1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • ハンドボール

    ハンドボールから見たドイツ

    1898年にホルガー・ニールセン(Holger Nielsen、人工呼吸法の一つ「ニールセン法」を考案した人物)が考案し北欧を中心に行われていた7人制と、1910年代に現在のドイツ・ベルリンで女子を中心に行われていた11人制の2つの形式で始まった。当初は11人制だったが、徐々に7人制の方が主流となり、女子は1962年、男子は1967年の世界選手権から7人制で一本化された。1906年には、最古のハンドボール競技規則が刊行された。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見た夏季オリンピック

    男子競技が夏季オリンピックに正式種目に採用されたのは1936年のベルリンオリンピックからで、。一時期、正式種目から外されるが、1972年のミュンヘンオリンピックから復活した。一方、女子競技については男子よりも1大会遅く、1976年のモントリオールオリンピックから正式種目になった。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見た日本語

    日本語では送球(そうきゅう)とも呼ばれ、中国語では手球という。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たゴール (スポーツ)

    ハンドボール () は、7人ずつの2組がボールを相手のゴールに投げ入れて勝負を競うスポーツである。走・跳・投という運動における基本3要素を求められ、さらにボディコンタクトという格闘的な要素も含まれる総合スポーツであり、ダイナミックなシュートシーンやスピーディーな試合展開が魅力となっている。五輪競技であり、。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たゴールキーパー

    1チームはコートプレーヤー(CP)6人とゴールキーパー(GK)1人の計7人以下で構成される。このため、選手の交替の時にベンチに戻るほうがコートの外に出る前に交代要員が中に入ると、コート内に8人以上がいることになるため不正行為となる。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たコイントス

    7mスローコンテストとは、フィールドプレーヤーがゴールキーパーから7mの位置でスローイングを行い、まず3人ずつ対戦。3人目終了時に成功者が多いチームの勝ち。同点の場合はサドンデス方式で最後に1点上回るまで繰り返し(その場合でも3人ずつを終えたところで先攻・後攻を決めるコイントスを行う)となり、その勝者に試合時間帯で上げた得点+1点が加算される。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見た大同特殊鋼フェニックス

    フィールドの端に位置し、ゴール面積がほとんどないため一般的にシュートは入りにくいが、大同特殊鋼の末松誠のようにサイドでもプレーヤーによっては点を取れるプレーヤーもいる。シュート時のゴール範囲が利き手によって大きく異なる為、レフトウィングは右利きが理想とされる。主に左サイド、本サイド、正サイドと呼ばれる。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

  • ハンドボール

    ハンドボールから見たベルリンオリンピック

    男子競技が夏季オリンピックに正式種目に採用されたのは1936年のベルリンオリンピックからで、。一時期、正式種目から外されるが、1972年のミュンヘンオリンピックから復活した。一方、女子競技については男子よりも1大会遅く、1976年のモントリオールオリンピックから正式種目になった。ハンドボール フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「ハンドボール」のニューストピックワード