254件中 71 - 80件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見たエルジェーベト (ハンガリー王女)

    一方、新約聖書では祭儀的なものを排除した真の救済「救らい事業」が行われた。ローマ教会に対抗し、1209年に組織されたフランシスコ会はアッシジに「らい村」を建設した。そこでは、一つの共同自治社会が形成され、「死のミサ」や「仮装埋葬」などの儀式もなく、また外出も自由にできた。新約聖書の「マタイ伝」16章に出ているイエス・キリストの教えと行動に則った病者への「労わり」に基づく救済活動であった。また、キリストによるハンセン病患者の治療は奇跡として扱われ、ハンガリーの聖女エリーザベトによる救済などや、十字軍時代のパレスチナに設置されたらい院でのラザロ看護騎士団の患者救済にも影響を及ぼした。フランシスコ会は日本の安土桃山時代にも伝来し、日本のハンセン病患者の救済も行われた。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た黄帝内経

    「瀉血」とは血を抜く治療法のことである。瀉血ははぶ咬傷など色々な疾患にも使われていた治療法である。ハンセン病への応用はらい菌に汚染された悪血を排出することを目的とした。もともとは古代中国の医書「黄帝内経」には患部の腫れた所から瀉血する治療法の記載や、日本の近世医書にも多数の記載があったが、この治療法が普及したのは18世紀以降からである。開始時期は明確でないが日本では江戸時代または明治時代頃から行われた。名称として乱切・瀉血療法と呼ばれる。一般的には背部に行われた。非医師や家族により施行されたこともあった。実施年齢は子供が多く都市部で15.1%,離島では50%近くが行われた。実施年齢については乳幼児59.1%,幼児期、27,8%,新生時期、2.0%であった。背部では細い瘢痕、頭部では小さい脱毛が残る。日本での治療法は次の通りである。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たロバート1世 (スコットランド王)

    王家の分家筋だったロバート1世(1274年-1329年)は1314年のバノックバーンの戦いでイングランド王エドワード2世を破ってイングランドの侵略からスコットランドを解放し、ブルース朝を起こした。晩年の1329年に発病し、同年没した。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たカイロ

    1931年、国際連盟は「らい公衆衛生の原理」と題する著作を発刊し、ハンセン病の早期患者に対しては施設隔離を行わず、外来診療所で大風子油による治療を行うのが望ましいとされ、政策としてはじめて「治療対策」「脱施設隔離」が打ち出された。ただしその一方で重症の伝染性の強い患者は施設に強制的に隔離する重要性も再確認されている。1938年にカイロで開催された第4回国際らい学会では、その影響を受けて疫病地の大風子油による施設治療政策は認められた。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た抗うつ薬

    ハンセン病では神経障害・機能不全のため、様々な神経痛が生じ神経因性疼痛とも呼ばれる。多くは突然、電撃痛とも呼ばれる強い痛みに襲われる。神経痛の症状もさまざまで、俗称だる神経痛(だるいからくる)などもある。ネパールでは'Jhum-Jhum'と表現されている。また、触刺激によって誘発される疼痛アロディニア(知覚過敏)という病態もある。ある特定の部位を触ったり冷覚・温覚刺激を与えたりすると出現する疼痛のため奇妙である。非ステロイド性抗炎症薬も使われるが効果が低いため、適宜、抗うつ薬や抗けいれん薬、麻薬系鎮痛薬もよく使われる。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た九州大学

    柳駿 (Joon Lew) は、韓国のハンセン病指導者で延世大学名誉教授。医学生の時に、徘徊するらい病患者にショックを受け、京城帝国大学、九州大学細菌学教室、カリフォルニア大学でハンセン病を学んだ。医師になり最初に勤務したのは小鹿島更生園であった。1947年らい浮浪者の団体のボスを集め、物乞いをやめようと、希望村という運動を始めた。韓国動乱前には16もの希望村ができた。希望村運動は中央政府により新しい定着村運動となった。その他、柳駿医科学研究所理事長になり、ハンセン病関係の種々の役職を歴任した。毎年開催される日本ハンセン病学会にも出席する。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たガイ・ヘンリー・ファジェット

    プロミンは、1941年にアメリカのガイ・ヘンリー・ファジェットによってハンセン病患者に使用された。もともとは結核治療薬として開発されたものであったが、アメリカ・ルイジアナ州のカーヴィル療養所に入所しているハンセン病患者に実験的に投与したところ、効果があることがわかった。そこで1943年に症例数22、改善15、不変6、悪化1という画期的な報告を写真付でアメリカの医学雑誌で発表した。プロミンはその後、国際的にも非常に効果のある特効薬であることが確認され、ハンセン病治療がこの時を境に劇的に変化した。原著の表を示す。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たガイ・ヘンリィ・ファジェット

    ガイ・ヘンリィ・ファジェットは米国カーヴィル療養所の病院長 (director,1940-1947) で、プロミンのハンセン病に対する有効性を発見した。1947年に心臓病で亡くなり、没後の1958年に東京の国際らい学会と、1984年のカーヴィル百年祭でも表彰された。なお、The Starの初代編集長によると、健康を害したあと事故で亡くなったことを示唆している。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たペシャワール会

    ペシャワール会 - NGO団体。世界のハンセン病の治療支援を行っている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た安土桃山時代

    一方、新約聖書では祭儀的なものを排除した真の救済「救らい事業」が行われた。ローマ教会に対抗し、1209年に組織されたフランシスコ会はアッシジに「らい村」を建設した。そこでは、一つの共同自治社会が形成され、「死のミサ」や「仮装埋葬」などの儀式もなく、また外出も自由にできた。新約聖書の「マタイ伝」16章に出ているイエス・キリストの教えと行動に則った病者への「労わり」に基づく救済活動であった。また、キリストによるハンセン病患者の治療は奇跡として扱われ、ハンガリーの聖女エリーザベトによる救済などや、十字軍時代のパレスチナに設置されたらい院でのラザロ看護騎士団の患者救済にも影響を及ぼした。フランシスコ会は日本の安土桃山時代にも伝来し、日本のハンセン病患者の救済も行われた。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 71 - 80件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード