410件中 21 - 30件表示
  • 大谷吉継

    大谷吉継から見たハンセン病ハンセン病

    大谷 吉継(おおたに よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。越前敦賀城主。名前については「吉隆」とも。業病を患い、晩年は面体を白い頭巾で隠して戦った戦国武将として有名である。大谷吉継 フレッシュアイペディアより)

  • 草津温泉

    草津温泉から見たハンセン病ハンセン病

    明治時代、スウェーデンの人文学者ノルデンシェルトは草津訪問記を記し、その中で草津温泉には療養する病人が多く、草津はそれら病人によって成り立っており、病人たちが罹患しているのは梅毒やハンセン病(らい病)、脚気である、としている。お雇い外国人として来日したドイツ人医師エルヴィン・フォン・ベルツ、および宣教師コンウォール・リーによりハンセン病に効く湯治場としての地位が確立され、草津温泉郷にはハンセン病集落が出来ている。草津温泉 フレッシュアイペディアより)

  • アルマジロ

    アルマジロから見たハンセン病ハンセン病

    アルマジロは人間以外の自然動物で唯一ハンセン病に感染、発症する動物であるため、ハンセン病の研究に用いられてきた。アルマジロ フレッシュアイペディアより)

  • サリドマイド

    サリドマイドから見たハンセン病ハンセン病

    1964年、全くの偶然から、サリドマイドがハンセン病患者に多発する難治性の皮膚炎(結節性紅斑)に劇的に効くことが確かめられた。そしてその後、各種の難治性疾患に対する研究が進められた。サリドマイド フレッシュアイペディアより)

  • 笹川陽平

    笹川陽平から見たハンセン病ハンセン病

    笹川 陽平(ささかわ ようへい、1939年1月8日 - )は笹川良一(日本船舶振興会初代会長)の三男で、公益財団法人日本財団(旧日本船舶振興会)会長、世界保健機関 (WHO) ハンセン病制圧大使、ハンセン病人権啓発大使(日本国)、2012年6月11日にはミャンマー少数民族福祉向上大使(日本国)に就任。明治大学政治経済学部卒業。次兄に自由民主党元衆議院議員・笹川堯がいる。笹川陽平 フレッシュアイペディアより)

  • 池尻愼一

    池尻愼一から見たハンセン病ハンセン病

    池尻 愼一(いけじり しんいち、1908年 - 1945年)はハンセン病を専門とした医師、作家。ハンセン病、ハンセン病患者と真剣に向かいあい、作品『傷める葦』は1年未満で30版を数えた。太平洋戦争で応召し、1945年1月ジャワで戦死した。ペンネームは邑楽 愼一(おおら しんいち)。池尻愼一 フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎松記

    宮崎松記から見たハンセン病ハンセン病

    宮崎 松記(みやざき まつき、1900年1月10日 - 1972年6月14日)は、日本の医学者、国立療養所菊池恵楓園の園長を勤め、その後インドで救らいセンターを作った。ハンセン病を研究し、ハンセン病患者の治療をした。熊本県八代市日奈久町生まれ。宮崎松記 フレッシュアイペディアより)

  • 砂の器

    砂の器から見たハンセン病ハンセン病

    都会の駅の操車場で起きた或る殺人事件を発端に、刑事の捜査と犯罪者の動静を描く長編小説であり、清張作品の中でも特に著名な一つ。ハンセン氏病を物語の背景としたことでも知られ、大きな話題を呼んだ。ミステリーとしては、方言周圏論に基く(東北訛りと「カメダ」という言葉が事件の手がかりとなる)設定が重要な鍵を握る、などの試みがなされている。砂の器 フレッシュアイペディアより)

  • 光田健輔

    光田健輔から見たハンセン病ハンセン病

    光田 健輔(みつだ けんすけ、1876年1月12日 - 1964年5月14日)は、日本の病理学者、皮膚科医。国立長島愛生園初代園長。正三位勲一等瑞宝章。文化勲章受章。ダミアン・ダットン賞受賞。ハンセン病の研究で知られ、ハンセン病治療の第一線で活動した。また、日本の対ハンセン病政策の明暗を象徴する人物とされている。光田健輔 フレッシュアイペディアより)

  • 連続大量差別はがき事件

    連続大量差別はがき事件から見たハンセン病ハンセン病

    連続大量差別はがき事件(れんぞくたいりょうさべつはがきじけん)とは、部落関係者やハンセン病患者に対する差別はがきの送付などの嫌がらせ行為が、2003年から2004年の間数百回にわたり繰り返された事件である。連続大量差別はがき事件 フレッシュアイペディアより)

410件中 21 - 30件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード