101件中 61 - 70件表示
  • 世界経済フォーラム

    世界経済フォーラムから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2008年度年次総会には約250名の公人(国家元首クラス、閣内大臣、大使、国際機関の長および高官)が参加した。代表的な出席者は、アブドゥライ・ワッド セネガル大統領、アブドゥラ・バダウィ マレーシア首相、アルバロ・ウリベ コロンビア大統領、アナス・フォー・ラスムセン NATO事務総長、潘基文 国連事務総長、コンドリーザ・ライス 米前国務長官、ジュルチャーニ・フェレンツ ハンガリー首相、フランソワ・フィヨン 仏首相、グロリア・マカパガル・アロヨ フィリピン大統領、ゴードン・ブラウン 英首相、ハーミド・カルザイ アフガニスタン大統領、イルハム・アリエフ アゼルバイジャン大統領、ヤン・ペーター・バルケネンデ オランダ首相、リー・ボーリンジャー コロンビア大学学長、リー・シェンロン シンガポール首相、パルヴェーズ・ムシャラフ パキスタン大統領、ラニア ヨルダン王妃、ロバート・マクレガー、ルース・シモンズ ブラウン大学学長、サラーム・ファイヤード パレスチナ自治政府首相、サリ・ベリシャ アルバニア首相、セルジ・サルキシャン アルメニア大統領、シモン・ペレス イスラエル大統領、ウマル・ヤラドゥア ナイジェリア大統領、ヴァルダス・アダムクス リトアニア大統領、福田康夫元総理大臣、ヴィクトル・ユシチェンコ ウクライナ大統領、曾培炎 中国副首相である。世界経済フォーラム フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルダイ・クラブ

    ヴァルダイ・クラブから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2017年の会議では元首級の人物としてアフガニスタンの元大統領ハーミド・カルザイが招かれており、プーチン大統領に続いて演説を行った。現今(2017年10月の会議開催時点)のアフガニスタンにおいて過激主義が依然として根絶していない状況を認めた上で、その解決のため、アフガニスタンに軍隊を駐留させているアメリカや他のNATO諸国がロシアや中国、インドなどの地域諸国とも積極的に協調して欲しいとの願望を述べた。また安全保障問題に加えて、ビジネス面でもロシアの企業や投資家のアフガニスタン進出が望まれていることについて触れた。ヴァルダイ・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • 国民の父

    国民の父から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2003年にハーミド・カルザイ大統領が起草したアフガニスタン憲法草案では、廃位されたかつての王であるザーヒル・シャーに「ババ=エ=ミラート(国父)」の称号が贈られた。この異例の措置は、王政復活を切望するアフガン人に対する配慮であると解釈されている。国民の父 フレッシュアイペディアより)

  • 1月26日

    1月26日から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2004年 - アフガニスタン大統領ハーミド・カルザイがアフガニスタンの新憲法に署名。1月26日 フレッシュアイペディアより)

  • アブドゥール・ラフマン (アフガニスタンの政治家)

    アブドゥール・ラフマン (アフガニスタンの政治家)から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    反ターリバーンの北部同盟の政治家として活躍し、2001年12月22日にアフガニスタン暫定行政機構のハーミド・カルザイ暫定政権下で航空観光大臣に就任した。アブドゥール・ラフマン (アフガニスタンの政治家) フレッシュアイペディアより)

  • ロジ・カーン

    ロジ・カーンから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ロジ・カーンはパシュトゥーン人であり、ウルーズガーン州のバーラクザイ族の指導者である。1980年代のアフガニスタン紛争ではムジャーヒディーンの指揮官の1人としてソビエト連邦と戦った。2001年10月にハーミド・カルザイ大統領からウルーズガーン州の警察長官に任命されて、2006年まで在職した。また200x年代中盤から2008年までチョーラ郡の郡長を務めた。ロジ・カーン フレッシュアイペディアより)

  • 12月22日

    12月22日から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年 - アフガニスタンの暫定行政機構が発足。ハーミド・カルザイが暫定行政機構議長に就任。12月22日 フレッシュアイペディアより)

  • アブドル・ハク

    アブドル・ハクから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ナンガルハール州出身のパシュトゥーン人。生家は、ギルザイ部族連合アフマドザイ部族の富裕な名家で、ザーヒル・シャー国王とも関係が深かった。彼の父方の曽祖父ワズィール・アルサラー・ハーンは1869年アフガニスタンの外務大臣を務め、対英対露策に奔走した。また、彼の従兄弟ヒダーヤト・アルサラーは世界銀行の理事を務め、後にカルザイ政権の副大統領に就任した(2001年12月 - 2004年12月)。彼は庶子であったため家督は継いでいない。家督を継いだ兄はイスラーム党(ハーリス派)の指導者だったハジ・アブドゥル・カディールであり、カルザイの初期の有力な支援者で、後に政権の閣僚も務めたが、2002年暗殺された(カディールを兄とするものと、弟とするものがある)。アブドル・ハク フレッシュアイペディアより)

  • ワナトの戦い

    ワナトの戦いから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    連合軍による多数の民間人の死はワーイガルの住民の間にターリバーンへの共感を巻き起こし、クアムへの移動を許した。事件の2日前にカーブルで長老やマリクの代表団が陳情を行ったが、アフガン大統領ハーミド・カルザイが対応に失敗した事も住民を更に動揺させた。ワナトの戦い フレッシュアイペディアより)

  • ヘラート州

    ヘラート州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ソ連撤退後から、長くイスマーイール・ハーンの実質的な支配下にあったが,2004年9月,イスマーイール・ハーンはハーミド・カルザイ政権の鉱工業省大臣に異動した (2007年現在は水資源・エネルギー省大臣)。2007年現在の知事は,サイヤド・フセイン・アンワリ(元カーブル州知事、元農務省大臣)。ヘラート州 フレッシュアイペディアより)

101件中 61 - 70件表示