543件中 11 - 20件表示
  • コンスタンティヌスの寄進状

    コンスタンティヌスの寄進状から見たハンセン病ハンセン病

    「自分はハンセン病を患っていたが、ローマ教皇シルウェステル1世による洗礼を受けた後、治癒した。その感謝の印として、ローマ司教に自分と等しい権力を与え、全西方世界を委ね、自分はコンスタンティノープルに隠退する」コンスタンティヌスの寄進状 フレッシュアイペディアより)

  • グーデンスベルク

    グーデンスベルクから見たハンセン病ハンセン病

    ルードヴィング家一門で最後のテューリンゲン方伯となったハインリヒ・ラスペの死後、テューリンゲン=ヘッセン継承戦争によるテューリンゲンの分割がなされた。グーデンスベルクはテューリンゲンから分離され、聖エリーザベトの孫にあたるハインリヒ1世のものとなった。彼は1247年にマーダー・ハイデで初代ヘッセン方伯となった。1300年にハインリヒ1世はニーダーヘッセンの行政中心をグーデンスベルクからカッセルに遷した。彼は1277年からカッセルに住んでいたのであった。これにより、グーデンスベルクは、政治上も、運営管理上も、その重要性を喪失した。しかし、1324年になってもなおグーデンスベルクは「Hauptstadt vom Nyderlandt zu Hessen」(ヘッセン低地地方の首都)と表記されている。1365年にハンセン病患者のための聖霊病院が設立された。グーデンスベルク フレッシュアイペディアより)

  • 連続大量差別はがき事件

    連続大量差別はがき事件から見たハンセン病ハンセン病

    連続大量差別はがき事件(れんぞくたいりょうさべつはがきじけん)とは、部落関係者やハンセン病患者に対する差別はがきの送付などの嫌がらせ行為が、2003年から2004年の間数百回にわたり繰り返された事件。連続大量差別はがき事件 フレッシュアイペディアより)

  • さねとうあきら

    さねとうあきらから見たハンセン病ハンセン病

    死助谷にあったという「どろぼう村」に、旅人が一旦迷い込んだら、生きては出られなかった。夜のうちに村人に殺され、遺体は谷間に放棄されて、狼の餌になった。ある時、この村にハンセン病の老婆がやってくるが、さすがに身ぐるみ剥ぐ気も起こらず、狼が集まってくる廃寺へ追い払う。その夜、廃寺のあたりから狼の声が聞こえ、老婆の姿は見えなくなったが、その日を境に、狼が人家を襲うようになる。怒った村人たちが、狼狩りを敢行すると、狼の巣には老婆がいて、「狼だって助けてくれたのに、人は自分を殺そうとする」と弾劾しながら、巣の中の子狼を守るため、全身に銃弾を受けて死ぬ。「お前たちは、人の皮をかぶったけだものだ!」と、その所行に哄笑を浴びせつつ……。さねとうあきら フレッシュアイペディアより)

  • ロベン島

    ロベン島から見たハンセン病ハンセン病

    『ロベン』は『アザラシ』を意味するオランダ語。「監獄島」とも呼ばれハンセン病患者の隔離や政治犯の強制収容所が設置された。現在はロベン島教会をのぞいて政府が所管し、島全体を博物館として整備、刑務所の元囚人がガイドとして案内業務を行っている。ロベン島 フレッシュアイペディアより)

  • 神谷美恵子

    神谷美恵子から見たハンセン病ハンセン病

    1934年(昭和9年)に美恵子は金澤からオルガンの伴奏役としてハンセン病療養所施設の訪問に同行するよう求められた。叔父とともに多磨全生園を訪れた彼女は、ハンセン病患者の病状に強い衝撃を受けた。後に彼女は、ある種の「召命感」と伴に、自分が身を捧げる生涯の目的がはっきりとした、と語っている。神谷美恵子 フレッシュアイペディアより)

  • 塔和子

    塔和子から見たハンセン病ハンセン病

    塔 和子(とう かずこ、本名・井土 ヤツ子(いづち やつこ)1929年8月31日 - 2013年8月28日)は、日本の詩人。11歳でハンセン病を発病し、国立療養所大島青松園に入所するかたわら、多くの詩を書いた。塔和子 フレッシュアイペディアより)

  • 国立療養所多磨全生園

    国立療養所多磨全生園から見たハンセン病ハンセン病

    国立療養所多磨全生園(こくりつりょうようじょ たまぜんしょうえん)は、東京都東村山市にある、ハンセン病患者の収容施設である。日本にある国立ハンセン病療養所の一つで、厚生労働省所管の施設等機関である。『いのちの初夜』などを執筆した北条民雄が1934年から亡くなる1937年まで入所しており、同作は全生園での体験が元になっていると言われている。国立療養所多磨全生園 フレッシュアイペディアより)

  • 国立ハンセン病資料館

    国立ハンセン病資料館から見たハンセン病ハンセン病

    国立ハンセン病資料館(こくりつハンセンびょうしりょうかん、旧高松宮記念ハンセン病資料館)は、東京都東村山市にあるハンセン病に関する資料を保有する博物館・図書館である。国立ハンセン病資料館 フレッシュアイペディアより)

  • モロカイ島

    モロカイ島から見たハンセン病ハンセン病

    モロカイ島はハワイ州内の行政上はマウイ郡に属しているが、以前ハンセン病コロニーがあったカラウパパ半島だけが独立した別の郡になっている。島の面積は670kmで、人口は約7,000人。島最大の町は中央部のカウナカカイ(人口約1,000人)で、モロカイ空港はこの町の北西11kmのところにある。モロカイ島 フレッシュアイペディアより)

543件中 11 - 20件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード