78件中 61 - 70件表示
  • アフガニスタン紛争 (2001年-)

    アフガニスタン紛争 (2001年-)から見たハーミド・カルザーイハーミド・カルザイ

    ターリバーン政権崩壊後は、ボン合意によって定められた国連アフガニスタン支援ミッションによって政治と経済の立て直しが行われ、アフガニスタン・イスラム国の再建後はハーミド・カルザーイ大統領率いる政府も協力して復興が進められている。当初はターリバーン残党を含む武装勢力の攻勢も弱く、社会基盤の整備が進んでいた。カルザーイの大統領就任以前は、タリバンから離脱した地方軍閥が勢力を伸ばしていたが、カルザーイは民意を盾にして軍閥の力を弱めて来たため、軍閥はほぼ大統領の勢力下に置かれているといわれていた。しかし2005年以降は南部でターリバーン等の武装勢力の攻撃が増え、治安が悪化している。アフガニスタン紛争 (2001年-) フレッシュアイペディアより)

  • ザーヒル・シャー

    ザーヒル・シャーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    アフガニスタン・イスラム共和国の初代大統領ハーミド・カルザイは遠縁に当たる。ザーヒル・シャー フレッシュアイペディアより)

  • ブルハーヌッディーン・ラッバーニー

    ブルハーヌッディーン・ラッバーニーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    1996年9月、ターリバーンのカーブル攻略によってラッバーニーらはカーブルから脱出。しかしその後も、北部同盟と称された反ターリバーン勢力の支持によって戦闘を継続した。1997年6月に、北部同盟政府の大統領に就任した。アメリカ同時多発テロ事件後、ターリバーンをアフガニスタンから排除するための、アメリカとNATOによる軍事行動への協力にラッバーニーは合意した。共同作戦によってカーブルは陥落し、ラッバーニーは大統領の座に返り咲いたが、アフガニスタン暫定行政機構の発足に伴い、暫定行政機構の議長に選出されたハーミド・カルザイに権限を移譲した。ブルハーヌッディーン・ラッバーニー フレッシュアイペディアより)

  • 北部同盟 (アフガニスタン)

    北部同盟 (アフガニスタン)から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    北部同盟は同年11月27日よりドイツのボンで開かれた主要四派協議に参加し、四派のひとつザーヒル・シャー元国王派のハーミド・カルザイを議長とする暫定行政機構の立ち上げに12月5日に合意した(ボン合意)。暫定政府では北部同盟が過半数の閣僚ポストを獲得し、ラッバーニーは政治の表舞台から退いたが、イスラム協会のタジク人が外相(アブドゥッラー・アブドゥッラー)、内相(ユーヌス・カーヌーニー)、国防相(ムハンマド・ファヒーム)などの主要ポストを独占した(パンジュシェール峡谷出身者であったことから「パンジュシェール三人組」と呼ばれた)。北部同盟 (アフガニスタン) フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・オマル

    ムハンマド・オマルから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2004年4月、パキスタンのメディアがオマルとのインタビューに成功した。そこでオマルはビン=ラーディンとは連絡を取っていると語った。2006年初頭にアフガニスタン国軍により拘束されたターリバーンのムハマド・ハニーフ報道官の供述に拠れば、オマルは現在パキスタン軍統合情報局(ISI)の保護下にあり、クエッタの安全な場所に滞在しているという。ハーミド・カルザイはオマルの背後にはISIがいる、とパキスタンを非難している。また、スタンリー・マクリスタルやデヴィッド・ペトレイアスらアメリカ軍高官はイランのイスラム革命防衛隊がターリバーンの庇護に関与している、と度々イランを非難している。2006年6月、アブー・ムスアブ・アッ=ザルカーウィーがアメリカ軍の爆撃で死亡すると、オマルはザルカーウィーを殉教者と讃える声明を発表した。2009年11月、ワシントンポスト紙はオマルの潜伏先がISIによってカラチに移された、と報じた。ワシントンポスト紙は2011年1月にはCIA筋の情報として、オマルが心臓病を発症したと報じるなど、パキスタン潜伏説が度々流れている。2011年5月、7月と死亡説が流れたが、ターリバーンのスポークスマンは否定している。ムハンマド・オマル フレッシュアイペディアより)

  • パシュトゥーン人

    パシュトゥーン人から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ターリバーン政権崩壊後のアフガニスタンの指導者となったハーミド・カルザイもまたパシュトゥーン人である。パシュトゥーン人 フレッシュアイペディアより)

  • ラシッド・ドスタム

    ラシッド・ドスタムから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2005年3月1日ハーミド・カルザイ大統領は、ドスタムを新設の参謀総長に任命した。それにともない、同年4月彼はイスラーム民族運動の党首を辞任した1。2007年現在の党首はサイヤド・ヌールッラーである。ドスタムの起用は、議会選挙に向けて、選挙の平和的な実施のために、抵抗する軍閥を政権内に取り込むのが目的と推測される。しかし、参謀総長職は国防相、陸軍参謀長など既存の役職との役割分担が不明確で、名誉職でしかないとの観測もある。ドスタムの戦争犯罪について問題視する意見もあり、ドスタムの起用には批判も出ている。ラシッド・ドスタム フレッシュアイペディアより)

  • マザーリシャリーフ

    マザーリシャリーフから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2007年現在、ハーミド・カルザイ大統領率いるアフガニスタン中央政府によって、マザーリシャリーフは完全に掌握されている。国際治安支援部隊(ISAF)も市内外に展開し、政府を援助している。マザーリシャリーフ フレッシュアイペディアより)

  • カンダハール州

    カンダハール州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ターリバーンの台頭以前と崩壊後は、パシュトゥーン人の軍閥指導者グル・アーガー・シェールザイーがカンダハール州の知事を務めた。しかし、彼に対する批判は大きく、2004年の初頭にハーミド・カルザイ大統領は彼を更迭した。2007年現在の知事はアサッドラー・ハリドである。カンダハール州は17県を擁する。カンダハール州 フレッシュアイペディアより)

  • 蝗害

    蝗害から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    アフガニスタンでは1980年代モロッコトビバッタが猛威を揮っており、ひどい所では16,000ヘクタールが被害を受けていた。国際連合食糧農業機関(FAO)はカルザイ政権ができた2002年からバッタ対策を開始し、2005年5月頃のバッタの一掃作戦ではバッタの発生時期に合わせた幼虫の駆除に成功している。蝗害 フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示