101件中 81 - 90件表示
  • ジョージ・W・ブッシュ

    ジョージ・W・ブッシュから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    アフガニスタンではタリバン政権が崩壊し、親米政権が樹立した。さらに各国からの200億ドルの支援が施されている。アフガン人はソ連のアフガニスタン侵攻で未だにロシアを激しく嫌っており、アメリカに対してはタリバンからの解放軍のように歓迎して親米政権も樹立していると宣伝されてきたが、実際には、2008年段階でアフガニスタンで内戦は続き、親米ハーミド・カルザイ政権は首都付近に勢力を持った。ジョージ・W・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • バードギース州

    バードギース州から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年4月、バードギース州では旱魃によって難民が生じていた。9月、アメリカ同時多発テロ事件が起き、10月にはアメリカ合衆国がアフガニスタンに侵攻し、有志連合や北部同盟と共に戦闘を開始した。ドスタムは北部同盟に加盟し、イスラム協会のアタ・モハマド・ヌールと協力して、11月にアフガニスタン北部からターリバーンを追い払った。2004年10月、第一回の大統領選挙が実施され、バードギース州ではハーミド・カルザイ(約61%)が最多得票を得た。その後、治安維持は軍閥ではなく国際治安支援部隊(ISAF)が行うことになり、第二段階として2005年5月からアフガニスタン西部で活動を開始した。ファーリヤーブ州の担当はスペイン軍が指揮するカラエナウ地方復興チームだった。バードギース州 フレッシュアイペディアより)

  • レネ・モンテイン

    レネ・モンテインから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件以降、2014年5月時点までに、レネィ・モンテインは、アフガニスタンへの取材旅行を10度敢行し、アフガン各地で、農民他の一般市民から、ムッラー、選挙管理委員会職員、ハーミド・カルザイ大統領、元ウォーロードの政治家、権利獲得の為に戦う女性達等、幅広く、取材やインタビューを重ね、現地の人々の生活の様子を伝えている。レネ・モンテイン フレッシュアイペディアより)

  • 廣木重之

    廣木重之から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2009年から駐アフガニスタン特命全権大使。2010年には43億5500万円の無償資金協力「アフガニスタン平和・再統合プログラム」の書簡を交換。資金協力によって建設された1校目の高校の完成記念式典にワルダク教育大臣などと出席。ハーミド・カルザイ大統領からは日本の支援に対する感謝の表明を受けた。廣木重之 フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン同時爆破事件

    ロンドン同時爆破事件から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    「テロに長年苦しんできたアフガンの人々は、英国の悲しみをよく理解している」(アフガニスタンのカルザイ大統領)ロンドン同時爆破事件 フレッシュアイペディアより)

  • アルカーイダ

    アルカーイダから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    同年12月にターリバーン政権は打倒され、ハーミド・カルザイ暫定政権が発足した。これにより、アル=カーイダは資金的・人員的に打撃を受けたとされ、以降、アル=カーイダは個々の組織に分離し、それぞれが個別に活動を行っているとされている。アルカーイダ フレッシュアイペディアより)

  • ロナルド・レーガンの死と国葬

    ロナルド・レーガンの死と国葬から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    165か国からの外国の要人も参列している。その中には国際連合事務総長コフィー・アナン、旧ソ連最高指導者ミハイル・ゴルバチョフ、元イギリス首相マーガレット・サッチャー、元カナダ首相ブライアン・マルルーニー、イギリス皇太子チャールズ(エリザベス2世の代理)、イギリス首相トニー・ブレアとその妻のシェリー・ブレア、ドイツ首相ゲアハルト・シュレーダー、元日本首相中曽根康弘、イタリア首相シルヴィオ・ベルルスコーニ、ヨルダン国王アブドラ2世、アフガニスタン・イスラム移行政権大統領ハミド・カルザイ、イラク暫定政権大統領ガジ・ヤワル、アイルランド大統領メアリー・マッカリースも含まれる。ブレア、シュレーダー、ベルルスコーニ、カルザイ、アブドラ国王、ヤワルはジョージア州のG8サミットに出席したが、その後に葬儀にも参列するためにアメリカの滞在を延長することを決めた。カルザイにとってレーガンの葬儀は1週間にわたるアメリカ訪問の一環、そしてワシントン訪問の始まりであり、その代わりにアメリカ合衆国西海岸にあるアフガン人コミュニティへの訪問を取りやめた。その一方で、カナダ首相ポール・マーティン、フランス大統領ジャック・シラク、ロシア大統領ウラジーミル・プーチン、アイルランド首相バーティ・アハーン、欧州委員会委員長ロマーノ・プローディ、日本首相小泉純一郎はサミットには出席したが、アメリカ滞在の期間を延長せず、葬儀に参列しないことを決めた。マッカリースは1984年のレーガンのアイルランド訪問を振り返り、彼は祖先がアイルランド人であることを誇りにしていたと話した。ロナルド・レーガンの死と国葬 フレッシュアイペディアより)

  • アジア・アフリカ諸国の独立年表

    アジア・アフリカ諸国の独立年表から見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    第三次アフガン戦争を経て、イギリスから独立。その後、冷戦時代になると米ソの代理戦争の場となった。アメリカのアフガニスタン侵攻の後、新憲法に基づき国民選挙が実施されハーミド・カルザイ政権が誕生した。アジア・アフリカ諸国の独立年表 フレッシュアイペディアより)

  • カリーム・ハリーリー

    カリーム・ハリーリーから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    ムハンマド・カリーム・ハリーリー(、Karim Khalili、1949年 - )は、アフガニスタンの政治家。ハーミド・カルザイ政権で第二副大統領をつとめた。カリーム・ハリーリー フレッシュアイペディアより)

  • ムハンマド・モハッケク

    ムハンマド・モハッケクから見たハーミド・カルザイハーミド・カルザイ

    2001年12月?2002年6月、ハーミド・カルザイ暫定政権の副首相兼計画相。2002年6月19日?2004年3月9日、移行政権の計画相。ムハンマド・モハッケク フレッシュアイペディアより)

101件中 81 - 90件表示