180件中 31 - 40件表示
  • アラン・ハットン

    アラン・ハットンから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    ヴェドラン・チョルルカとの定位置争いに破れ、2010年2月1日にサンダーランドAFCへ2009-10シーズン終了までの期限付き移籍をする。ウィガン・アスレティックFC戦で初出場を飾って以来、スティーヴ・ブルース監督に感銘を与え、ハットン自身もサンダーランドでの生活が満足だったことで完全移籍を希望していたものの、トッテナムの要求額の為に実現しなかった。なお、4月24日のハル・シティAFC戦において、ジョジー・アルティドールへのタックルでレッドカードを提示されている。アラン・ハットン フレッシュアイペディアより)

  • フットボールリーグ2007-2008

    フットボールリーグ2007-2008から見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    3位のハル・シティが、フットボールリーグ・チャンピオンシップの3位?6位のチーム間で争われるチャンピオンシッププレーオフを勝ち抜き、プレミアリーグ2008-09の昇格を決めた。フットボールリーグ2007-2008 フレッシュアイペディアより)

  • カメル・ギラス

    カメル・ギラスから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    セルタでの初シーズンは33試合出場し13得点を挙げるもチームは低迷。シーズン終了後にイングランドのブラックバーン・ローヴァーズFCとの契約が決まりかけたが、直前のメディカルチェックにて不合格となって加入までには至らならなかった。セルタはこれを移籍金の引き下げ工作として抗議。これを裏付けるようにブラックバーンとの契約交渉の約2週間後にハル・シティAFCのメディカルチェックにパスし、4年契約を交わした。ハル・シティでの初シーズンは先発がわずか6試合と失望のシーズンとなった。出場機会を求め、フランス1部のACアルル=アヴィニョン、さらに同2部のスタッド・ランスへとレンタル移籍をすると、ランスで定位置をつかみ、同チームの1部昇格とともに自身の完全移籍を勝ち取った。カメル・ギラス フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・キーオ

    アンディ・キーオから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2011-12シーズンをウルヴァーハンプトンで迎え、開幕のストーク・シティ戦が終了した後、8月15日に古巣のリーズ・ユナイテッドAFCへ2012年1月までの期限で貸し出され、「やり残したことがある」と意気込みを語ったキーオは、16日のハル・シティAFC戦(4-1)で初出場にして2度目となるデビューを飾った。以来、マコーマックと前線で連携を図り、ハードワークで相方を最大限活かすプレーを見せていたが、リーグカップのマンチェスター・ユナイテッドFC戦でが負傷から復帰した際には、初めて左サイドで起用されることになり、そして、得点を挙げるのに苦労していたことでベッキオよりも序列が下となった。アンディ・キーオ フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・キャロル

    ロイ・キャロルから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    1995年にハル・シティAFCでプロデビュー。1997年に当時クラブ史上最高額の移籍金35万ポンドでウィガン・アスレティックFCへ移籍。1999-2000シーズンはリーグ戦26試合無敗記録に多大な貢献をし、プロ選手の投票によるフットボールリーグ1(実質3部)のベストGKに選出された。2000-01シーズンはリーグ戦34試合中、13試合のクリーンシートを達成した。ロイ・キャロル フレッシュアイペディアより)

  • グレタル・ステインソン

    グレタル・ステインソンから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    翌シーズン2008年8月16日の開幕戦ストーク・シティFC相手に、移籍後初ゴールを決め3-1で勝利した。11月22日のミドルズブラ戦で2ゴール目を決めると、テイラーのゴールをお膳立てをし3-1で勝利した。シーズン最終節の1つ前の試合では、ハル・シティAFCでゴールを決め1-1と引き分けた。次のシーズンは、FAカップ4回戦シェフィールド・ユナイテッドFC戦で、シーズン初にして唯一となるゴールを決め2-0で勝利した。2010年3月20日に0-2と敗北したエヴァートンFC戦では1発レッドを貰い退場。グレタル・ステインソン フレッシュアイペディアより)

  • ガリー・アブレット

    ガリー・アブレットから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    リヴァプールに生まれ、1982年に学校を離れてリヴァプールFCの練習生となった。レギュラーのバリー・ヴェニソンとマーク・ローレンソンが負傷していた1986年12月20日、チャールトン・アスレティックFC戦(0-0)でトップチームデビューした。1985年にはダービー・カウンティFCにレンタル移籍し、1986年にはハル・シティAFCにレンタル移籍している。1987年4月18日のノッティンガム・フォレストFC戦(3-0)でリヴァプールFC在籍期間中唯一となる得点を挙げ、1986-87シーズンは計6試合に出場した。ガリー・ギレスピー、スティーヴ・ニコール、アラン・ハンセンなどのベテラン選手と守備陣を形成し、1987-88シーズンにはファースト・ディビジョンで優勝した。FAカップでは決勝に進出したが、ウィンブルドンFCに0-1で敗れて準優勝に終わった。1988-89シーズンには2シーズン連続でFAカップの決勝に進出し、ライバルのエヴァートンFCを3-2で下して優勝した。リーグ戦でも優勝を争ったが、最終節でアーセナルFCに0-2で敗れて優勝を逃した。このシーズンには左サイドバックのレギュラーとしての地位を確立し、リーグ戦では3試合に欠場しただけであった。グレン・ヒーセンの加入、スティーヴ・ストーントンやデヴィッド・バロウズの成長などがあり、1989-90シーズン以降は控えに降格した。センターバックのA・ハンセンが負傷がちになると、左サイドバックよりもセンターバックとして起用されることが増えたが、同シーズンには再びリーグ優勝を果たした。リヴァプールFCでは147試合に出場した。ガリー・アブレット フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ジョーンズ (サッカー審判員)

    マイク・ジョーンズ (サッカー審判員)から見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    1997年にフットボールリーグの審判員に昇格すると、マンスフィールド・タウンFC対ハル・シティAFC戦で初めての主審を務めた。マイク・ジョーンズ (サッカー審判員) フレッシュアイペディアより)

  • モデスト

    モデストから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    ボアズ・マイヒル、ハル・シティAFCのゴールキーパーモデスト フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・リード

    アンディ・リードから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2008-09シーズンからは、キック精度を活かしてセントラル・ミッドフィールダーとしてもプレーし、2008年12月のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦においてシーズン初得点を挙げた。体重を9kg減量して臨んだ2009-10シーズンは、2009年8月のリーグカップでのノリッジ・シティ戦でシーズン初得点を含む2得点を挙げてマン・オブ・ザ・マッチに選出される良好なスタートを切ると、それから2試合後のハル・シティAFC戦 (4-1)において、リーグ初得点を挙げ、更にカミル・ザヤットのオウンゴールを誘発するクロスを提供した。しかし、クリスマス後にハムストリングの負傷から4週間、実に3試合を逃し、更に2010年2月9日のポーツマスFC戦でハムストリングの負傷を再発と相次ぐ負傷に苦しむこととなり、翌2010-11シーズンも負傷の影響から出場機会は僅かだった。アンディ・リード フレッシュアイペディアより)

180件中 31 - 40件表示

「ハル・シティ」のニューストピックワード