69件中 21 - 30件表示
  • ビリー・ブレムナー (サッカー選手)

    ビリー・ブレムナー (サッカー選手)から見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    その後はハル・シティやドンカスター・ローヴァーズでプレーを続け、1981年に現役を引退した。ビリー・ブレムナー (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ターナー (サッカー選手)

    マイケル・ターナー (サッカー選手)から見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2006年7月、ターナーは350,000ポンドの移籍金でハル・シティに加入することになり、3年間の契約を結んだ。ターナーはフィル・パーキンソンが短期間指揮を執ったタイガーズで最初に獲得した選手であった。パーキンソンは契約について、「初めはチャールトン、次はブレントフォートで数年間彼を見てきた。私は彼を気に入っており、この契約が我々にとって素晴らしいものになると確信している。彼は昨シーズンのリーグ1で一番のセンターバックの選手であり、次のステップに進む準備は出来ている。チャンピオンシップでも問題なくプレイできる。」と、述べた。マイケル・ターナー (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • KCスタジアム

    KCスタジアムから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    サッカークラブであるハル・シティAFCと、ラグビークラブであるハルFCが本拠地として使用している。また、サッカーやラグビーの国際試合や大規模なコンサートにも使用される。KCスタジアム フレッシュアイペディアより)

  • マイケル・ドーソン

    マイケル・ドーソンから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2人の兄もサッカー選手で、長兄のアンディ・ドーソンはハル・シティAFCでプレーする選手であり、次兄のケヴィン・ドーソンもワークソップ・タウンFCでプレーする選手である。マイケルも含めて3人ともディフェンダーの選手である。マイケル・ドーソン フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・キーオ

    アンディ・キーオから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2011-12シーズン、完全移籍を視野にしたレンタルで古巣のリーズへ8月までの契約で移籍した。8月16日のハル・シティAFC戦でリーズ移籍してから初めて、そして二度目のデビューを果たし、4-1で勝利した。この試合後、キーオはリーズでやり残した仕事があるのを以前から気にしていたことを明らかにした。それまでとコンビを組み前線でプレーしていたが、リーグカップのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でが怪我から戻ってくると、キーオは初めて左WGへ移動した。アンディ・キーオ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ヴァス・テ

    リカルド・ヴァス・テから見たハル・シティハル・シティAFC

    ハル・シティ 2007.3-2007.4(レンタル移籍)リカルド・ヴァス・テ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ヴァス・テ

    リカルド・ヴァス・テから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    その年のUEFAカップ、ポルトガルのヴィトーリアSC戦で鮮やかなシュートを決め引き分けに持ち込む重要なゴールを挙げた。その後はやや伸び悩んだが貴重なサブとしてアラダイス監督に重宝された。2007年には1ヶ月の短期ローン移籍でハル・シティAFCへ移籍し実戦経験を深める。リカルド・ヴァス・テ フレッシュアイペディアより)

  • マーク・ノーブル

    マーク・ノーブルから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    ハル・シティAFC 2006 レンタルマーク・ノーブル フレッシュアイペディアより)

  • ニック・カール

    ニック・カールから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2008年1月初旬、国際親善試合のナイジェリア戦でのプレーが評価され、移籍金80万ドル・3年半契約でフットボールリーグ・チャンピオンシップのブリストル・シティFCへ移籍。同年にチームはプレーオフ決勝の舞台ウェンブリー・スタジアムに駒を進め、カールも先発出場したが、ハル・シティAFCに0-1で敗れ惜しくも昇格を逃した。ニック・カール フレッシュアイペディアより)

  • アルバロ・ネグレド

    アルバロ・ネグレドから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    ハル・シティAFCやレアル・サラゴサからも好条件のオファーが届いたが、2009年8月20日、1400万ユーロ(約20億円)といわれる移籍金でセビージャFCと5年契約を結んだ。ただし、最初の2年間はレアル・マドリードが買い戻せるという条項が設けられた。8月31日のバレンシアCF戦(0-2)で37分に途中出場してデビューし、バレンシアCF戦の2週間後のCAオサスナ戦(2-0)で初得点を決めた。10月14日、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長がネグレドを買い戻す意向を示したが、ネグレド本人はセビージャFC残留を希望した。2009-10シーズンはルイス・ファビアーノとフレデリック・カヌーテがレギュラーポジションを占め、ネグレドは不安定な立場が続いた。12試合連続して得点できないこともあったが、2010年5月2日のアトレティコ・マドリード戦(3-1)でペナルティキックでの得点を含む2得点を決めて不本意な記録を絶ち切り、1週間後のラシン・サンタンデール戦でも2得点を決めた。最終的にはリーグ戦で11得点を挙げ、3シーズン連続でプリメーラ・ディビシオンでの得点数を二桁に乗せた。シーズン中に3度もの退場処分を受け、2-0で勝利したコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリード戦には出場できなかった。アルバロ・ネグレド フレッシュアイペディアより)

69件中 21 - 30件表示

「ハル・シティ」のニューストピックワード

  • マンチェスター・ユナイテッド

  • ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら11名

  • 日本はトランプ政権と一定の距離も必要