543件中 61 - 70件表示
  • ステファン・ドナルドソン

    ステファン・ドナルドソンから見たハンセン病ハンセン病

    3歳から16歳まで、整形外科医だった父親と共にインドで暮らす。父親はインドでハンセン病の治療に当たっていた。ケント州立大学を卒業し、ウースター大学で修士号を獲得。卒業後は、良心的戦争忌避者として2年間の兵役を免除され、オハイオ州アクロンで病院奉仕者として勤務。ステファン・ドナルドソン フレッシュアイペディアより)

  • 杉村春三

    杉村春三から見たハンセン病ハンセン病

    杉村 春三(すぎむら しゅんぞう、1910年3月11日 - 1994年2月8日)は日本の社会福祉家。在学時代からハンセン病のフィールドワークを始め、九州大学で学び、国立療養所星塚敬愛園、満州国立らい療養所同康院、リデル・ライト記念養老院などで働き、『らいと社会福祉』の研究をまた、老人の福祉についても研究した。杉村春三 フレッシュアイペディアより)

  • ダク部

    ダク部から見たハンセン病

    3:疝、4:疫・疥、5:痂・疳・疵・疾・症・疹・疸・疼・疲・病・疱、6:痍・痕・痔・痒、7:痙・痣・痛・痘・痢、8:痾・痰・痺・痲・痳、9:(痩7)・瘋・癒・瘍、10:瘧・瘡、12:癇・癌・癈・瘤・療、13:癖・(癒)、14癡(痴8)、16:癪・、17:癬、19:癲ダク部 フレッシュアイペディアより)

  • クーバ城

    クーバ城から見たハンセン病ハンセン病

    クーバ城 (イタリア語:Castello della Cuba)は、イタリア・パレルモにある城。1180年、シチリア王グリエルモ2世によって建てられた。城は、グリエルモ2世の私的な休息所である広大な王室公園内に、人工湖と同時につくられた。1072年のノルマン人による征服以後もパレルモに住み続けたアラブ人芸術家の手による装飾と設計がみてとれ、イスラム建築から強い影響を受けていることがわかる。ブルボン家支配に変わってからは、いくつかの兵舎が追加された。16世紀にはハンセン病患者の居住地に使用された。クーバ城 フレッシュアイペディアより)

  • ショファイユの幼きイエズス修道会

    ショファイユの幼きイエズス修道会から見たハンセン病ハンセン病

    1877年、ベルナール・プティジャン司教の招聘によって4名の修道女が来日し、神戸、京都、大阪、長崎、熊本の各都市を拠点にして、主に女性の教育、孤児や老人、ハンセン病患者の世話に従事してきた。第二次世界大戦、長崎の原爆の戦災で邦人修道女らが犠牲になった。現在、宝塚市仁川を拠点に、上記各都市のほか東京、和歌山、久留米、鹿児島県(奄美大島を含む)、沖縄県、さらに海外ではカンボジアに会員を派遣し、女子教育や幼児教育(幼稚園)、福祉などで活躍をしている。ショファイユの幼きイエズス修道会 フレッシュアイペディアより)

  • ガイ・ヘンリー・ファジェット

    ガイ・ヘンリー・ファジェットから見たハンセン病ハンセン病

    ガイ・ヘンリィ・ファジェット (Guy Henry Faget, 1891年 - 1947年) は、アメリカの医師。世界で初めてハンセン病の薬・プロミンの有効性を発見し (1943年)、サルファ剤合成品の開発など、医学に革命的貢献をした。ガイ・ヘンリー・ファジェット フレッシュアイペディアより)

  • サン=トゥアン=ロモヌ

    サン=トゥアン=ロモヌから見たハンセン病ハンセン病

    ルテティアからリールボンヌへと通じるカエサルの道(fr)が交差する所に、サン=トゥアン=ロモヌのまちができた。サン=トゥアンとはダゴベルト1世の助言者でルーアン司教であった聖ウアンに由来する。683年、聖ウアンの遺体はこの地で一晩を過ごした。12世紀のロモヌには、サン=ラザールのハンセン病病院があった。18世紀まで、この地はモービュイッソン(Maubuisson)と呼ばれていた。村は政治的にも軍事的にもポントワーズに依存していた。実際、ブランシュ・ド・カスティーユが建てたモービュイッソン修道院の周りに村はあり、経済活動は医療と信仰で発展していった。サン=トゥアン=ロモヌ フレッシュアイペディアより)

  • フランコンヴィル

    フランコンヴィルから見たハンセン病ハンセン病

    1229年、フランコンヴィルに、十字軍帰還者のハンセン病患者を収容する病院が建てられた。フランコンヴィル フレッシュアイペディアより)

  • 村田茂助

    村田茂助から見たハンセン病ハンセン病

    村田 茂助(むらた もすけ)とは日本の皮膚科医。1912年に、いわゆる熱こぶ、ハンセン病における2型反応を癩性結節性紅斑、Erythema nodosum leprosum( ENL )と命名した。村田茂助 フレッシュアイペディアより)

  • スピナロンガ

    スピナロンガから見たハンセン病ハンセン病

    1903年にクレタ総督のゲオルギオス王子の下で、この島はハンセン病患者のコロニーとするという決議がなされた。島に住むトルコ人はその決議により、自主的に島から離れていった。連れてこられた患者は洞窟や、壊れた砦に住み、食料などはクレタ本島の人々の好意に頼った。専門の医師や特効薬もなく、治らないとされた患者は再びアテネに送り返された。医師はいなかったが、大風子油が使用され、素人的な外科治療がなされていた。状況は悪化し、患者たちと守衛とのいさかいが絶えなかった。本国はまったく彼らに同情的でなかったが、新しく来た患者には、弁護士や教師、高校を出た人々がいた。その中からヨゼフ・パヴラキスという神学を学んだ若いリーダーが現われ、作業班を組織化し、建物を整備した。当局の考えはハンセン病患者の隔離であったが、患者たちはこの島で仕事をし、食料を作り、ミサをおこない、劇団を持つまでに至った。この島では当然のことながら差別がなく、患者たちは病変による変形を隠さなかったという。1954年に政府は隔離政策を止め、新しい患者はアテネで治療することとなった。政府との交渉の末、1957年にパヴウラキスらは本国に帰還した。英語版のWikipediaでは、1962年に牧師が帰還したとしている。2006年6月現在、この地域の主な観光スポットはヴェネツィア共和国時代の砦である。スピナロンガ フレッシュアイペディアより)

543件中 61 - 70件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード