された(カディールを兄とするものと、弟とするものがある)。アブドル・ハク フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・モハッケク

    ムハンマド・モハッケクから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月?2002年6月、ハーミド・カルザイ暫定政権の副首相兼計画相。2002年6月19日?2004年3月9日、移行政権の計画相。ムハンマド・モハッケク フレッシュアイペディアより)

78件中 41 - 50件表示