254件中 31 - 40件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見た藤野豊

    『ハンセン病 反省しない国家』藤野豊、2008年、かもがわ出版ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た宮崎松記

    宮崎松記 - 医師。「戦争とハンセン病」に関する研究。傷痍軍人駿河療養所の設置。龍田寮事件や本妙寺事件の調査。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た一遍

    一遍 - 「一遍上人絵伝」には一遍とともに諸国を巡礼した患者の姿がある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た織田作之助

    昭和時代に入ると、ドイツ語またはラテン語である「」(レプラ)の言い換え語として、カタカナ表記のレプラ という言葉も使用された。「レプラ」は島木健作や織田作之助の作品などに散見される。また、日本癩学会が発行する機関誌名にも使用された。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た高橋お伝

    仮名垣魯文「高橋阿伝夜叉譚」(高橋お伝ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たヘロドトス

    英語の「leprosy」や近代西洋語の同等の語、また日本語の「レプラ」は、古代ギリシア語で 「 (leprā)」、ないしはその借用語であるラテン語の「lepra」に由来するが、その語史は次のように辿ることができる。「 (lepos). 皮・鱗」 → 「 (leperos). 皮・鱗を持った?」 → 「 (lepros). 鱗状の?、かさぶた状の?、レプラの?」→ その女性形「 (leprā)」 。この語を意味をめぐっては議論が絶えない。少なくとも古代ギリシアにおいては、語源にみえるように、皮膚が鱗状・かさぶた状になる症状群を指し、乾癬や湿疹など幅広い皮膚疾患がこの名で呼ばれていた。ハンセン病の症状をも含んでいたかどうかは諸説ある。紀元前5?4世紀の古い使用例として、ヘロドトス『歴史』〈1巻138節〉、アリストファネス『アカルナイの人々』〈724行〉などがあり、またヒポクラテス集成の中では『予知論 II』〈43章〉などがある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た石館守三

    石館守三(1901-1996)はハンセン病治療薬であるプロミンの合成を日本で初めて成功した。東大医学部薬学科で研究した。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た豊臣秀吉

    大谷吉継(1559年-1600年)は日本の戦国時代後期の武将である。有能な武将でもあり、賤ヶ岳の戦いでは七本槍に匹敵する武功を挙げた。業病を患っており、顔が爛れていたと伝わっているため、おそらくはハンセン病に罹患していたと考えられている。石田三成と固い友情で結ばれていたと言われ、関ヶ原の戦いでは東軍有利と思いつつも、三成との友情に報いるために西軍について闘い、最後は自刃して果てた。ある時開かれた茶会において、招かれた豊臣諸将は茶碗に入った茶を、1口ずつ飲んで次の者へと渡して回し飲みを始めた。この時、吉継が口をつけた茶碗は誰もが嫌い、後の者たちは病気の感染を恐れて飲むふりをするだけであったが、石田三成だけ普段と変わりなくその茶を飲み(一説には吉継が飲む際に顔から膿が茶碗に落ちたが、三成はその膿ごと茶を飲み干したとされる。また三成でなく豊臣秀吉であるという話もある)、気軽に話しかけてきたという伝承が今に伝わっている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たウイリアム・ジョップリング

    ウイリアム・ジョップリングはハンセン病の分類で有名である。ロンドン大学卒。戦前はハンセン病にも興味があったようであるがアフリカで内科・産婦人科をやり、戦時中は軍医であった。戦後の1947年、36歳の時にロンドンに帰り、大学院で熱帯医学を専攻した。その後、1950年に戦後ロンドン郊外の古城に作られたハンセン病病院「ジョーダン(Jordan)病院」の住み込み院長となり、そこで病理医のリドリー(Ridley)と共にRidley-Jopling分類を完成した。1962年にはらい反応も研究した。ジョップリングのエピソードとして「1950年代の初めにErythema nodosum leprosumの命名者が知りたくて尋ねて回り、東京からの客人によりそれは村田茂助であると分かった」ということがある。ジョップリングは、彼が独力で書いた教科書Handbook of Leprosyでも有名で、この教科書は5版を数える。その他、Leprosy stigmaについての論文やThe Starに書かれた自叙伝も有名である。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た島木健作

    昭和時代に入ると、ドイツ語またはラテン語である「」(レプラ)の言い換え語として、カタカナ表記のレプラ という言葉も使用された。「レプラ」は島木健作や織田作之助の作品などに散見される。また、日本癩学会が発行する機関誌名にも使用された。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 31 - 40件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード