543件中 91 - 100件表示
  • カゴ (被差別民)

    カゴ (被差別民)から見たハンセン病ハンセン病

    カゴは民族集団でも宗教集団でもない。カゴは地元民と同じ言語を話し、通常は地元民と同じ宗教を信じていた。彼らの共通点は、カゴとみなされる祖先を持つことだけだった。彼らが差別された理由については、クレチン病だったから、ハンセン病だったから、宗教的異端者だったから、人肉食の習慣があったから、単に性質が邪悪だったから、などの諸説があるが、整合性のある理由はほとんど存在しない。カゴには固有の文化があったが、そのほとんどは文字に書き残されておらず、現代に受け継がれてもいない。結果として、彼らについては被差別に関わること以外ほとんど何も知られていない。彼らに対する過酷な迫害は中世からルネッサンス時代、産業革命の時代にも続き、19世紀から20世紀に至ってようやく偏見の解消をみた。カゴ (被差別民) フレッシュアイペディアより)

  • 田尻敢

    田尻敢から見たハンセン病ハンセン病

    田尻 敢(たじり いさむ、英文文献による、文献によっては「ひろし」1902年 - 1966年)は、日本の医学者、皮膚科医。ハンセン病の医師で国立療養所長島愛生園、国立療養所菊池恵楓園(ここでは園長)、国立療養所多磨全生園などで研究した。1955年にacute infiltration of leprosyという概念を提案した。田尻敢 フレッシュアイペディアより)

  • 村越化石

    村越化石から見たハンセン病ハンセン病

    村越 化石(むらこし かせき、1922年12月17日 - 2014年3月8日)は、静岡県出身の俳人。本名・英彦(ひでひこ)。ハンセン病とその後遺症と闘いながら句作を続け「魂の俳人」と呼ばれた。村越化石 フレッシュアイペディアより)

  • 長吏 (賎民)

    長吏 (賎民)から見たハンセン病ハンセン病

    『日葡辞書』においては「死んだ獣の皮を剥いだり、牛の皮を剥いだりする人、あるいは癩病人にたいして監督権をもっている頭」とある。また穢多(Yetta)の項に「長吏に同じ。いろいろな仕事の中でも死んだ牛や馬の皮を剥ぎ、その皮でさまざまの者を作るのを職とする身分の卑しい人々」とある。長吏も穢多も同じ内容を指しているが穢多の場合皮革業が強調されていて職能的である。江戸時代の長吏の内容は地域ごとに異なる。長吏 (賎民) フレッシュアイペディアより)

  • ヤコブの浅瀬の戦い

    ヤコブの浅瀬の戦いから見たハンセン病ハンセン病

    最も有名なイスラムの支配者の一人、サラディンはエジプトのスルタンであり、ダマスカスを奪取した後、1174年までにシリアのスルタンになった。シリアでの権力を奪取した後、サラディンはエルサレムの周りにイスラム帝国を打ち立てることを誓った。最終目的は十字軍からの聖都奪回であり、ジハードの終焉への大きな意味を持った一歩であった。しかし、彼のその計画は特に軍事衝突なしに聖地を奪取することを目指していた。ボードゥアン4世は1174年の父アモーリー1世の崩御に伴い、13歳でエルサレム王国の王位に付いた。同年にはサラディンもダマスカスで権力の座に登った。ボードゥアンは敬虔なキリスト教徒であり、サラディンとは相反する立場であった。富裕で有力な指導者であったにもかかわらず、ボードゥアンは非常に若くしてハンセン病を患っていた。映画(「キングダム・オブ・ヘブン」)で時折表現され描かれたように、ボードゥアンは忌まわしい顔を覆うただれを隠すために鉄の仮面をかぶっていた。ヤコブの浅瀬の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 皮膚科

    皮膚科から見たハンセン病ハンセン病

    ハンセン病(旧称:らい病)皮膚科 フレッシュアイペディアより)

  • サント=ムヌー

    サント=ムヌーから見たハンセン病ハンセン病

    12世紀の十字軍によってもたらされた疫病、黒死病とハンセン病によってサント=ムヌーは荒廃した。1250年代にはブドウが持ち込まれ、急速に栽培が広まった。サント=ムヌー フレッシュアイペディアより)

  • ミケア族

    ミケア族から見たハンセン病ハンセン病

    ミケア族は全てのマダガスカル国民と同じ国内法に従う必要があるが、実際には国内法では森に住む人々には政府及び社会機能が届いていない。ミケアの森で野営している人々には平等主義の自治政府が優先している。ここでは家族の最年長の男性が集団の主要決定権を持っている。これはメリナのように特定の家族集団に特別な社会的役割を与えるカースト制度の上に複雑な社会機構が被さった民族と対照的である。1991年には、推定1500人のマダガスカル人が原則的にミケアの森の周りでミケア式生活をしていた。この地域は降雨が少ない。ミケア族の人口は1950年代には数百人と推定されていたので、人口増加が見られる。森で食べ物を漁る人々の本当の人口を正確に推定するのは難しく、「ミケア族」という名称はとても柔軟で、食料漁りと季節性農業の割合は経済・環境状態によって大きく異なる。ミケア族は原始的で文明化されていないという印象から社会的汚名を着やすい。 ミケア族の住居と社会組織は隣人とも異なる。ミケア族の中には全人生を森の中で暮らす人々もいるが、他の人々は村や町でも暮らす。森の中に住んでいるが、ミケア族の集団は典型的に必要な資源の近くに野営するように季節で移動する。雨季にはミケア族は30?50人の集団で原始林の近くの新しく整地して植林した穀物畑の近くに住む。この集落の家は四角い棟のある屋根を持ち、マダガスカルの他の場所と同様に、木の幹の枠組みに茅葺屋根を乗せた物が一般的である。これらの家は宿営地に緩く配置される。雨季の野営は森の食料漁りの基地として3?5年用い、資源枯渇の前に新しい場所に移動する必要がある。4?5月までは作物の横の質素な草の家に住んで働き、その後幹の家に戻る。5?10月の乾季には野営は更に小さい集団に分かれ、森の更に深くに移住する。これは「バボ」という塊茎斑の近くに住む為であり、藁葺日除けと毛の避難所だけに住み、一部の人々は避難所に全く住まない。どちらの住居装備も無いようなものであり、ミケア族は主に白蟻の山の近くの砂や窪みで眠る。ミケア族は求める生活の質を得るために奮闘している。森は長い間彼らの基本的需要を満たして来たが、森林破壊や人口増加によって資源が足りなくなっている。加えて、ミケア族は自身の為により良い生活用品(例:服)を求めるようになっており、それは外部経済での商業や労働によってマダガスカル・アリアリ(現地通貨)を稼ぐ必要を生んでいる。教育や健康管理等の社会福祉を利用出来ない事により犠牲者が生じている。ミケアの森地区にはたった1つの診療所しかなく、入浴の為の水も得にくい為、結核やハンセン病、皮膚病等の割合はとても高い。ミケア族 フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー人

    ベルギー人から見たハンセン病ハンセン病

    File:Father_Damien,_photograph_by_William_Brigham2.jpg|ダミアン神父ハンセン病患者のケアに生涯を捧げたカトリック教会の聖人ベルギー人 フレッシュアイペディアより)

  • 十念寺 (奈良市)

    十念寺 (奈良市)から見たハンセン病ハンセン病

    正応年間(1288年 - 1292年)に忍性が創建した。当初は大安寺の南に位置する八条村に建てられたと伝わる。元は真言宗で、嘉元2年(1304年)に浄土宗に改宗した。天正年間に現在の場所に移った。境内に本堂・愛染堂・地蔵堂・金毘羅堂、忍性の供養塔、複数の古井戸がある。愛染堂の明王像は湛康の作とされる。享保年間の火災で本堂・愛染堂が焼失したとされ、現在の本堂は享保14年に再建されたものである。十念寺の地蔵は顔を白く塗られ眉・目・鼻・唇が鮮やかに描かれたものであり、くさ地蔵・おしろい地蔵・一言地蔵などと呼ばれる。この地蔵にはらいを治すという言い伝えがあり、願いが叶った者はお礼におしろいを納めたという。十念寺 (奈良市) フレッシュアイペディアより)

543件中 91 - 100件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード