254件中 41 - 50件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見た後藤昌文

    光明皇后のらい患者湯浴み伝説もあるが、ハンセン病患者に入浴させることは普通の考えであろう。日本においては草津の湯がハンセン病に有効と言われ多くの患者が集まった。後藤昌文・後藤昌直父子 はハンセン病の入浴療法を考案しハワイの国王の要請でハワイまで行き指導して回った。ダミアン神父も習ったという。しかし、ハンセン病には有効でなかったため、この治療法は普及しなかった。全生病院では、 風呂場外科、という言葉もある。初代看護婦であった石渡婦長は、光田健輔と相談して、船のようなものに下に車が付いていて、寝ながら入浴できるものを風呂場に持ち込んできてそれに患者を入れて体を洗ったという。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た斎藤義龍

    斎藤義龍 - 美濃の戦国武将。ハンセン病に罹患していたという説がある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た北里柴三郎

    国際ハンセン病学会()はハンセン病対策に関する情報の発信、ハンセン病対策キャンペーンに対する支援、ハンセン病に関わる他団体との連携を目的とした学会である。1897年に国際らい会議がベルリンで開催され、これが後に第1回国際ハンセン病学会となった。当時は根本的な治療法が確立されていないため、隔離以外に対策のない疾患であると結論づけている。日本からは土肥慶三(皮膚科医)と北里柴三郎(細菌学)が出席した。化学療法の進歩に伴って、次々と重要な決定がこの学会を通じて出された。約5年おきに学会が開かれが、インド開催時は世界ハンセン病ディで行われるので5年毎ではない。()という学会誌の発行も行っていた。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たアリストファネス

    英語の「leprosy」や近代西洋語の同等の語、また日本語の「レプラ」は、古代ギリシア語で 「 (leprā)」、ないしはその借用語であるラテン語の「lepra」に由来するが、その語史は次のように辿ることができる。「 (lepos). 皮・鱗」 → 「 (leperos). 皮・鱗を持った?」 → 「 (lepros). 鱗状の?、かさぶた状の?、レプラの?」→ その女性形「 (leprā)」 。この語を意味をめぐっては議論が絶えない。少なくとも古代ギリシアにおいては、語源にみえるように、皮膚が鱗状・かさぶた状になる症状群を指し、乾癬や湿疹など幅広い皮膚疾患がこの名で呼ばれていた。ハンセン病の症状をも含んでいたかどうかは諸説ある。紀元前5?4世紀の古い使用例として、ヘロドトス『歴史』〈1巻138節〉、アリストファネス『アカルナイの人々』〈724行〉などがあり、またヒポクラテス集成の中では『予知論 II』〈43章〉などがある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た後藤昌直

    光明皇后のらい患者湯浴み伝説もあるが、ハンセン病患者に入浴させることは普通の考えであろう。日本においては草津の湯がハンセン病に有効と言われ多くの患者が集まった。後藤昌文・後藤昌直父子 はハンセン病の入浴療法を考案しハワイの国王の要請でハワイまで行き指導して回った。ダミアン神父も習ったという。しかし、ハンセン病には有効でなかったため、この治療法は普及しなかった。全生病院では、 風呂場外科、という言葉もある。初代看護婦であった石渡婦長は、光田健輔と相談して、船のようなものに下に車が付いていて、寝ながら入浴できるものを風呂場に持ち込んできてそれに患者を入れて体を洗ったという。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た大野林火

    村越化石(1922 - ?)は、静岡県藤枝市生まれの俳人。15歳で治療のために離郷。1941年から群馬県草津町の国立療養所栗生楽泉園で暮らす。40年前に失明した後も、妻や職員の手を借りて句作を続けた。本田一杉、大野林火に師事。角川俳句賞、蛇笏賞、詩歌文学館賞、山本健吉文学賞など。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たアリストテレス

    アリストテレスが「サテュリア」と呼んだものは、ハンセン病であったかもしれない。また、によれば、ギリシアの医者の弟子ストラトンが「」と呼んだものは「象皮病」(後述)であったというが、いずれも場合もはっきりしない。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た石田三成

    大谷吉継(1559年-1600年)は日本の戦国時代後期の武将である。有能な武将でもあり、賤ヶ岳の戦いでは七本槍に匹敵する武功を挙げた。業病を患っており、顔が爛れていたと伝わっているため、おそらくはハンセン病に罹患していたと考えられている。石田三成と固い友情で結ばれていたと言われ、関ヶ原の戦いでは東軍有利と思いつつも、三成との友情に報いるために西軍について闘い、最後は自刃して果てた。ある時開かれた茶会において、招かれた豊臣諸将は茶碗に入った茶を、1口ずつ飲んで次の者へと渡して回し飲みを始めた。この時、吉継が口をつけた茶碗は誰もが嫌い、後の者たちは病気の感染を恐れて飲むふりをするだけであったが、石田三成だけ普段と変わりなくその茶を飲み(一説には吉継が飲む際に顔から膿が茶碗に落ちたが、三成はその膿ごと茶を飲み干したとされる。また三成でなく豊臣秀吉であるという話もある)、気軽に話しかけてきたという伝承が今に伝わっている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た貞明皇后

    「ハンセン病を正しく理解する週間」は、救らい事業に尽くした貞明皇后の誕生日である6月25日を含む1週間に設定されている。ハンセン病患者あるいは回復者に対して差別や偏見のない社会を推進する目的である。もともとは1931年に「癩予防ディ」と呼ばれ、ハンセン病患者の救済を名目に無癩県運動と強制隔離政策を奨める政府のキャンペーンであった。1951年に貞明皇后が死去したのに伴い「救らいの日」に、1963年に「らいを正しく理解する週間」に、1964年に「ハンセン病を正しく理解する週間」に改称した。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た神谷美恵子

    神谷美恵子 - ハンセン病の治療に生涯を捧げた女医。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 41 - 50件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード