101件中 51 - 60件表示
  • カーブル

    カーブルから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    カルザイ大統領の率いる現政権(アフガニスタン・イスラム共和国)が制定した憲法で首都がカーブルに指定され、再度首都としてアフガニスタンの中心都市になり、現在に至る。カーブル フレッシュアイペディアより)

  • ハイーラターン

    ハイーラターンから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    (タリバン政権)が倒れハーミド・カルザイのアフガニスタン・イスラム移行政権が誕生すると、ハイーラターンは戦略的重要性を増した。そのためを受けた(ANSF)がこの地に基地を置き治安維持を担っている。が国境の警備にあたり、税関が輸出入貨物の管理を行っている。これらすべての機関をアフガニスタン国軍と国際治安支援部隊(ISAF)がサポートしている。ハイーラターン フレッシュアイペディアより)

  • クアドリガ賞

    クアドリガ賞から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイ, アフガニスタン首相クアドリガ賞 フレッシュアイペディアより)

  • 国連アフガニスタン支援ミッション

    国連アフガニスタン支援ミッションから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2004年10月、初の大統領選挙を実施され、カルザイ正統政権が誕生し、2年後の 2006年1月にロンドンで国際会議が開かれた。そのときの合意(ロンドン合意)に基づき、アフガニスタン・コンパクト(アフガニスタン国家開発計画の草案)が採択され、アフガニスタンでの復興支援体制は2002年のボン体制から4年を経てロンドン体制へと移行する。UNAMAも、この体制の移行に伴いボン合意に基づく復興支援から、より具体的な復興政策ANDS(Afghanistan National Development Strategy:アフガニスタン国家開発戦略)実施の監督と支援をその任務とするようになった。国連アフガニスタン支援ミッション フレッシュアイペディアより)

  • ユーヌス・カーヌーニー

    ユーヌス・カーヌーニーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月、ハーミド・カルザイ暫定政権の内務大臣として正式に承認。2002年5月1日、移行政権の中等教育相に任命(6月19日にロヤ・ジルガにより承認)。2002年6月末から、閣僚級の安全保障担当大統領特別顧問。ユーヌス・カーヌーニー フレッシュアイペディアより)

  • アフマド・ズィヤ・マスード

    アフマド・ズィヤ・マスードから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ターリバーン政権崩壊後の2002年12月、駐ロシア大使に就任。2004年の大統領選挙でハーミド・カルザイの第一副大統領候補となり、選挙後の同年12月7日に第一副大統領に就任、2009年11月19日までつとめた。アフマド・ズィヤ・マスード フレッシュアイペディアより)

  • アブドラ・アブドラ

    アブドラ・アブドラから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月、ボンで開かれたタジク人の会議においてハーミド・カルザイ暫定政権の外務大臣として承認され、2004年に正式な政府が発足した際に留任し、2006年まで務めた。カルザイ政権が進めるターリバーンとの和解や武装放棄した一部のターリバーンの政治参加については一貫して反対しており、「対話ではターリバーンを再び勢いづかせるだけだ」と述べている。アブドラ・アブドラ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ホルブルック

    リチャード・ホルブルックから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    紛争自体の解決と和平については、この紛争で軍事的勝利を得ることは無理だと考えており、なおかつ「タリバンをアル・カーイダから引き離すことは可能だ」と考えていたことなどから、タリバンも和平交渉プロセスに参加させるという「政治的解決」が必要だと考えており、彼らを和平交渉に参加させるべく交渉を行うと共に、ハーミド・カルザイ大統領率いる現政権側にも、政治的混乱を収拾し、タリバンとの政治的解決を目指すよう強く求めていた。リチャード・ホルブルック フレッシュアイペディアより)

  • 故人の森

    故人の森から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    王室からアストゥリアス公フェリペ王太子(のちの国王フェリペ6世)とレティシア妃、スペイン首相ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテーロとその政党議員たちも式典に参加した。また、各国の元首や首脳も参加した。例えば、国際連合事務総長コフィー・アナン、モロッコ国王ムハンマド6世、アフガニスタン大統領ハーミド・カルザイ、セネガル大統領アブドゥライ・ワッド、モーリタニア大統領マーウイヤ・ウルド・シディ・アハメド・タヤ、ポルトガル大統領ジョルジェ・サンパイオ、ルクセンブルク大公アンリ、欧州連合共通外交・安全保障政策上級代表ハビエル・ソラーナ、欧州議会議長ジョセップ・ボレル、そして国民が攻撃の被害にあった16ヶ国の大使が含まれる。故人の森 フレッシュアイペディアより)

  • パシュトゥーン人

    パシュトゥーン人から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    部族の中では、カンダハール、ヘラート、ファラー州に居住するドゥッラーニー部族連合とガズニー州等に居住するギルザイ部族連合の2大部族が有力である。1978年の社会主義クーデターとそれに続くアフガニスタン内戦はパシュトゥーン人の支配力を減少させたが、依然として同国最大の民族集団であり、20世紀末期に権力を握ったターリバーンはパシュトゥーン人を支持基盤としていた。ターリバーン政権崩壊後のアフガニスタンの指導者となったハーミド・カルザイもまたパシュトゥーン人である。パシュトゥーン人 フレッシュアイペディアより)

101件中 51 - 60件表示