前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
410件中 1 - 10件表示
  • ハンセン病に関連した人物

    ハンセン病に関連した人物から見たハンセン病ハンセン病

    本項ではハンセン病に関連した人物について扱う。ハンセン病に関連した人物 フレッシュアイペディアより)

  • 無癩県運動

    無癩県運動から見たハンセン病ハンセン病

    無癩県運動(むらいけんうんどう)とは、1930年代(昭和5年以降)の日本で、癩病患者を摘発し、癩病患者施設に強制収容させて、県内から癩を無くそう、という目的で行われた社会運動である。無癩県運動 フレッシュアイペディアより)

  • 癩王のテラス

    癩王のテラスから見たハンセン病

    三島は1965年(昭和40年)10月にカンボジアを訪れ、アンコール・トムを見た際に本曲の着想を得たという。「熱帯の日の下に黙然と坐してゐる若き王の美しい彫像を見たときから、私の心の中で、この戯曲の構想はたちまち成つた」と述べている。癩王のテラス フレッシュアイペディアより)

  • 石館守三

    石館守三から見たハンセン病ハンセン病

    石館 守三(いしだて もりぞう、1901年1月24日 - 1996年7月18日)は日本の薬学者、薬理学者。日本の薬学界のパイオニア。ハンセン病治療薬「プロミン」を合成し、多くのハンセン病患者を救った。また、日本初のがん化学療法剤ナイトロミン(ナイトロジェンマスタードN-オキシド)を創製した。東京大学薬学部初代学部長、名誉教授、薬学博士。石館守三 フレッシュアイペディアより)

  • 偽名

    偽名から見たハンセン病ハンセン病

    偏見差別が強かった時代にハンセン病療養所へ、入所する時に、別の名前を強制された歴史がある。これは、家族などへの差別を防ぐという、理由はあった。自分の名前を使った場合もある。らい予防法が廃止され、以前の名前に帰った人もいる。長く使っている場合は愛着もでて、その名前で有名になった場合もある。社会にでると、免許証から、病院での呼び出しなど、すべて本名である。そこに違和感があったという。この問題に関してはハンセン病を参照されたい。偽名 フレッシュアイペディアより)

  • 優生学

    優生学から見たハンセン病ハンセン病

    第二次世界大戦の終結以降、優生学はもっぱら、強制的な「民族衛生(racial hygiene)」や「絶滅政策」などといったナチスによる蛮行と結びつけて考えられがちであった。しかしながら、戦後世界においても、先進各国では1990年代に至るまで、地方行政や国政のレベルにおいて、さまざまな優生学的施策が実施されてきた。日本において戦後半世紀にわたり実施されてきたハンセン病患者に対する強制隔離政策は、事例の一つである。優生学 フレッシュアイペディアより)

  • さねとうあきら

    さねとうあきらから見たハンセン病ハンセン病

    死助谷にあったという「どろぼう村」に、旅人が一旦迷い込んだら、生きては出られなかった。夜のうちに村人に殺され、遺体は谷間に放棄されて、狼の餌になった。ある時、この村にハンセン病の老婆がやってくるが、さすがに身ぐるみ剥ぐ気も起こらず、狼が集まってくる廃寺へ追い払う。その夜、廃寺のあたりから狼の声が聞こえ、老婆の姿は見えなくなったが、その日を境に、狼が人家を襲うようになる。怒った村人たちが、狼狩りを敢行すると、狼の巣には老婆がいて、「狼だって助けてくれたのに、人は自分を殺そうとする」と弾劾しながら、巣の中の子狼を守るため、全身に銃弾を受けて死ぬ。「お前たちは、人の皮をかぶったけだものだ!」と、その所行に哄笑を浴びせつつ……。さねとうあきら フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病元患者宿泊拒否事件

    ハンセン病元患者宿泊拒否事件から見たハンセン病ハンセン病

    ハンセン病元患者宿泊拒否事件(ハンセンびょうもとかんじゃしゅくはくきょひじけん)とは、2003年11月に熊本県阿蘇郡南小国町の黒川温泉にあったアイレディース宮殿黒川温泉ホテルがハンセン病元患者の宿泊を拒否した事件である。ハンセン病に対する偏見が根強く残っていることを強く印象付け、大きな議論を巻き起こしたため、その後の関連する話題・事件を総称していう場合もある。ハンセン病元患者宿泊拒否事件 フレッシュアイペディアより)

  • 日本のハンセン病問題

    日本のハンセン病問題から見たハンセン病ハンセン病

    日本のハンセン病問題(にほんのハンセンびょうもんだい)では、ハンセン病に関する日本および歴史的に日本に関係のある近隣諸国の歴史問題と現状の問題点について記載する。なお、ハンセン病に関連した人物はその記事に分割する。日本のハンセン病問題 フレッシュアイペディアより)

  • グーデンスベルク

    グーデンスベルクから見たハンセン病ハンセン病

    ルードヴィング家一門で最後のテューリンゲン方伯となったハインリヒ・ラスペの死後、テューリンゲン=ヘッセン継承戦争によるテューリンゲンの分割がなされた。グーデンスベルクはテューリンゲンから分離され、聖エリーザベトの孫にあたるハインリヒ1世のものとなった。彼は1247年にマーダー・ハイデで初代ヘッセン方伯となった。1300年にハインリヒ1世はニーダーヘッセンの行政中心をグーデンスベルクからカッセルに遷した。彼は1277年からカッセルに住んでいたのであった。これにより、グーデンスベルクは、政治上も、運営管理上も、その重要性を喪失した。しかし、1324年になってもなおグーデンスベルクは「Hauptstadt vom Nyderlandt zu Hessen」(ヘッセン低地地方の首都)と表記されている。1365年にハンセン病患者のための聖霊病院が設立された。グーデンスベルク フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
410件中 1 - 10件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード