543件中 21 - 30件表示
  • 光田健輔

    光田健輔から見たハンセン病ハンセン病

    光田 健輔(みつだ けんすけ、1876年1月12日 - 1964年5月14日)は、日本の病理学者、皮膚科医。生涯をハンセン病の撲滅に捧げ、国立長島愛生園初代園長等を歴任した。生前は「救癩の父」と崇められ、文化勲章やダミアン・ダットン賞を受けた。その一方で、患者の絶対隔離政策を推進する「癩予防法」改正、無癩県運動、「らい予防法」制定等の中心人物であり、日本の対ハンセン病政策の明暗を象徴する人物ともされる。贈正三位勲一等瑞宝章。光田健輔 フレッシュアイペディアより)

  • 平松まゆき

    平松まゆきから見たハンセン病ハンセン病

    立教大学文学部を卒業し、同大学大学院日本文学科前期博士課程を修了。大学院卒業後は外資系製薬会社に入社。その後、名張毒ぶどう酒事件のドキュメンタリー番組を観て感銘を受けたことがきっかけで法曹志望に転じ、名古屋大学法科大学院を修了、在学中は「名張毒ぶどう酒事件・奥西勝さんを守る東京の会」の会員に名を連ねていた。大分の講演会でハンセン病訴訟の弁護団共同代表の弁護士・徳田靖之と出会い、「徳田先生のような弁護士になりたい」とも思うようになり、伊藤塾でも法律を学び、2015年に3度目の受験で司法試験に合格し、司法修習を経て弁護士となる(大分県弁護士会に所属・登録番号は55351)。2017年1月に大分市で法律事務所を開業。ハンセン病元患者家族国家賠償訴訟原告弁護団の一人として活動している。平松まゆき フレッシュアイペディアより)

  • 癩王のテラス

    癩王のテラスから見たハンセン病

    民の一部にが蔓延しはじめ、星の凶兆を知った宰相・スールヤバッタは、これを機に癩病の王を暗殺して自分が王太后と結び権力の座に就こうとしていた。宰相は老棟梁を買収して石工たちの建築を怠けさせようとしていたのだった。癩王のテラス フレッシュアイペディアより)

  • アルマジロ

    アルマジロから見たハンセン病ハンセン病

    アルマジロは人間以外の自然動物で唯一ハンセン病に感染、発症する動物であるため、ハンセン病の研究に用いられてきた。アルマジロ フレッシュアイペディアより)

  • 宮崎松記

    宮崎松記から見たハンセン病ハンセン病

    宮崎 松記(みやざき まつき、1900年(明治33年)1月10日 - 1972年(昭和47年)6月14日)は、日本の医学者、国立療養所菊池恵楓園の園長を勤め、その後インドで救らいセンターを作った。ハンセン病を研究し、ハンセン病患者の治療をした。熊本県八代市日奈久町生まれ。宮崎松記 フレッシュアイペディアより)

  • 大谷藤郎

    大谷藤郎から見たハンセン病ハンセン病

    大谷 藤郎(おおたに ふじお、1924年3月27日 - 2010年12月7日)は、日本の元厚生官僚(テクノクラート)、大学教授。精神障害者やハンセン病患者の人権保護・待遇改善に積極的に取り組み、1993年にはWHOからレオン・ベルナール賞を授与された。国際医療福祉大学初代学長。大谷藤郎 フレッシュアイペディアより)

  • カニバリズム

    カニバリズムから見たハンセン病ハンセン病

    明治3年(1870年)4月15日付けで、明治政府が人肝、霊天蓋(脳髄)、陰茎などの密売を厳禁する弁官布告を行っている。しかし闇売買は依然続いたらしく、たびたび事件として立件、報道されている(東京日々新聞など)。作家の長谷川時雨は『旧聞日本橋』で明治中期の話として「肺病には死人の水?火葬した人の、骨壺の底にたまった水を飲ませるといいんだが…これは脳みその焼いたのだよ」と、「霊薬」の包みを見せられて真っ青になった体験を記している。明治35年に発生した臀肉事件は、当時は不治の病とされたハンセン病の治療目的で、被害者の臀部の肉を材料としたスープが作られている。カニバリズム フレッシュアイペディアより)

  • 井深彦三郎

    井深彦三郎から見たハンセン氏病ハンセン病

    井深 彦三郎(いぶか ひこさぶろう、慶応2年8月2日〈1866年9月10日〉- 大正5年〈1916年〉4月4日)は、日本の政治家、大陸浪人。明治時代の陸軍工作員であり、衆議院議員当選1回。旧会津藩士族の出身で、兄に松平容保の小姓から後に宣教師、明治学院総理となった井深梶之助、娘にハンセン氏病患者の救済に尽くした井深八重がいる。井深彦三郎 フレッシュアイペディアより)

  • イエスの奇跡

    イエスの奇跡から見たハンセン病ハンセン病

    重い皮膚病(ハンセン病)を患っている人が近寄り、ひれ伏して癒されることを願う。イエスは深く憐れんで彼に触れ、病気をいやし清くする。  マルコ 1:40イエスの奇跡 フレッシュアイペディアより)

  • BCG

    BCGから見たハンセン病ハンセン病

    BCGは、実験室で長期間培養を繰り返すうちに、ヒトに対する毒性が失われて抗原性だけが残った結核菌であり、BCGワクチンはBCGを人為的にヒトに接種して感染させることで、病気を起こすことなく結核菌に対する免疫を獲得させることを目的としたものである。BCGワクチンは、2015年現在実用化されている唯一の、結核の予防に有効なワクチンである。乳幼児結核の予防や重症化の予防の効果が広く認められている(80%程度の有効性)が、成人結核に対する効果は調査地域などによるばらつきが大きいため(0 - 80%、総合すると50%程度)、BCGワクチン接種を実施するかどうかについては、国ごとに判断が分かれている。またハンセン病など、他の抗酸菌感染症に対する予防効果も認められている。極めて希ではあるが偶然結核菌が皮膚に感染し、BCGワクチンと同様の効果を発揮することがある。これを皮膚初感染病巣と呼び皮膚結核の一つに挙げられる。BCG フレッシュアイペディアより)

543件中 21 - 30件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード