410件中 81 - 90件表示
  • 平和の村

    平和の村から見たハンセン病ハンセン病

    平和の村(へいわのむら、Hospice Shanti Nagar または City of Peace)は、1957年にマザー・テレサが、インドの西ベンガル州にハンセン病患者のためのコミューンとして設立した施設である。平和の村 フレッシュアイペディアより)

  • 楽生療養院

    楽生療養院から見たハンセン病ハンセン病

    樂生療養院(繁体字:樂生療養院、ピン音: Lèshēng Liáoyǎngyuàn、Losheng Sanatorium)は、台湾新北市新荘区に位置するハンセン病治療のための療養所。楽生療養院 フレッシュアイペディアより)

  • プレストウィック

    プレストウィックから見たハンセン病ハンセン病

    ロバート1世からジェームズ1世までの歴代の王は、プレストウィックかトルーン辺りの海岸を行脚した。ロバート1世がその水でハンセン病を癒したことで知られる聖ニニアンズ教会の井戸は、現在も存在する。プレストウィック フレッシュアイペディアより)

  • 岩村昇

    岩村昇から見たハンセン病ハンセン病

    当時国民の平均寿命が37歳というネパールで、以後18年間、結核・ハンセン病・マラリア・コレラ・天然痘・赤痢等の伝染病の治療予防として栄養改善のために、岩村史子夫人と共に活躍。帰国後、神戸大学医学部教授として教鞭をとる。岩村昇 フレッシュアイペディアより)

  • 三助

    三助から見たハンセン病ハンセン病

    三助の語源は、銭湯で「釜焚き」「湯加減の調整」「番台業務」の「三」つの役を「助」けた(兼務した)ことからこう呼ばれた。このほか、浴場内で垢すりや髪すき等のサービスを提供する場合もあり、この役割が強調され「三助」=「浴場内での客へのサービス」というイメージが一般化された。また異説として奈良時代の聖武天皇の后、光明皇后は、天然痘が猛威を振るったとき(ハンセン病という説もあり)、浴室(現在のサウナに近い)を建設し、自ら患者の治療に献身した。このとき三人の典侍が皇后を助けた。彼らは「三典(サンスケ)」と呼ばれ、これが後の「三助」の語の由来になったともいう。また江戸時代において広く下男・小者などの奉公人のことを三助と形容することもあった。他に三はもともと爨(飯盒炊さんの"さん")で、「釜を炊く者」の意味であり、「おさんどん」の"さん"も同源だとする説もある。三助 フレッシュアイペディアより)

  • 那須皓

    那須皓から見たライ病ハンセン病

    戦後、一時公職追放となるが、後に復帰すると吉田茂元首相の要請を受けて、1957年駐インド兼ネパール大使となり、農業を中心とした交流強化に努める。インドでライ病の深刻さを目の当たりにして帰国後に「アジア救ライ協会」を組織して初代理事長となった。1963年に国連食糧農業機関の総会議長に就任するなど、日本と海外との交流に尽くした事が評価されて1965年に勲二等に属する勲章である旭日重光章を授与された(勲二等瑞宝章はそれより以前に受章済)。1967年に日本人3人目のマグサイサイ賞受賞。那須皓 フレッシュアイペディアより)

  • ブラドッド

    ブラドッドから見たハンセン病ハンセン病

    ブラドッドの治世は20年間で、はじまりは紀元前863年か紀元前500年とされている。その時、ブラドッドはカール・バルドゥム(現バース)を建設し、魔法を使ってそこに温泉を生んだ。ブラドッドはこの町を、その永遠に消えることのない炎を祝して、女神アテーナーあるいはミネルウァに捧げた。女神の炎が弱まった時、石の球に変わり、その場所に新しい温泉が生まれた。ブラドッドがこの町を作った理由については、次のように言われている。アテネにいた時、ブラドッドはハンセン病にかかり、帰国した時、そのために閉じこめられた。しかし、ブラドッドは脱走して、遠いところに逃げた。バースの2、3マイル北にあるSwainswickで、ブラドッドは豚飼いとして雇われた。その時、寒空の中、豚がハンノキの荒れ地に入り、真っ黒な泥にまみれて戻って来るのに気がついた。その泥は温かく、豚たちも気持ちよさそうだった。ブラドッドは豚たちは皮膚病にかからまかったことに気付き、泥風呂の中に入ってみたところ、ハンセン病が治癒したことがわかった。その後、ブラドッドは元の王位継承者に復帰したが、自分がそうだったように他の人のためになればと、バースを建設した。ブラドッド フレッシュアイペディアより)

  • カラウパパ

    カラウパパから見たハンセン病患者の隔離ハンセン病

    カラウパパ国立歴史公園:元、ダミアン神父、マザー・マリアンネ・コープ が運営していたハンセン病コロニー(ハンセン病罹患者 最大期人口:1,200名)カラウパパ フレッシュアイペディアより)

  • 北山十八間戸

    北山十八間戸から見たハンセン病ハンセン病

    北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんと)は鎌倉時代に奈良につくられたハンセン病などの重病者を保護・救済した福祉施設。1921年3月3日、国の史跡に指定された。北山十八間戸 フレッシュアイペディアより)

  • 小栗判官

    小栗判官から見たハンセン病ハンセン病

    一方、小栗は地獄に堕ち、閻魔大王の前に引きずり出されるが、裁定により地上界に戻されることができた。しかし異形の餓鬼阿弥の姿で、癩病にかかっており、歩くこともままならない。幸いに藤沢の遊行寺(清浄光寺)の大空上人の助けを蒙り、地車に乗せられて東海道を西進する。小栗が殺された夜、遊行寺では大空上人の夢枕に閻魔大王が立ち、「上野原に11人の屍が捨てられており、小栗のみ蘇生させられるので、熊野の湯に入れてもとの体に戻すために力を貸せ」と告げていた。上人はそのお告げに従って上野原に行き、死んだ家来達を葬るとともにまだ息のあった小栗を寺に連れ帰ったのであった。小栗判官 フレッシュアイペディアより)

410件中 81 - 90件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード