40件中 21 - 30件表示
  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たインド

    1973年:王政打倒クーデターによる混乱に伴いインドへ出国。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たターリバーン

    ターリバーン政権で誕生当初は同じパシュトゥーン人勢力として支持し、1996年、ターリバーンの駐国連代表に任命された。しかし、次第にターリバーンにパキスタンやアラブ諸国の影響力が強まったため、反ターリバーンに転じた。父親がターリバーンに殺害されている。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たクエッタ

    叔父のハーン・モハマッド・カルザイは、現在、ポーパルザイ部族長を務めている。従兄弟のハビーブッラー・カルザイは、王政時代、外交官を務め、現在、クエッタのアフガン人移民の指導者の1人。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見た政権

    1992年のブルハーヌッディーン・ラッバーニー政権で外務次官に就任。1994年、ラッバーニー政権から離脱。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たアラブ諸国

    ターリバーン政権で誕生当初は同じパシュトゥーン人勢力として支持し、1996年、ターリバーンの駐国連代表に任命された。しかし、次第にターリバーンにパキスタンやアラブ諸国の影響力が強まったため、反ターリバーンに転じた。父親がターリバーンに殺害されている。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見た中央情報局

    弟の(Ahmed Wali Karzai)は、カンダハール州の州議会議長を務める政治家で、同州の商業・政治上の取引を支配している実力者とされていたが、2011年7月12日に自宅で警護官によって殺害された。アフマド・ワリーについては、CIAの協力者として同局から俸給を得ていたとする報道があるほか、米国寄りの政策を行う見返りに国内の麻薬市場を牛耳っているという疑惑もあり、田中龍作からは「アフガンを暗黒大陸たらしめている麻薬の密売王」と批判されていた。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たウルーズガーン州

    ハーミド・カルザイは、1957年12月24日、ウルーズガーン州に生まれた。アフガン国内多数派であるパシュトゥーン人の2大部族連合の内、南部を基盤とするドゥッラーニー部族連合、ポーパルザイ部族の名門カルザイ氏族の出身。カルザイ氏族は、18世紀にドゥッラーニー朝の創始者アフマド・シャー・ドゥッラーニーを王位に推戴した氏族の1つで、全ポーパルザイ部族(約50万人)の指導氏族と考えられている。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たフランス

    1985年:リール大学(フランス)でジャーナリズム専攻。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見た政治学

    1979年:ヒマーチャル大学(ヒマーチャル・プラデーシュ州シムラー)で政治学・歴史学専攻。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

  • ハーミド・カルザイ

    ハーミド・カルザイから見たパキスタン

    ターリバーン政権で誕生当初は同じパシュトゥーン人勢力として支持し、1996年、ターリバーンの駐国連代表に任命された。しかし、次第にターリバーンにパキスタンやアラブ諸国の影響力が強まったため、反ターリバーンに転じた。父親がターリバーンに殺害されている。ハーミド・カルザイ フレッシュアイペディアより)

40件中 21 - 30件表示