543件中 111 - 120件表示
  • アシュミード

    アシュミードから見たハンセン病ハンセン病

    アシュミード (Ashmead, Albert Sydney Junior 1850年4月4日 - 1911年2月20日)は アメリカの医師で、1874年から1875年にかけ、東京府病院(1874 - 1881)で医学を教えた。当時の日本のハンセン病に興味を覚え、研究を始めた。1876年帰米。1897年のベルリン国際らい会議を強く推進した一人であった。彼はその会議に出席はしなかったが、強力な移民禁止、隔離論者であった。その会議はハンセン病隔離政策への潮流をつくった。アシュミード フレッシュアイペディアより)

  • 綱脇龍妙

    綱脇龍妙から見たハンセン病ハンセン病

    綱脇 龍妙(つなわき りゅうみょう、1876年1月24日 - 1970年12月5日)は、日蓮宗の僧侶。1906年(明治39年)に身延山久遠寺に参拝したおり、ハンセン病患者が悲惨なる生活をしているのを目撃、時の身延山法主の許可を得て河原より13名を収容、身延深敬(じんきょう)病院を作った。彼は全国を勧進し、費用を獲得し、十万一厘講を組織した。綱脇龍妙 フレッシュアイペディアより)

  • バローズのシリーズ外作品

    バローズのシリーズ外作品から見たハンセン病ハンセン病

    原題『隠れた者たちの王国』(The Land of Hidden Men)は編集者のつけたものであり、バローズは『らい王の踊子』とつけていた。バローズのシリーズ外作品 フレッシュアイペディアより)

  • 仏教伝道文化賞

    仏教伝道文化賞から見たハンセン病ハンセン病

    綱脇龍妙:C項 - ハンセン病患者救済事業の先覚者仏教伝道文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • 小崎東紅

    小崎東紅から見たハンセン病ハンセン病

    小崎 東紅(こざき とうこう、1907年 - 2008年)は、日本の教育者、小学校音楽教育の指導者。熊本県出身。龍田寮事件(黒髪校事件ともいう)(ハンセン病非感染児童通学問題)でこじれた熊本市立黒髪小学校の校長を務めた。小崎東紅 フレッシュアイペディアより)

  • ディンドラン

    ディンドランから見たハンセン病ハンセン病

    聖杯を求める船旅が終わると、癩病に感染している夫人のいる城に到着する。城の人間は、病の治療のためと称し、処女の生き血を要求するが、騎士達はこれを拒絶する。しかし、心優しいディンドランは癩病の治療のため、自分の血を提供することを決意し、出血多量で命を落としてしまった。そういう犠牲はあったものの、ガラハッドたちは最終的には聖杯に到達することに成功している。ディンドラン フレッシュアイペディアより)

  • 医術開業試験

    医術開業試験から見たハンセン病ハンセン病

    光田健輔(1896年(明治29年)合格) - ハンセン病治療のパイオニア医術開業試験 フレッシュアイペディアより)

  • チャカチャカレ

    チャカチャカレから見たハンセン病患者の隔離ハンセン病

    綿農園、捕鯨の地域本部、ハンセン病コロニーなどに使われてきた。チャカチャカレ フレッシュアイペディアより)

  • ラ・デジラード島

    ラ・デジラード島から見たハンセン病ハンセン病

    1493年にクリストファー・コロンブスにより発見され、1725年にフランス人により植民地化がされた。グアドループからのハンセン病患者がこの島に送られた。1930年から1954年の間、ハンセン病患者のための病院施設が存在。 島は1958年までハンセン病患者の入植地だった。ラ・デジラード島 フレッシュアイペディアより)

  • 岩間小熊

    岩間小熊から見たハンセン病ハンセン病

    はじめ、一羽流の開祖で剣豪の諸岡一羽の門人となり剣術を学んだ。一羽は江戸崎に剣術道場を開き隆盛したが、門人の中では根岸兎角、岩間小熊、土子土呂助の3人が特に抜きん出ていた。しかし、一羽が癩風に倒れると、小熊と土呂助は自分の家財を売ってまで師を最期まで看病し続けたのに対し、兎角は道場を見限って出奔した。岩間小熊 フレッシュアイペディアより)

543件中 111 - 120件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード