前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示
  • ハンドボール

    ハンドボールから見た宮崎大輔宮崎 大輔

    フットワークを最も繰り返すポジションであるため、体力、技術、身長ともにバランスよく優れていることが必要とされるが、宮?大輔のように小さくてこなす選手もいる。主にセンターと呼ばれる。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見た末松誠 (ハンドボール)

    フィールドの端に位置し、ゴール面積がほとんどないため一般的にシュートは入りにくいが、大同特殊鋼の末松誠のようにサイドでもプレーヤーによっては点を取れるプレーヤーもいる。シュート時のゴール範囲が利き手によって大きく異なる為、レフトウィングは右利きが理想とされる。主に左サイド、本サイド、正サイドと呼ばれる。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たベルリン

    1898年にホルガー・ニールセン(Holger Nielsen、人工呼吸法の一つ「ニールセン法」を考案した人物)が考案し北欧を中心に行われていた7人制と、1910年代に現在のドイツ・ベルリンで女子を中心に行われていた11人制の2つの形式で始まった。当初は11人制だったが、徐々に7人制の方が主流となり、女子は1962年、男子は1967年の世界選手権から7人制で一本化された。1906年には、最古のハンドボール競技規則が刊行された。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見た審判員

    ハンドボールの審判は2人1組で、それぞれが同等の権限を持つ。2人はゴールライン側の審判と、センターライン側の審判の役割を交互に行う。1つの反則に対する罰則について両者の判断が異なる場合には、罰則の重いほうを適用する。ハンドボールはボディーコンタクトがある程度認められており、展開も速いため、審判の役割はきわめて重要であり、選手と同様の高い運動能力(持久力)と豊富な経験、迅速的確な判断力が要求される。地域や国といった単位で競技レベルを向上させるには、審判の育成や技術水準の底上げも欠かせない。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見た中東の笛

    また、かなり強い接触まで認められるため審判の技量によっては反則や罰則の基準がばらついたり、同じプレイが審判によって判定が変わることがある(中東の笛参照)。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たモルテン

    主なメーカーはモルテンやミカサである。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たスポーツイベント

    株式会社スポーツイベントが月刊誌スポーツイベントハンドボールを発行している。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たミカサ

    主なメーカーはモルテンやミカサである。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たバスケットボール

    日本代表のオリンピック出場は、男子が1972年、女子が1976年が最初である。以降、男子は1976年、1984年、1988年の大会に出場、2008年は予選再試合があったが惜しくも韓国に負けて出場できていない。女子は1976年の大会(5位入賞)のみに出場。北京オリンピック(2008年)で実施された28競技中、日本代表が男女ともに出場できなかったのはハンドボールとバスケットボールだけである。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たスポーツ

    ハンドボール () は、7人ずつの2組がボールを相手のゴールに投げ入れて勝負を競うスポーツである。走・跳・投という運動における基本3要素を求められ、さらにボディコンタクトという格闘的な要素も含まれる総合スポーツであり、ダイナミックなシュートシーンやスピーディーな試合展開が魅力となっている。五輪競技であり、。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
28件中 1 - 10件表示

「ハンドボール」のニューストピックワード