254件中 61 - 70件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見たカール大帝

    1096年にはじまった十字軍は、パレスチナ・エルサレム地域のハンセン病がヨーロッパに蔓延するきっかけとなった。罹患した兵士のためにエルサレムのラザレット(lazaretto:ハンセン病患者専用の収容所・らい院)が作られ、患者救済が行われた。その後、ヨーロッパ各地にもハンセン病が蔓延してきたため、フランスやドイツなどにもラザレットが作られた。ラザレットでは、ハンセン病を「ミゼル・ズフト」(貧しき不幸な病)と称して救済が行われたが、当時のローマ教会は旧約聖書に基づき、「ツァーラアト」の措置として「死のミサ」や「模擬葬儀」など祭儀的な厳しい措置が行われることも多かった。また、外出時には自分が患者であることを分かるような服装を強制され、公衆の場に出ることは制限された。旧約聖書レビ記13 - 14章には患者と思しき人物を一時的に隔離して祭司が経過を観察する法があるが、これには感染していなかった場合や治癒した場合の復権の規定も含まれており、不治の病であるかのような誤解に基づく種々の差別とは一線を画している。中世において行われていたのは公衆衛生上の隔離ではなく「風俗規制」による社会的隔離のための患者隔離政策が行われた。具体的には「現社会からの追放」「市民権・相続権の剥奪」「結婚の禁止、家族との分離、離婚の許可」「就業禁止、退職の促進」「立ち入り禁止などの行動規制」などの制裁措置がとられた。一方で兵役、納税、裁判出頭の義務は免除されていたが、それは公民としての存在が否定されていたことを意味する。そのため、ハンセン病患者に対する偏見・差別が拡大した。社会的隔離政策の勅令としてはカール大帝が有名で、その後出現した法治国家でも「患者隔離法」や「患者取締令」によりらい院に強制収容された。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た通貨

    20世紀前半を中心に、世界各地のハンセン病療養所やコロニーにおいて、菌を伝染させないためや患者を隔離するためとして、通貨(主に貨幣)が発行された。特殊紙幣/貨幣は様々な国で使用された。最も早い発行は1901年で、当時ハンセン病患者が多かったコロンビアでは感染を防御する目的で療養所のみで使用される特殊貨幣が政府により鋳造された。マレーシアでは、ゴードン・アレクサンダー・リリー(Gordon Alexander Ryrie)が特殊貨幣を発行した。日本、韓国でも特殊貨幣が作られ療養所内で使用されていた時期があった。不祥事などが発覚し廃止されたが、紙幣を検査して菌が付着していないので廃止した国もある。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たゴキブリ

    昆虫、特に蝿にらい菌が感染して、ヒトへのベクター感染するルートもあるため、昆虫も感染源になるという報告がある。ゴキブリによる結核菌の移動実験により証明されたという報告もあるが、否定的な意見も多い。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たチンパンジー

    らい菌は、ヒト以外では3種のサル(チンパンジー、カニクイザル、スーティーマンガベイ)とココノオビアルマジロで自然感染例が知られている。アルマジロは正常体温が30 - 35度と低体温であり、らい菌に対し極めて高い感受性があるとされている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た結核

    昆虫、特に蝿にらい菌が感染して、ヒトへのベクター感染するルートもあるため、昆虫も感染源になるという報告がある。ゴキブリによる結核菌の移動実験により証明されたという報告もあるが、否定的な意見も多い。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たアテネ

    ヨゼフ・パヴラキスは、ハンセン病を発病し1903年に遺棄の島と指定されたギリシアのクレタ島東部に位置するスピナロンガ島に送られた神父である。スピナロンガ島はハンセン病の患者が次々に送られて悲惨な状態となっていたが、パヴラキスは患者を集め建物班を作るなど組織化し、水の確保、および住宅・ダンスホール・劇場などの建設に尽力した。ギリシア政府は1954年に隔離を止めハンセン病の新規患者はアテネで治療することとなったため、1957年にアテネに帰還した。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た自律神経

    末梢神経障害は自律神経障害も生じるため皮膚からの発汗作用が障害され乾皮症を誘発する。皮膚の防御力の減退、血管等に見られる神経反射作用が消失により炎症の治癒機転の障害を引き起こす。知覚障害のため外傷・熱傷に侵されやすく、症状の訴えがないため治療開始が遅れることもある。傷ができやすい上になかなか治りにくいため、十分なケアが必要である。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た人獣共通感染症

    ハンセン病は、人獣共通感染症でも知られるが、自然動物ではヒト、霊長類(マンガベイモンキー)とココノオビアルマジロ以外に感染する動物は見つかっていない。以下、ヒトの感染状況について説明する。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たサル

    らい菌は、ヒト以外では3種のサル(チンパンジー、カニクイザル、スーティーマンガベイ)とココノオビアルマジロで自然感染例が知られている。アルマジロは正常体温が30 - 35度と低体温であり、らい菌に対し極めて高い感受性があるとされている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たサラディン

    エルサレム王ボードワン4世(1161年?1185年)は子供の頃に発病した。しかし、13歳で即位して以来24歳で没するまで勢力を増大させていたイスラムの英雄サラディンを向こうに回して自ら戦場に出て戦い続け、存命中独立を守った。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 61 - 70件表示