254件中 21 - 30件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見た上川豊

    上川豊「南支南洋の癩と台湾の癩」(『社会事業の友』152号、1941年7月発刊)ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た中山節夫

    あつい壁(1970年 監督:中山節夫) - 昭和28年に熊本で起きた龍田寮事件と呼ばれたハンセン病への偏見と差別を告発した映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た中村哲 (医師)

    中村哲 \(医師\) - ペシャワール会医療サービス(PMS)総院長。ハンセン病を中心とする医療活動に従事。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た豊田四郎

    小島の春(1940年/東京発声映画製作所=東宝 )監督:豊田四郎、主演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、原作:『小島の春』小川正子著 - 戦前に日本でハンセン病を題材にした映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た菅井一郎

    小島の春(1940年/東京発声映画製作所=東宝 )監督:豊田四郎、主演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、原作:『小島の春』小川正子著 - 戦前に日本でハンセン病を題材にした映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た忍性

    忍性 - 北山十八間戸を創設し保護・救済にあたる。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たヒポクラテス

    英語の「leprosy」や近代西洋語の同等の語、また日本語の「レプラ」は、古代ギリシア語で 「 (leprā)」、ないしはその借用語であるラテン語の「lepra」に由来するが、その語史は次のように辿ることができる。「 (lepos). 皮・鱗」 → 「 (leperos). 皮・鱗を持った?」 → 「 (lepros). 鱗状の?、かさぶた状の?、レプラの?」→ その女性形「 (leprā)」 。この語を意味をめぐっては議論が絶えない。少なくとも古代ギリシアにおいては、語源にみえるように、皮膚が鱗状・かさぶた状になる症状群を指し、乾癬や湿疹など幅広い皮膚疾患がこの名で呼ばれていた。ハンセン病の症状をも含んでいたかどうかは諸説ある。紀元前5?4世紀の古い使用例として、ヘロドトス『歴史』〈1巻138節〉、アリストファネス『アカルナイの人々』〈724行〉などがあり、またヒポクラテス集成の中では『予知論 II』〈43章〉などがある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たマハトマ・ガンジー

    毎年1月の最終日曜日に設定されている。これはハンセン病に理解があったマハトマ・ガンジーが殺害された日(1月30日)に近い日曜日に由来する。なお、インドその他で国際的な行事もこの日に設定されている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た笹川良一

    笹川記念保健協力財団は、日本財団(財団法人日本船舶振興会)の一つでハンセン病制圧事業のみならずエイズ対策などの活動を行っている団体である。笹川良一の三男である笹川陽平がWHOハンセン病制圧特別大使を務め、ハンセン病の制圧、ハンセン病患者の人権問題に取組んでいる。2006年にはインドのハンセン病回復者とその家族が自立して暮らすための支援を行う「ササカワ・インド・ハンセン病財団」を設立するなど積極的な活動を行っている。この団体は、笹川良一(1899-1995)を会長として1974年に創設された。笹川良一は日本財団創設時より国内外のハンセン病問題に関心があり積極的に活動を行っていた。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た北条民雄

    北条民雄 - ハンセン病に罹患。自身の体験に基づいた名作「いのちの初夜」が有名。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 21 - 30件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード