410件中 61 - 70件表示
  • 金剛仏子叡尊感身学正記

    金剛仏子叡尊感身学正記から見たハンセン病ハンセン病

    出生から醍醐寺における出家と真言密教の修行、仏教界全体の堕落から、覚盛らとともに東大寺で自誓授戒を行ったこと、忍性ら弟子との出会いや西大寺を再興して戒律復興運動や非人・癩病患者救済活動などを行った経緯等を記している。金剛仏子叡尊感身学正記 フレッシュアイペディアより)

  • 触穢

    触穢から見たハンセン病ハンセン病

    律令制が衰退すると、触穢は衰退するどころか陰陽道と結びついて強力な迷信として社会に定着して、触穢思想として発展することになる。触穢思想が前近代における日本人の衛生観念の発展に貢献したという見方がある一方で、女性や、葬送などで死体の処理を扱う人々(非人)、身体障害者や癩病などの肉体的なハンデを背負った人々、言語・文化的に相容れない慣習を持つ人々などは、祓などでは清浄化は不可能であり、その存在自体が穢であるという発想すら生じて差別や偏見を正当化する根拠として用いられるようになった。。触穢 フレッシュアイペディアより)

  • 武田徹

    武田徹から見たハンセン病ハンセン病

    大学院在学中より『週刊文春』、『諸君!』等に評論・書評などを執筆し、本格的に文筆活動を開始する。満州国・ハンセン病・核技術・インターネットなど幅広い分野での著作があり、2000年には『流行人類学クロニクル』でサントリー学芸賞社会風俗部門を受賞している。またジャーナリズムのあり方についての著作・発言も多く、2003年からは東京大学先端科学技術研究センター特任教授としてジャーナリスト養成コースを担当していた。2007年4月より恵泉女学園大学人文学部教授となる。また崔洋一らと共にBRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員を務めている。2008年3月よりマル激トーク・オン・ディマンド(ビデオニュース・ドットコム)の司会を不定期で務めている。武田徹 フレッシュアイペディアより)

  • スピナロンガ

    スピナロンガから見たハンセン病ハンセン病

    また、1903年にクレタ共和国のPrince Georgeの下、この島はハンセン病患者のコロニーという決議がなされた。島に住むトルコ人がそれを聞いて、「これは大変」と、直ちに島から離れていった。連れてこられた患者は洞窟とか、壊れた砦に住み、食料などはクレタ本島の人々の好意に頼った。医師も薬もなく、治らないとされた患者は再びアテネに送り返された。医師はいなかったが、大風子油を使い、素人的外科手術もあったようだ。状況は悪化し、患者は守衛といさかいを起こした。本国はまったく彼らに同情的でなかった。新しく来た患者は、弁護士や教師、高校を出た人もいた。その中にJosepf Pavlakisという若い神学を学んだリーダーがいた。彼は作業班を組織化し、建物を整備した。当局の考えはハンセン病患者の隔離であるが、患者たちは本国と同様仕事をし、食料を作り、教会に出席し、劇団を持つに至った。患者は変形を隠さなくなった。1954年には政府は隔離を止め、新患はアテネで治療することにした。交渉は長引き1957年にJosepf Pavlakisらも、帰還してきた。英文のWikipediaでは、1962年に最後の牧師が帰ったとしている。2006年6月現在、この地域の主な観光スポットはヴェネツィア時代の砦である。スピナロンガ フレッシュアイペディアより)

  • 非結核性抗酸菌

    非結核性抗酸菌から見たハンセン病ハンセン病

    近年、日本でも癩病ではない皮膚非結核性抗酸菌症が散見されている(Mycobacterium marinum, Mycobacterium peregrinumなどによる)。非結核性抗酸菌 フレッシュアイペディアより)

  • キンガ (ポーランド王妃)

    キンガ (ポーランド王妃)から見たハンセン病ハンセン病

    キンガは気の進まぬままボレスワフ5世と結婚した。ポーランド王妃になるが、結婚していたにもかかわらず、信仰心の篤い2人は肉体的な純潔を守っていた。王妃である間、キンガは貧者を訪問したり、ハンセン病患者を世話するといった慈善行為を行った。1279年にボレスワフが死ぬと、キンガは所有物を全て売り、金を貧者へ与えた。そしてすぐに王国を政治から一切身を引き、たった一人で貧者のクララ会修道院に入ることを決めた。キンガは観想的な祈りのなかで余生を送り、誰にもポーランド王妃であったかつての地位を彼女に問うことを許さなかった。キンガ (ポーランド王妃) フレッシュアイペディアより)

  • コンウォール・リー

    コンウォール・リーから見たハンセン病ハンセン病

    コンウォール・リー(Mary Helena Cornwall Legh、1857年5月20日-1941年12月18日)は、英国女性。宣教師の道を歩み1907年来日、東京を中心に8年間伝道活動に従事し、1915年草津を視察、以降、多くの施設を立ち上げ、ハンセン病患者のために患者のための生活、教育、医療に力を注いだ。コンウォール・リー フレッシュアイペディアより)

  • 多喜二・百合子賞

    多喜二・百合子賞から見たハンセン病ハンセン病

    冬敏之『ハンセン病療養所』(小説)多喜二・百合子賞 フレッシュアイペディアより)

  • 村田茂助

    村田茂助から見たハンセン病ハンセン病

    村田 茂助(むらた もすけ)とは日本の皮膚科医。1912年に、いわゆる熱こぶ、ハンセン病における2型反応を癩性結節性紅斑、Erythema nodosum leprosum( ENL )と命名した。村田茂助 フレッシュアイペディアより)

  • 島比呂志

    島比呂志から見たハンセン病ハンセン病

    東京農林専門学校(現・東京農工大学)助教授として教壇にたつ。1947年、ハンセン病を発病し、国立療養所大島青松園に入所、翌年国立療養所星塚敬愛園へ転園。作家として活躍、同人誌「火山地帯」を主宰。1995年7月、事務局長池永満弁護士のもとに手紙を出し、らい予防法の国家賠償法訴訟の切っ掛けとなる。島比呂志 フレッシュアイペディアより)

410件中 61 - 70件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード