254件中 81 - 90件表示
  • ハンセン病

    ハンセン病から見た奈良時代

    奈良時代に成立した『日本書紀』、「令義解」には、それぞれ「白癩(びゃくらい・しらはたけ)」という言葉が出ており、現在のハンセン病ではないかとされている。「令義解」には「悪疾所謂白癩、此病有虫食五臓。或眉睫堕落或鼻柱崩壊、或語声嘶変或支節解落也、亦能注染於傍人。故不可与人同床也。」と極めて具体的な症状が書かれており、これが解釈の根拠になっている。この解釈が正しいとすると、この記述が世界最古の感染病説であることになる。ただしハンセン病以外の皮膚病を含んでいる可能性も指摘されている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た鎌倉時代

    鎌倉時代になると、漢語由来の「癩」(らい)、「癩病」、「らい病」が使われるようになった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た日本聖書刊行会

    日本聖書刊行会から出版されている『新改訳聖書』第三版では、ヘブライ語の原音に近い「ツァラアト」と翻訳、日本聖書協会から出版されている『新共同訳聖書』では「重い皮膚病」と翻訳するなど、最近の翻訳では工夫が施されている。「ツァラアト」は旧約聖書「レビ記13:47」で衣服につくカビを指す単語でもあり病名ではないという指摘もあり、新共同訳にける訳語である「重い皮膚病」の改訂を求める運動が国立療養所長島愛生園内のキリスト教会ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た日本聖書協会

    日本聖書刊行会から出版されている『新改訳聖書』第三版では、ヘブライ語の原音に近い「ツァラアト」と翻訳、日本聖書協会から出版されている『新共同訳聖書』では「重い皮膚病」と翻訳するなど、最近の翻訳では工夫が施されている。「ツァラアト」は旧約聖書「レビ記13:47」で衣服につくカビを指す単語でもあり病名ではないという指摘もあり、新共同訳にける訳語である「重い皮膚病」の改訂を求める運動が国立療養所長島愛生園内のキリスト教会ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た東京発声映画製作所

    小島の春(1940年/東京発声映画製作所=東宝 )監督:豊田四郎、主演:夏川静江、菅井一郎、杉村春子、原作:『小島の春』小川正子著 - 戦前に日本でハンセン病を題材にした映画ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たリファンピシン

    感染源は、菌を大量に排出するハンセン病患者(特に多菌型、LL型)である。ただし、ハンセン病治療薬の1つであるリファンピシンで治療されている患者は感染源にはならない。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たモロカイ島

    ダミアン神父(1840年-1889年)は、ベルギー人のカトリック司祭で、アメリカ合衆国ハワイ州モロカイ島でハンセン病患者たちのケアに生涯をささげ、自らもハンセン病で命を落とした。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たココノオビアルマジロ

    らい菌は、ヒト以外では3種のサル(チンパンジー、カニクイザル、スーティーマンガベイ)とココノオビアルマジロで自然感染例が知られている。アルマジロは正常体温が30 - 35度と低体温であり、らい菌に対し極めて高い感受性があるとされている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見た静岡県

    日本では明治時代にハンセン病患者の救済が行われ療養所が建てられた。日本では、1889年にテストウィード神父が静岡県御殿場市神山に神山復生病院を設立したのが最初の療養所であり、その後各地に私立療養所が建てられた。公立療養所(都道府県連合)に関しては、1907年に設置の法律ができ、その2年後に全国に設置された。その後、多くの私立療養所は閉鎖されていった。1930 - 1940年頃になると、国による一括統治・強制隔離政策を推進することや、患者数に比例して各県から予算を決定する会議が毎年大変であったことなどの理由により、公立療養所(都道府県連合)は国立に移管された。2013年1月現在、13の国立療養所と1の私立療養所が現存している。ハンセン病は回復しているが以前の政策により入所された人のうち、後遺症が残っており介助を必要としている人と、社会や家族との関係で入所が必要な人の施設となっている。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

  • ハンセン病

    ハンセン病から見たブラジル

    WHOによるハンセン病制圧の定義は、1991年5月に開催された第44回世界保健総会で決定され、人口100万人以上の国で、登録患者数が人口1万人あたり1人を下回る(有病率が1.0を下回る)こととされた。この定義を遵守すると日本では1970年前後に制圧を達成している。2005年初頭はインド・ブラジル・コンゴ民主共和国・アンゴラ・モザンビーク・ネパール・タンザニア・中央アフリカの9カ国が未制圧国であったが、2006年初頭にインド・アンゴラ・中央アフリカが、2007年初頭にマダガスカルとタンザニアが、2007年末にコンゴ民主共和国とモザンビークが制圧を達成した。現在の未制圧国はブラジル・ネパールと、東ティモールが新たに加わり3カ国となっている。東ティモールは以前より有病率が1.0を超えていたが、人口100万人未満であったために定義より除外されていたが、2008年、人口100万人に突破したことにより加わった。ハンセン病 フレッシュアイペディアより)

254件中 81 - 90件表示

「ハンセン病」のニューストピックワード