前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見た遠藤周作

    井深八重 - 誤診により神山復生病院(御殿場市)に収容されたが、看護師としてハンセン病患者の看護にあたる。遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」という作品のモデルとなった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た光田健輔

    病型別では、昭和前半の統計ではあるが、日本では多菌型が多く癩性禿頭症や失明が多かった。光田健輔によると1911年に公立療養所第一区府県立全生病院(現、国立療養所多磨全生園)では58.63%に禿頭症がみられた。沖縄県や東南アジアの様な流行地では症状は一般的に軽いといわれている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たダミアン神父

    患者から医療関係者への伝染に関しては、「医療関係者に伝染発病した事実はない」と一般的に言われている。ただし、流行地で幼児期を過ごした人であれば発病する可能性が0でないこと、実際に患者に接触して感染した医師や神父(例としてダミアン神父)もいることを考慮する必要がある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た小川正子

    小川正子「石打たれる人々 ー 癩者に捧げた若き女医の手記」『新女苑』1939年1月号、実業之日本社ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た笹川陽平

    笹川記念保健協力財団は、日本財団(財団法人日本船舶振興会)の一つでハンセン病制圧事業のみならずエイズ対策などの活動を行っている団体である。笹川良一の三男である笹川陽平がWHOハンセン病制圧特別大使を務め、ハンセン病の制圧、ハンセン病患者の人権問題に取組んでいる。2006年にはインドのハンセン病回復者とその家族が自立して暮らすための支援を行う「ササカワ・インド・ハンセン病財団」を設立するなど積極的な活動を行っている。この団体は、笹川良一(1899-1995)を会長として1974年に創設された。笹川良一は日本財団創設時より国内外のハンセン病問題に関心があり積極的に活動を行っていた。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た浅田次郎

    蒼穹の昴 - 浅田次郎の作品。登場人物の一人の宦官が、ハンセン病に罹り王宮を追われるという経緯をもつ。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た松本清張

    砂の器 - 松本清張の長編小説。ハンセン病患者に対する差別を題材。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たジョン・F・ケネディ

    初代の受賞者は米国ルイジアナ州カービルの国立ハンセン病療養所で権利擁護運動を続けた患者のスタンレー・スタインであった。これまでの受賞者の中には「世界ハンセン病ディ」を提唱したジョン・F・ケネディ元米国大統領、障害を持つ世界中の貧しいハンセン病患者や貧しい人々のために活動したマザー・テレサらがいる。日本人または日本の団体の受賞歴は、1961年に光田健輔、1976年に義江義雄、2002年に湯浅洋、2008年に日本財団(笹川陽平会長)と笹川記念保健協力財団(日野原重明会長)がある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た抗がん剤

    らい菌の遺伝子解析から、ジアフェニルスルホン (DDS)、リファンピシン (RFP)、キノロン剤への耐性は特定遺伝子の突然変異であることが判明し、遺伝子変異の検査により薬剤耐性が早く分かるようになった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たマザー・テレサ

    初代の受賞者は米国ルイジアナ州カービルの国立ハンセン病療養所で権利擁護運動を続けた患者のスタンレー・スタインであった。これまでの受賞者の中には「世界ハンセン病ディ」を提唱したジョン・F・ケネディ元米国大統領、障害を持つ世界中の貧しいハンセン病患者や貧しい人々のために活動したマザー・テレサらがいる。日本人または日本の団体の受賞歴は、1961年に光田健輔、1976年に義江義雄、2002年に湯浅洋、2008年に日本財団(笹川陽平会長)と笹川記念保健協力財団(日野原重明会長)がある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
254件中 1 - 10件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード