1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示
  • 2012年の経済

    2012年の経済から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    1日 - ソニーはハワード・ストリンガー会長兼社長兼CEOが退任し、平井一夫副社長が社長兼CEOに昇格する人事を発表。2012年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • ソニー

    ソニーから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2005年(平成17年)、出井伸之会長兼CEOらトップ3人が退任、ソニー初となる外国人トップのハワード・ストリンガー会長兼CEOが誕生。ソニー フレッシュアイペディアより)

  • 久夛良木健

    久夛良木健から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2006年12月、ソニーのハワード・ストリンガー会長によりSCEグループの会長に“棚上げ”。後任としてSCEアメリカ社長だった平井一夫がSCE社長兼グループCOOに就任。久夛良木健 フレッシュアイペディアより)

  • BMG

    BMGから見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2004年8月に、CBS出身のハワード・ストリンガーが代表執行役会長 兼 CEOを務める日本のソニー株式会社がBMGと友好的に経営統合する旨を発表し、ソニー株式会社傘下の米国現地法人Sony Corporation of America子会社のSony Music Entertainment Inc.(SMEI. 旧:米国コロムビアレコード/CBS SONY)と株式移転方式で経営統合し、両社の合弁(ジョイントベンチャー)によるSony BMG Music Entertainment Inc.(米国ソニーBMG)が発足。BMGファンハウスはBMGの株式移転に伴いソニーBMGの日本法人となった。なお、市ヶ谷に本社を置くソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)は2000年の東証上場廃止後はソニー株式会社の100%出資の完全子会社であり、SMEIとは独立した企業経営がなされてきたため、日本においてはこの再編の対象外とされた。後の2005年10月に日本法人もBMGファンハウスからBMG JAPANに変更となった。'BMG フレッシュアイペディアより)

  • 出井伸之

    出井伸之から見たハワード・ストリンガーハワード・ストリンガー

    2003年のソニーショックを受け、出井らが示した経営再建計画の達成が困難を増す中、ソニーの現職社員・OB、国内外の経済メディア、ソニー製品の愛好者など各方面から激しい退陣要求が噴出していた。出井は、ハードウェアのものづくり事業と音楽・映画等のコンテンツ事業を擁する世界でもユニークなソニーのビジネスモデルを理解し、経営できる後継人材の選定を、OB役員や社外取締役らとともに尽力。その結果、英国人であり、1997年からSony Corporation of Americaのヘッドとしてコンテンツ事業を中心にソニーグループの経営に貢献してきたハワード・ストリンガーが代表取締役会長に選ばれ、2005年6月、業績悪化の責任を取るかたちで安藤國威社長とともに辞任。出井時代に大きく後退したエレクトロニクス事業を再建するには遅きに失した退陣と評価された。出井伸之 フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
15件中 11 - 15件表示

「ハワード・ストリンガー」のニューストピックワード