410件中 71 - 80件表示
  • 村田正太

    村田正太から見たハンセン病ハンセン病

    村田 正太(むらた まさたか、1884年10月5日 - 1974年12月20日)は、日本の医師、医学研究者。梅毒血清反応「村田法」の創始者。ハンセン病研究者。エスペランティスト。1926年から1933年まで大阪府外島保養院院長を務めたが、外島事件で辞任した。患者を一人の人間として対等に「キミ」と呼び、遇したのは当時としてはたいへん珍しい。その後職に就かず、神奈川県二宮町で個人的研究生活に入る。村田正太 フレッシュアイペディアより)

  • ケート・ヤングマン

    ケート・ヤングマンから見たハンセン病ハンセン病

    ケート・ヤングマン(Kate M. Youngman, 1841年12月17日 - 1910年9月29日)は、アメリカ合衆国の宣教師。来日して1894年にハンセン病施設「目黒慰廃園」を設立した。ケート・ヤングマン フレッシュアイペディアより)

  • 塔和子

    塔和子から見たハンセン病ハンセン病

    塔 和子(とう かずこ 1929年-)は日本の詩人。12歳でハンセン病を発病し、ハンセン病療養所大島青松園にいて、多くの詩を書いた。塔和子 フレッシュアイペディアより)

  • 三上千代

    三上千代から見たハンセン病ハンセン病

    三上 千代(みかみ ちよ、1891年 - 1978年7月18日) は、ハンセン病患者に尽くした看護婦で、ナイチンゲール記章を受賞した。コンウォール・リーを助け、バルナバ医院、その後は鈴蘭病院、鈴蘭園、また宮城県の施設や全生病院、終戦前後は空襲を受けた国頭愛楽園(国立療養所沖縄愛楽園)、その後国立療養所多磨全生園で勤務した。三上千代 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤静香 (社会教育家)

    後藤静香 (社会教育家)から見たハンセン病ハンセン病

    後藤は熱狂的な読者たちに支えられ、「希望社運動」と呼ばれる様々な社会活動を行った。その一例として「点字の普及」「ハンセン病患者救済」「エスペラント運動」「老人福祉」「アイヌ救済」「現代仮名遣いの普及」などがある。後藤静香 (社会教育家) フレッシュアイペディアより)

  • カラウパパ国立歴史公園

    カラウパパ国立歴史公園から見たハンセン病ハンセン病

    1866 - 1969年、ハンセン病罹患者強制移住カラウパパ国立歴史公園 フレッシュアイペディアより)

  • 中山節夫

    中山節夫から見たハンセン病ハンセン病

    1960年、多摩美術大学付属芸術学園映画科を卒業し、日活撮影所に入所。1962年よりフリーの助監督として多数の作品に携わった。その後熊本に帰郷し、1969年に映画デビュー作「あつい壁」を監督した。ハンセン病に対する根強い差別を扱い、話題になった。中山節夫 フレッシュアイペディアより)

  • 犀川一夫

    犀川一夫から見たハンセン病ハンセン病

    犀川 一夫(さいかわ かずお、1918年6月7日 - 2007年7月30日)はハンセン病治療に貢献した日本の医師。プロミンを日本で最初に使用した医師の一人。ハンセン病が治る時代になり、通院治療を主張し、恩師光田健輔に反抗し、台湾で活躍した。後、沖縄愛楽園園長、沖縄県ハンセン病予防協会理事長、らい予防法裁判でも活躍した。犀川一夫 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本市立黒髪小学校

    熊本市立黒髪小学校から見たハンセン病ハンセン病

    龍田寮事件 - 1950年代に同小学校で起きたハンセン病に関する事件。熊本市立黒髪小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 中途視覚障害者

    中途視覚障害者から見たハンセン病ハンセン病

    日本においては緑内障、糖尿病網膜症、網膜色素変性症が中途視覚障害の三大原因と呼ばれている。そのほかに網膜剥離、ぶどう膜炎、白内障などもある。はしか(麻疹)やハンセン病などの感染症による失明は、現在ではほとんど見られなくなった。近年では加齢黄斑変性の割合が増えている。中途視覚障害者 フレッシュアイペディアより)

410件中 71 - 80件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード