254件中 11 - 20件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見た東宝

    小島の春(1940年/東京発声映画製作所=東宝 )監督:豊田四郎、主演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、原作:『小島の春』小川正子著 - 戦前に日本でハンセン病を題材にした映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た光明皇后

    光明皇后のらい患者湯浴み伝説もあるが、ハンセン病患者に入浴させることは普通の考えであろう。日本においては草津の湯がハンセン病に有効と言われ多くの患者が集まった。後藤昌文・後藤昌直父子 はハンセン病の入浴療法を考案しハワイの国王の要請でハワイまで行き指導して回った。ダミアン神父も習ったという。しかし、ハンセン病には有効でなかったため、この治療法は普及しなかった。全生病院では、 風呂場外科、という言葉もある。初代看護婦であった石渡婦長は、光田健輔と相談して、船のようなものに下に車が付いていて、寝ながら入浴できるものを風呂場に持ち込んできてそれに患者を入れて体を洗ったという。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た村田茂助

    LL型・BL型で治療開始から約半年後に生じる急激な反応で機序はIII型アレルギーとされている。この際に生じる皮疹をらい性結節性紅斑 (ENL,Erythema nodosum leprosum) と呼ぶ。また、通称熱こぶとも呼ぶ。皮膚に有痛性の結節を生じるのが特徴で40度前後の発熱や関節痛を伴う。治療を行った際に大量に菌が死滅し、それに対して強い免疫反応(III型アレルギー)を起こすメカニズムが考えられている。サリドマイドやステロイド療法で治療を行う。ちなみにらい性結節性紅斑 (ENL) の命名者は村田茂助である(1912年)。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たアルマウェル・ハンセン

    病名は1873年にらい菌を発見したノルウェー人医師アルマウェル・ハンセンの姓に由来する。かつては「癩(らい)」、「癩病」とも呼ばれていたが、この名称は差別的と感じる人が多いために、歴史的文脈以外では、一般的に避けられている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た大谷吉継

    大谷吉継(1559年-1600年)は日本の戦国時代後期の武将である。有能な武将でもあり、賤ヶ岳の戦いでは七本槍に匹敵する武功を挙げた。業病を患っており、顔が爛れていたと伝わっているため、おそらくはハンセン病に罹患していたと考えられている。石田三成と固い友情で結ばれていたと言われ、関ヶ原の戦いでは東軍有利と思いつつも、三成との友情に報いるために西軍について闘い、最後は自刃して果てた。ある時開かれた茶会において、招かれた豊臣諸将は茶碗に入った茶を、1口ずつ飲んで次の者へと渡して回し飲みを始めた。この時、吉継が口をつけた茶碗は誰もが嫌い、後の者たちは病気の感染を恐れて飲むふりをするだけであったが、石田三成だけ普段と変わりなくその茶を飲み(一説には吉継が飲む際に顔から膿が茶碗に落ちたが、三成はその膿ごと茶を飲み干したとされる。また三成でなく豊臣秀吉であるという話もある)、気軽に話しかけてきたという伝承が今に伝わっている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た世界保健機関

    WHOによるハンセン病制圧の定義は、1991年5月に開催された第44回世界保健総会で決定され、人口100万人以上の国で、登録患者数が人口1万人あたり1人を下回る(有病率が1.0を下回る)こととされた。この定義を遵守すると日本では1970年前後に制圧を達成している。2005年初頭はインド・ブラジル・コンゴ民主共和国・アンゴラ・モザンビーク・ネパール・タンザニア・中央アフリカの9カ国が未制圧国であったが、2006年初頭にインド・アンゴラ・中央アフリカが、2007年初頭にマダガスカルとタンザニアが、2007年末にコンゴ民主共和国とモザンビークが制圧を達成した。現在の未制圧国はブラジル・ネパールと、東ティモールが新たに加わり3カ国となっている。東ティモールは以前より有病率が1.0を超えていたが、人口100万人未満であったために定義より除外されていたが、2008年、人口100万人に突破したことにより加わった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たサリドマイド

    LL型・BL型で治療開始から約半年後に生じる急激な反応で機序はIII型アレルギーとされている。この際に生じる皮疹をらい性結節性紅斑 (ENL,Erythema nodosum leprosum) と呼ぶ。また、通称熱こぶとも呼ぶ。皮膚に有痛性の結節を生じるのが特徴で40度前後の発熱や関節痛を伴う。治療を行った際に大量に菌が死滅し、それに対して強い免疫反応(III型アレルギー)を起こすメカニズムが考えられている。サリドマイドやステロイド療法で治療を行う。ちなみにらい性結節性紅斑 (ENL) の命名者は村田茂助である(1912年)。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た井深八重

    井深八重 - 誤診により神山復生病院(御殿場市)に収容されたが、看護師としてハンセン病患者の看護にあたる。遠藤周作の「わたしが・棄てた・女」という作品のモデルとなった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た杉村春子

    小島の春(1940年/東京発声映画製作所=東宝 )監督:豊田四郎、主演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、原作:『小島の春』小川正子著 - 戦前に日本でハンセン病を題材にした映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た夏川静江

    小島の春(1940年/東京発声映画製作所=東宝 )監督:豊田四郎、主演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、原作:『小島の春』小川正子著 - 戦前に日本でハンセン病を題材にした映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 11 - 20件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード