101件中 41 - 50件表示
  • グルブッディーン・ヘクマティヤール

    グルブッディーン・ヘクマティヤールから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ターリバーンが再結集しアメリカと戦闘するのを扶助している、とヘクマティヤールはアメリカによって非難されている。また、アメリカ軍兵士の殺害に報奨金を拠出している科でも非難されている。アメリカに支援を受けている、カルザイ大統領の暫定政府のメンバーからも、戦争犯罪者として繰り返し名指しされた。2002年9月5日の、10名余の死者を出したカルザイ大統領暗殺未遂事件の背後にいたことも疑われている。グルブッディーン・ヘクマティヤール フレッシュアイペディアより)

  • ファーリヤーブ州

    ファーリヤーブ州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年9月、アメリカ同時多発テロ事件が起きた。10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻し、有志連合や北部同盟と共に戦闘を開始した。ドスタムは北部同盟に加盟し、イスラム協会のアタ・モハマド・ヌールと協力して、11月にアフガニスタン北部からターリバーンを追い払った。ドスタムは北部を再び支配しようとしたが、アタもまた野心を持っていた。ドスタムとアタは約2年間、バルフ州やその周辺で小競り合いを続けた。2003年10月、戦闘は本格化し数十人の死者が出た為、国際社会や政府は2人の戦争卿(英語: warlord)に圧力をかけて戦争を中止させた。調停の結果、ドスタムはバルフ州からは手を引いたが、国際社会と政府は武装解除・動員解除・社会復帰(DDR)を進めて、ドスタムとアタから兵士や武器を取り上げた。治安維持は国際治安支援部隊(ISAF)が行うことになり、第一段階として2003年12月からアフガニスタン北部で活動を開始した。ファーリヤーブ州の担当はノルウェイ軍が指揮するマイーマナ地方復興チームで、2004年から任務を開始した。更に政府はドスタムの支配地域を解体しようとした。怒ったドスタムは2004年4月に州都マイーマナを占領して抗議したが、あまり効果はなかった。ドスタムは国防次官を解任されそうになったので、辞職して2004年の大統領選挙に出馬し、ファーリヤーブ州では圧倒的な1位の約23万票(約73%)を獲得した。2005年3月、カルザイ大統領はドスタムを参謀総長に任命したが、軍閥解体の動きは続いた。2007年5月にドスタムの本拠地のジョウズジャーン州で知事の部下がドスタム派のデモ隊に発砲し数十人の死傷者が出たので、ファーリヤーブ州でも緊張が走った。ファーリヤーブ州 フレッシュアイペディアより)

  • サイード・ペルヴェス・カムバクシュ

    サイード・ペルヴェス・カムバクシュから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2009年8月、ハーミド・カルザイ大統領はカムバクシュに恩赦を与え、カムバクシュはアフガニスタンを出国した。サイード・ペルヴェス・カムバクシュ フレッシュアイペディアより)

  • JDAM

    JDAMから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月5日にB-52が1基のJDAMをアフガニスタンで落としたが、それが親米派で対ターリバーン勢力のリーダーであったハーミド・カルザイとサイド・アリム・カライ、さらに、彼らを護衛していた特殊部隊群(SOF)のすぐそばに着弾し、味方を死傷させる事故が起きた。その時、カルザイ側の男達とそれを補う米国の特殊部隊による混成兵力が、ターリバーン兵の一大勢力に襲われており、ほとんど圧倒されつつあった。米特殊部隊の司令官は、ターリバーンを空から攻撃してもらおうと米空軍に近接航空支援を要請した。直ちに飛来した友軍機によって1基のJDAMが投下されたが、それはターリバーンの上にではなく、アフガン政府と米軍人達の上に落とされた。JDAM フレッシュアイペディアより)

  • アフガニスタンの歴史

    アフガニスタンの歴史から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    12月22日にパシュトゥーン人でザーヒル・シャー元国王派のハーミド・カルザイが暫定行政機構議長に就任。こうして、多数派パシュトゥーン人のターリバーンに少数民族連合が挑むという対決の構図が形成されたが、その結果、アメリカが撤退することが難しくなった。アフガニスタンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • AMD-65

    AMD-65から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハンガリーでは当初、機械化部隊や空挺部隊へ配備されていたが、製造コストなどの問題からAK-63D(ハンガリー製AKMS)に更新された。その後はコンパクトさや取り回しの良さを買われて士官や車輌・ヘリ搭乗員、特殊部隊などに配備されていたが、ライフルグレネード発射能力を与えるための改良が加えられたAMP-69に更新されて退役し、カルザイ政権下で新たに編成がすすめられているアフガニスタン国家警察などに払い下げられている。AMD-65 フレッシュアイペディアより)

  • アフマド・シャー・マスード

    アフマド・シャー・マスードから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    タジク人。家族は妻と1男4女。弟のアフマド・ズィヤ・マスードは北部同盟の外交官を務め、2004年12月7日、ハーミド・カルザイ政権の副大統領に就任した。アフマド・シャー・マスード フレッシュアイペディアより)

  • カンダハール

    カンダハールから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2007年現在、アメリカに支援を受けたカルザイ大統領率いる新政府が、カンダハール市を完全に掌握している。現知事はアサッドラー・ハリド。カンダハール フレッシュアイペディアより)

  • プリ・フムリー

    プリ・フムリーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    プリ・フムリーにはダムが有り、電力を供給している。1954年にチェコスロバキアの援助を得て、アフガニスタン初のセメント工場が造られた。ハーミド・カルザイ (初代大統領:2004年 - 2014年) の兄弟のマフムード・カルザイが所有している。工場の裏の丘で石灰岩が採れるプリ・フムリー フレッシュアイペディアより)

  • ブルハーヌッディーン・ラッバーニー

    ブルハーヌッディーン・ラッバーニーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    1996年9月、ターリバーンのカーブル攻略によってラッバーニーらはカーブルから脱出した。しかしその後も、北部同盟と称された反ターリバーン勢力の支持によって戦闘を継続した。1997年6月に、北部同盟政府の大統領に就任した。アメリカ同時多発テロ事件後、ターリバーンをアフガニスタンから排除するための、アメリカ合衆国とNATOによる軍事行動への協力にラッバーニーは合意した。共同作戦によってカーブルは陥落し、ラッバーニーは大統領の座に返り咲いたが、アフガニスタン暫定行政機構の発足に伴い、暫定行政機構の議長に選出されたハーミド・カルザイに権限を移譲した。ブルハーヌッディーン・ラッバーニー フレッシュアイペディアより)

101件中 41 - 50件表示