410件中 11 - 20件表示
  • 小久保利恵

    小久保利恵から見たハンセン病ハンセン病

    社会福祉への貢献活動をするきっかけとして、2005年に中華人民共和国で行われたいわゆるハンセン病患者の社会復帰のためのボランティア活動を経験したことを挙げており、ハンセン病の偏見と差別が助長されるらい予防法という法律が廃止され、ハンセン病を広く社会に認知するための活動をしたいこと、また1992年のミス日本グランプリを受賞した藤原紀香のように、国際派タレント・女優を目指しつつ、世界各地の紛争やテロなどの被災地を支援する活動をしたい旨をインタビューで述べている。小久保利恵 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第13条

    日本国憲法第13条から見たハンセン病ハンセン病

    国立療養所などで生活するハンセン病元患者が、らい予防法などによる隔離政策で人権を侵害されたとして、国に賠償を求めた。日本国憲法第13条 フレッシュアイペディアより)

  • 井深彦三郎

    井深彦三郎から見たハンセン氏病ハンセン病

    井深 彦三郎(いぶか ひこさぶろう、慶応2年8月〈1866年〉- 大正5年〈1916年〉4月4日)は、明治時代の陸軍工作員、後に衆議院議員。旧会津藩士族出身。兄に松平容保の小姓から後に宣教師・明治学院総長となった井深梶之助、娘にハンセン氏病患者の救済に尽くした看護師(当時は「看護婦」)・井深八重がいる。井深彦三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 産児制限

    産児制限から見たハンセン病ハンセン病

    前記のように日本では国民の側に産児制限への需要があったが、国によっては、政府の意思で産児制限を行う場合がある(一人っ子政策等)。更に特定の集団/個人に対して強制的に産児制限が実行されることがある。優生学を背景にした断種がそれである。ドイツのナチスの政策によりひきおこされた悲劇は有名であるが、日本でも優生保護法に基づき精神障害者、ハンセン病患者に断種を施した例が多数知られている。ハンセン病、断種を参照されたい。産児制限 フレッシュアイペディアより)

  • 抗がん剤

    抗がん剤から見たハンセン病ハンセン病

    これら3つに集約することができる。もし、標的細胞や病原体が該当薬物に対して感受性があり、耐性が生じるのがまれで、かつ治療指数が高い(滅多に中毒量に達しない)のなら、単剤療法の方が多剤併用療法よりも望ましくない副作用を最小限に食い止めることができる。多くの感染症の場合は、これらの条件を満たすため、原則一剤投与となる。感染症治療で多剤併用療法となるのは、結核、ハンセン病、HIV、免疫不全時の感染症などが挙げられる。結核菌やHIVは薬剤耐性を生じやすいため、3剤併用療法を行う必要がある。抗がん剤 フレッシュアイペディアより)

  • BCG

    BCGから見たハンセン病ハンセン病

    BCGは、実験室で長期間培養を繰り返すうちに、ヒトに対する毒性が失われて抗原性だけが残った細菌であり、その生きた菌を人為的にヒトに接種して感染させることで、病気を起こすことなく結核菌に対する免疫を獲得させることが可能である。BCGワクチンは、2010年現在実用化されている唯一の、結核の予防に有効なワクチンである。乳幼児結核の予防や重症化の予防の効果が広く認められている(80%程度の有効性)が、成人結核に対する効果は調査地域などによるばらつきが大きいため(0-80%、総合すると50%程度)、BCGワクチン接種を実施するかどうかについては、国ごとに判断が分かれている。またハンセン病など、他の抗酸菌感染症に対する予防効果も認められている。BCG フレッシュアイペディアより)

  • わたしが・棄てた・女

    わたしが・棄てた・女から見たハンセン病ハンセン病

    ハンセン病と診断された森田ミツの一生を描き、その一途な愛と悲劇を浮かび上がらせる。遠藤の通俗的な作品の中で代表的なもの。わたしが・棄てた・女 フレッシュアイペディアより)

  • 四国八十八箇所

    四国八十八箇所から見たハンセン病ハンセン病

    江戸時代初期に「四国遍路」という言葉と概念が成立したとされる。この頃には僧侶だけでなく民衆が遍歴しはじめる。17世紀には真念という僧によって『四国遍路道指南』(しこくへんろみちしるべ)という今日でいうガイドブックが書かれている。手の形の矢印で順路を示した遍路道の石造の道しるべも篤志家によってこの時期に設置され始めたと言われる。修行僧や信仰目的の巡礼者以外にも、ハンセン病患者などの、故郷を追われた、もしくは捨てざるをえなかった者たちが四国遍路を終生行う「職業遍路」が存在した。また、犯罪やそれに類する行為で故郷を追われた者も同様に居たといわれている。もっともこれらの者たちも、信仰によって病気が治るのではないかという期待や、信仰による贖罪であったので、信仰が目的であったともいえる。また、信仰によって病気や身体の機能不全が治るのではないかと一縷の望みをかけ、現代でいう視聴覚障害者や身体障害者が巡礼することも始まった。その後、地区によっては一種の通過儀礼として村内の若衆が遍路に出るといったこともあったとされる。四国八十八箇所 フレッシュアイペディアより)

  • ロベン島

    ロベン島から見たハンセン病ハンセン病

    『ロベン』は『アザラシ』を意味するオランダ語。「監獄島」とも呼ばれハンセン病患者の隔離や政治犯の強制収容所が設置された。現在はロベン島教会をのぞいて政府が所管し、島全体を博物館として整備、刑務所の元囚人がガイドとして案内業務を行っている。ロベン島 フレッシュアイペディアより)

  • ナザレのイエス

    ナザレのイエスから見たハンセン病ハンセン病

    福音書の記述の主な対象は、宗教活動を始めた時期のイエスである。その中で彼は、様々な教えを説き、奇蹟を起こした結果、弟子の集団が構成されたことになっている。福音書にはイエスがさまざまな病人の治療を行い、重い皮膚病患者を癒し、死者をよみがえらせたなど、多数の奇蹟が記されている。イエスは宣教の際に、比喩(たとえ話)を多く用いた。ナザレのイエス フレッシュアイペディアより)

410件中 11 - 20件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード