543件中 121 - 130件表示
  • 忍者武芸帳

    忍者武芸帳から見たハンセン病ハンセン病

    重太郎が流れ着いた無人島に住んでいる唐人。忍術の達人であったがハンセン病にかかってしまい、1人で静かに死ぬために無人島に移り住んだ。重太郎の素質を見込んで唐忍法「波の鼓」を教える。忍者武芸帳 フレッシュアイペディアより)

  • モン=サンテニャン

    モン=サンテニャンから見たハンセン病ハンセン病

    19世紀、古くよりあった2つの教区、サンテニャン(12世紀にラテン語でSanctum Anianumと記された。教区の守護聖人であったオルレアン司教エニャンに由来する)とモントー=マラド(Mont-aux-Malades。1251年頃にMonte Infirmorumと伝えられた。12世紀につくられた病院の名に由来)が統合され、コミューンが誕生した。1119年、修道院の定期的な規範のもとでハンセン病病院が設置され、モン=デ=ルプルー(Mont-des-Lépreux)またはモン=デ=マラド(Mont-des-Malades)の地名で呼ばれるようになった。修道院は1562年にユグノーによって破壊された。モン=サンテニャン フレッシュアイペディアより)

  • 三上千代

    三上千代から見たハンセン病ハンセン病

    三上 千代(みかみ ちよ、1891年 - 1978年7月18日) は、ハンセン病患者に尽くした看護婦で、ナイチンゲール記章を受章した。コンウォール・リーを助け、バルナバ医院、その後は鈴蘭病院、鈴蘭園、また宮城県の施設や全生病院、終戦前後は空襲を受けた国頭愛楽園(国立療養所沖縄愛楽園)、その後国立療養所多磨全生園で勤務した。三上千代 フレッシュアイペディアより)

  • かったい

    かったいから見たハンセン病ハンセン病

    かったいは、ハンセン病に感染し、その瘢痕によって健康な頃に比べて風貌が著しく変わってしまった人を呼んだ、古典的呼称である。かったい フレッシュアイペディアより)

  • 松田ナミ

    松田ナミから見たハンセン病ハンセン病

    松田 ナミ(まつだ なみ、平仮名で「なみ」とも、1904年 - 1995年11月14日)は、日本の医師。クリスチャンでもあった。国立療養所菊池恵楓園、国立療養所沖縄愛楽園、国立療養所星塚敬愛園でハンセン病患者のために働いた。戦時中は男子医師が応召したので、松田ら女医も活動する機会も多かったが、療養所は戦災に遭い、苦労した。松田ナミ フレッシュアイペディアより)

  • 木村哲也 (民俗学者)

    木村哲也 (民俗学者)から見たハンセン病ハンセン病

    中学3年のとき、東京都近郊在住の高知県宿毛市出身者の集まりである「東京宿毛会」席上で、ハンセン病患者と交流の深かった詩人・大江満雄と出逢ったことをきっかけに、『大江満雄集』編集に参加。全国のハンセン病療養所を訪ね、大江満雄とハンセン病について取材した。木村哲也 (民俗学者) フレッシュアイペディアより)

  • 十字架と王冠

    十字架と王冠から見たハンセン病ハンセン病

    そのシンボルは、「病を癒せ、ハンセン病を洗い清めよ、死者を甦らせよ、悪魔を追い出せ」と、新約聖書のマタイの福音書10章8節にあるキリストの言葉から引用された、英語の文字で囲まれた、『科学者キリスト教会=クリスチャン・サイエンス』 (Church of Christ, Scientist) の印章(ロゴマーク)に用いられ、世に現された。十字架と王冠 フレッシュアイペディアより)

  • 日本ハンセン病学会

    日本ハンセン病学会から見たハンセン病ハンセン病

    日本ハンセン病学会(にほんはんせんびょうがっかい、英称:The Japanese Leprosy Association)は、ハンセン病に関する学会である。日本医学会加盟学術団体。日本ハンセン病学会 フレッシュアイペディアより)

  • 光岡良二

    光岡良二から見たハンセン病ハンセン病

    光岡 良二(みつおか りょうじ、1911年11月23日 - 1995年4月29日)は、ハンセン病の歌人。光岡良二 フレッシュアイペディアより)

  • 中山節夫

    中山節夫から見たハンセン病ハンセン病

    1960年、多摩美術大学付属芸術学園映画科を卒業し、日活撮影所に入所。1962年よりフリーの助監督として多数の作品に携わった。その後熊本に帰郷し、1969年に映画デビュー作「あつい壁」を監督した。ハンセン病に対する根強い差別を扱い、話題になった。中山節夫 フレッシュアイペディアより)

543件中 121 - 130件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード