410件中 41 - 50件表示
  • いのちの初夜

    いのちの初夜から見たハンセン病ハンセン病

    いのちの初夜( - しょや)は、北条民雄が『文學界』(1936年2月号)に発表し、第2回の文學界賞を受賞した短編小説である。ハンセン病の診断を受け、療養施設に入所してからの1週間に起きた出来事や、感じたことを、手記風にまとめた私小説である。作品の冒頭でその施設を、「東京から二十マイルそこそこの」と記述してあり、彼が入所した東京府北多摩郡東村山村の全生園とほぼ一致することから、彼の実体験がかなりの比重を占めているものと思われる。いのちの初夜 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイスカウトスリランカ連盟

    ボーイスカウトスリランカ連盟から見たハンセン病ハンセン病

    スリランカのスカウト活動は広く行われており、障害者やハンセン病患者にも開放されているほか、刑務所の中でも活動が行われている。ボーイスカウトスリランカ連盟 フレッシュアイペディアより)

  • 癩

    から見たハンセン病ハンセン病

    フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病患者居留地

    ハンセン病患者居留地から見たハンセン病ハンセン病

    ハンセン病患者居留地 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病患者の隔離

    ハンセン病患者の隔離から見たハンセン病ハンセン病

    ハンセン病患者の隔離 フレッシュアイペディアより)

  • VNC (微生物学)

    VNC (微生物学)から見たハンセン病ハンセン病

    前者の代表例としては、ハンセン病の病原体であるらい菌が培養不能であることがよく知られているが、これ以外の微生物についても実際には培養できるものよりも培養ができないものの方が多い。一般には、土壌や海水中の常在細菌のうち培養できるものはわずかに1-2%にすぎず、その他の大多数のものは培養不能菌である。VNC (微生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 桜井哲夫

    桜井哲夫から見たハンセン病ハンセン病

    桜井哲夫 (詩人) - 元ハンセン病患者の詩人。桜井哲夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松田ナミ

    松田ナミから見たハンセン病ハンセン病

    松田 ナミ(まつだ - 、平仮名で「なみ」とも、、1904年 - 1995年11月14日)は、日本の医師。クリスチャンでもあった。国立療養所菊池恵楓園、国立療養所沖縄愛楽園、国立療養所星塚敬愛園でハンセン病患者のために働いた。戦時中は男子医師が応召したので、松田ら女医も活動する機会も多かったが、療養所は戦災に遭い、苦労した。松田ナミ フレッシュアイペディアより)

  • 八尋光秀

    八尋光秀から見たハンセン病ハンセン病

    1973年、福岡県立福岡高等学校、1977年、西南学院大学卒業。1984年に福岡市早良区において西新共同法律事務所を開設。弁護士として患者の権利宣言運動に参加し、患者の権利法制定を提唱した。医療過誤訴訟、国賠訴訟、刑事冤罪弁護、精神科医療にかかわる患者隔離等、人命、人権、人生被害をもたらす諸問題に取り組んできた。1998年よりらい予防法違憲国家賠償訴訟いわゆるハンセン病訴訟の弁護団代表となる。2001年熊本地裁での勝訴確定後も、ハンセン病問題の全面解決に向け、国との協議にあたる。2003年より薬害肝炎九州訴訟の弁護団代表となる。2008年薬害肝炎問題の全面解決を求めていわゆる薬害肝炎救済法を議員立法によって制定させるとともに、国との間で和解解決のための基本合意書を締結し、この問題の全面解決を図る。八尋光秀 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤昌直

    後藤昌直から見たハンセン病ハンセン病

    後藤 昌直(ごとう まさなお、安政4年2月11日(1857年3月6日) - 明治41年(1908年)7月9日)は明治時代のハンセン病治療医。初代後藤昌文の長男であり、二代目後藤昌文とも称される。父に師事しハンセン病患者の治療に一生を尽くした。後藤昌直 フレッシュアイペディアより)

410件中 41 - 50件表示