69件中 41 - 50件表示
  • ケヴィン・キルバーン

    ケヴィン・キルバーンから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    強靱なフィジカルとスタミナを武器に、左サイドを大股で駆け上がりクロスを供給するプレーが売り。2003年に前所属クラブのサンダーランドAFCが2部降格した際、エヴァートンFCに移籍した。2004年には年間最優秀アイルランド人選手にも選ばれた。2006年からはウィガン・アスレティックFCに移籍している。2007-2008シーズンは主に左サイドバックで先発しているが、積極的な攻め上がりから数多くのアーリークロスを入れるプレイは健在である。2009年1月にハル・シティAFCに移籍。ケヴィン・キルバーン フレッシュアイペディアより)

  • ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク

    ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンクから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2009年9月、プレミアリーグのハルと2年契約で移籍。ハルではシーズン通じて出場したが、チームをプレミアリーグ残留に導くことができず、契約を1年残して退団。2010年8月30日、オーストリア・ブンデスリーガのSKラピード・ウィーンと2年契約で移籍するも、目立った活躍はなく、2011年6月に双方の合意の上で契約を解除した。ヤン・フェネホール・オフ・ヘッセリンク フレッシュアイペディアより)

  • セオドア・ウィットモア

    セオドア・ウィットモアから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    モンテゴ・ベイ・ボーイズ・クラブで選手業を始め、バイオレット・キッカーズ、セバ・ユナイテッド、ハル・シティAFC、リヴィングストンFCで活躍した。2004年6月に、トレンメア・ローヴァーズFCと契約を結んだが、2006年1月、契約を相互同意によって解除。再びセバ・ユナイテッドでプレーするために、ジャマイカに帰国。セオドア・ウィットモア フレッシュアイペディアより)

  • ジョニー・エヴァンズ

    ジョニー・エヴァンズから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    ハル・シティAFCに所属しているコリー・エヴァンスは実弟。ジョニー・エヴァンズ フレッシュアイペディアより)

  • ダレン・オディー

    ダレン・オディーから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    オディーは、セルティックと代表でレギュラーポジションを掴みたかったが、8月1日、2011-12シーズン開幕のスタメンに選ばれることが出来なかったため、セルティックから離れたいことを明らかにした。監督のニール・レノンは、レンタルさせる必要を感じリーズ・ユナイテッドAFCへ移籍させた。またレギュラーでプレーしたいオディーにとっても良い手だった。8月4日にシーズン終了までチャンピオンシップのリーズへのレンタル移籍が正式に決まった。オディーは、シーズンに向けいつも着用している背番号48を与えられた。その際にオディーは13歳の頃にここでトライアルを受けていたことを明かした。シーズン開幕のサウサンプトンFC戦で左SBとしてデビューをした。リーグカップのブラッドフォード・シティAFC戦では、代表に招集されていたため出場することはなかった。リー・ブロンビーが負傷すると、ハル・シティAFC戦では代わりにCBの位置でプレーした。ダレン・オディー フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ブルース

    アレックス・ブルースから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    アレクサンダー・スティーブン・"アレックス"・ブルース(Alexander Stephen "Alex" Bruce, 1984年9月28日 - )は、イングランド生まれのサッカー選手。ハル・シティAFC所属。ポジションは主にセンターバックだが、時折MFとしてもプレーする。父は前サンダーランドAFC監督で、現役時代にはマンチェスター・ユナイテッドでDFとして活躍したスティーヴ・ブルース。アイルランド代表として出場経験があるが、現在は北アイルランド代表を選択している(後述)。アレックス・ブルース フレッシュアイペディアより)

  • アムル・ザキ

    アムル・ザキから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2010年1月、ハル・シティAFCへレンタル移籍しプレミアリーグに復帰した。アムル・ザキ フレッシュアイペディアより)

  • カメル・ギラス

    カメル・ギラスから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    セルタでの初シーズンは33試合出場し13得点を挙げるもチームは低迷。シーズン終了後にイングランドのブラックバーン・ローヴァーズFCとの契約が決まりかけたが、直前のメディカルチェックにて不合格となって加入までには至らならなかった。セルタはこれを移籍金の引き下げ工作として抗議。これを裏付けるようにブラックバーンとの契約交渉の約2週間後にハル・シティAFCのメディカルチェックにパスし、4年契約を交わした。ハル・シティでの初シーズンは先発がわずか6試合と失望のシーズンとなった。出場機会を求め、フランス1部のACアルル・アヴィニョン、さらに同2部のスタッド・ランスへとレンタル移籍をすると、ランスで定位置をつかみ、同チームの1部昇格とともに自身の完全移籍を勝ち取った。カメル・ギラス フレッシュアイペディアより)

  • フェリペ・カイセド

    フェリペ・カイセドから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    2008年12月19日、UEFAカップ・ラシン・サンタンデール戦で移籍後初得点を挙げ、ラシン戦の直後のWBA戦ではバックヒールシュートで得点した。当初はゴールキーパーのオウンゴールと記録されたが、試合後にカイセドの得点であると訂正された。WBA戦の1週間後のハル・シティAFC戦(5-1)では1試合2得点を決めた。2009年3月13日、UEFAカップベスト16のオールボーBK戦ファーストレグ(2-0)では先制点を挙げ、最終的にはPK戦の末に勝ち上がりを決めた。4月16日のハンブルガーSV戦セカンドレグ(2-1)ではシーズン6点目を決めたが、2試合合計3-4で敗退した。5月2日のブラックバーン・ローヴァーズFC戦(3-1)で7点目、シーズン最終節のボルトン・ワンダラーズFC戦(1-0)ではリーグ戦8得点目を決めた。ゴール前でボールを保持し、ディフェンダーを振り切ってシュートを打てるチーム唯一のストライカーとして、多くのファンに強い印象を与えた。フェリペ・カイセド フレッシュアイペディアより)

  • ダロン・ギブソン

    ダロン・ギブソンから見たハル・シティAFCハル・シティAFC

    プレミアリーグデビューとなったのは、2008年11月15日に行われたストーク・シティFC戦であり、後半から交代で出場した。それから10日後の11月25日に行われたビジャレアル戦にダレン・フレッチャーと交代で出場し、チャンピオンズリーグデビューを果たした。2008年12月にはFIFAクラブワールドカップ2008に出場するユナイテッドのメンバーとして日本へ遠征したが、出場機会は与えられなかった。2009年1月4日に行われ、3-0で勝利したFAカップ3回戦のサウサンプトンFC戦でユナイテッドの3点目のゴールを決め、初ゴールを記録した。2009年2月15日に行われ、4-1で勝利したFAカップ5回戦のダービー・カウンティFC戦でユナイテッドの2点目のゴールを決め、その試合ではマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。2009年3月1日に行われたリーグカップ決勝のトッテナム・ホットスパーFC戦ではスターティングメンバーとして出場し、ポール・スコールズと中盤を構成した。延長戦を前にライアン・ギグスと交代するまで90分間出場し、チームもPK戦の末に勝利した。ギブソンは、ユナイテッドで2つ目となるタイトルを獲得した。5月24日に行われた2008-09シーズン最終節のハル・シティAFC戦では左ウイングのポジションでスターティングメンバーとして出場し、25ヤードの距離からシュートを決め、リーグ戦での初ゴールを記録した。ダロン・ギブソン フレッシュアイペディアより)

69件中 41 - 50件表示

「ハル・シティ」のニューストピックワード