前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • ソニー戦士

    ソニー戦士から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    ソニー戦士 フレッシュアイペディアより)

  • 北谷賢司

    北谷賢司から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2001年より3年間、ソニー執行役員米国本社エグゼクティブバイスプレジデント。ストリンガーの下で北米グループ企業(ソニーエレクトロニクス、ソニーミュージックエンタテイメント、ソニーピクチャーエンタテイメントなど)マーケティング統括責任者。約800億円の広告宣伝費の統合を実施。北谷賢司 フレッシュアイペディアより)

  • ロケーションフリー

    ロケーションフリーから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    「2006インターナショナルCES」の基調講演で、SONY会長兼CEOハワード・ストリンガーはロケーションフリーについてふれ「東京でイギリスのテレビが見られる」と発言した。ロケーションフリー フレッシュアイペディアより)

  • Listen

    Listenから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    売上実績については公表されていないが、2004年初夏にSE3が生産完了品となった後、2005年にハワード・ストリンガーがソニーCEOに就任した頃に全機種生産完了となり、Listenは後継機種が発売されずに終焉した。同氏が陣立てしたリストラ計画(AIBOなどの生産中止)との関連は不明である。Listen フレッシュアイペディアより)

  • BMG

    BMGから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2004年8月に、CBS出身のハワード・ストリンガーが代表執行役会長 兼 CEOを務める日本のソニー株式会社がBMGと友好的に経営統合する旨を発表し、ソニー傘下の米国現地法人Sony Corporation of America子会社のSony Music Entertainment Inc.(SMEI. 旧:米国コロムビアレコード/CBS SONY)と株式移転方式で経営統合し、両社の合弁(ジョイントベンチャー)によるSony BMG Music Entertainment Inc.(米国ソニーBMG)が発足。BMGファンハウスはBMGの株式移転に伴いソニーBMGの日本法人となった。なお、市ヶ谷(東京都新宿区)に本社を置く株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)は2000年の東証上場廃止後はソニー株式会社の100%出資の完全子会社であり、SMEIとは独立した企業経営がなされてきたため、日本においてはこの再編の対象外とされた。後の2005年10月に日本法人もBMGファンハウスからBMG JAPANに変更となった。BMG フレッシュアイペディアより)

  • アビックグループ

    アビックグループから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    1966年12月設立。ソニーが製造・販売するテレビ、ビデオ、DVDなどのハード・ソフト類から、オーディオアクセサリー商品、業務用商品などの販売を手がけていた。ハワード・ストリンガー会長の「ソニー製品を体験できる店として製品の優位性を示したい」という意向と、アップルインコーポレイテッドの直営店「Apple Store」への対抗策のために、ソニーの直営店の戦略を構えようとしたが、アビックグループの経営体質が改善されないことも影響し、2010年7月31日を持って全国9店舗を全て閉店することが決まった。アビックグループ フレッシュアイペディアより)

  • 久夛良木健

    久夛良木健から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2006年12月、ソニーのハワード・ストリンガー会長によりSCEグループの会長に“棚上げ”。後任としてSCEアメリカ社長だった平井一夫がSCE社長兼グループCOOに就任。久夛良木健 フレッシュアイペディアより)

  • 出井伸之

    出井伸之から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2005年(平成17年)6月 - 会長退任:出井は、ソニーのビジネスモデルを理解し、経営できる後継人材の選定を、OB役員や社外取締役らと伴に尽力。その結果、英国人であり、1997年(平成9年)からSony Corporation of Americaの経営陣として、コンテンツ事業を中心にソニーグループの経営に貢献してきたハワード・ストリンガーが代表取締役会長に選ばれ、2005年(平成17年)6月、ソニーグループの業績悪化の責任を取る形で、安藤國威社長とともに辞任。出井時代に大きく後退した、主力のエレクトロニクス事業を再建するには『遅きに失した退陣』と評価された。出井伸之 フレッシュアイペディアより)

  • スタイリングライフグループ

    スタイリングライフグループから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    これら6社の事業については、ソニーの中核事業とは直接関係がなく、1980年代には盛田会長自身が見直しを指示していた。しかし、盛田会長の立ち上げた事業ということで、長年見直しは行われないでいた。2005年のソニーショックと呼ばれる経営不振に伴い、経営トップがハワード・ストリンガー会長兼CEOに交代したことから、経営資源を不振のエレクトロニクス事業を中心とする中核事業に集中させるために、ソニーグループから独立させることとなった。スタイリングライフグループ フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の経済

    2012年の経済から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    1日 - ソニーはハワード・ストリンガー会長兼社長兼CEOが退任し、平井一夫副社長が社長兼CEOに昇格する人事を発表。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「ハワード・ストリンガー」のニューストピックワード