181件中 91 - 100件表示
  • ヨルダン・レチコフ

    ヨルダン・レチコフから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    レチコフは、17歳の時に故郷のでキャリアを始めた。若手ながらレギュラーを務め、1991-92シーズンに1部で最多優勝を誇る名門PFC CSKAソフィアに移籍を果たすと、すぐさまドイツのハンブルガーSVに引きぬかれ、1992-93シーズンから1995-96シーズンまで在籍した。その後、1996-97シーズンに当時ヨーロッパでトップクラブの1つだったフランスのオリンピック・マルセイユに移籍するも、首脳陣と折り合いが悪かったために1シーズンで退団することになった。ヨルダン・レチコフ フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・キューウェル

    ハリー・キューウェルから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2009年3月12日に行われたUEFAカップのハンブルガーSV戦ではエムレ・アシクの退場により、40分間不慣れなセンターバックのポジションでプレイし、ミスもあったが何とか役割を全うした。セカンドレグも同様のポジションを務め、その試合ではPKから得点を記録した。ハリー・キューウェル フレッシュアイペディアより)

  • チアゴ・ネーヴィス・アウグスト

    チアゴ・ネーヴィス・アウグストから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2007年にフルミネンセFCに移籍し、ベガルタ仙台時代と同じくジョエル・サンタナ監督の下でプレー。ブラジルに帰国後はボーラ・ジ・オーロ(ブラジル全国選手権MVP)を受賞するなど大活躍。フルミネンセファンからはプレースタイルがネドベドに似ていると評価され二人の名前を合わせたネドベズの愛称で親しまれている。2008年夏にはU-23代表として北京オリンピックに出場。銅メダルを獲得した。その後、ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVに移籍。レアル・マドリードに移籍したラファエル・ファン・デル・ファールトの後釜として期待されたが、適応に苦しみリーグ戦わずか6試合出場に留まり、冬の移籍マーケットでサウジアラビアのアル・ヒラルに完全移籍。そのまま古巣のフルミネンセに期限付き移籍した。2009年夏、フルミネンセへの期限付き移籍が終了し、アル・ヒラルに入団する。チアゴ・ネーヴィス・アウグスト フレッシュアイペディアより)

  • FCザンクトパウリ

    FCザンクトパウリから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    FCザンクトパウリ(FC St. Pauli)は、ドイツ・ハンブルクを本拠地とするサッカークラブ。同じくハンブルクを本拠地とするハンブルガーSVとの試合は、ハンブルク・ダービーとして激しい盛り上がりをみせる。ドイツ最大級の歓楽街であるレーパーバーンの脇に本拠地となるスタジアムが位置している。サポーター層はハンブルガーSVより庶民的であるといわれ、その声援はより熱狂的である。FCザンクトパウリ フレッシュアイペディアより)

  • ジュピラーリーグ

    ジュピラーリーグから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1950年代後半、スタンダールは1957-58に初めてトロフィーを掲げると、彼らは1982-83までに8タイトルを重ね、やがてリーグ内でアンデルレヒトの最大のライバルとなっていった。1950年代後半のほかのタイトルはアントワープFCとアンデルレヒトが獲得した。1960年代にはポール・ファン・ヒムストのアンデルレヒトが6回(1963-64から1967-68にかけてベルギー記録となっている5連覇を含む)、スタンダールが3回、リールセが1回優勝した。スタンダールはキープレイヤーのウィルフリート・ファン・モールとともに1968-69から3連覇した。1974-75は20ものクラブが参加したリーグ史上唯一のシーズンだった。ベルギーのクラブは1970年代からヨーロッパのカップ戦で良いパフォーマンスを見せ始めた。アンデルレヒトは1975-76 UEFAカップウィナーズカップに優勝し、クラブ・ブルッヘは1975-76 UEFAカップ決勝でリヴァプールFCに敗れた。1976-77にアンデルレヒトはカップウィナーズカップ決勝でハンブルガーSVに敗れ、1977-78にはアンデルレヒトが同大会で2度目の優勝、クラブ・ブルッヘがヨーロピアンカップ決勝でリヴァプールFCに敗れた。1970年代のベルギー・ファーストディビジョンでは、クラブ・ブルッヘが4回、アンデルレヒトが2回、ヨハン・ボスカンプを擁するR・ホワイト・デアリング・モレンベーク(デアリング・クラブ・ド・ブリュッセルの後身)、ゴールキーパーのジャン=マリー・プファフを擁するKSKベヴェレンがそれぞれ1回優勝した。ジュピラーリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・エンケ

    ロベルト・エンケから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2004年7月、ブンデスリーガ(1部)のハノーファー96に移籍金なしの2年契約で移籍した。ここでは正GKに定着して成功を収め、キッカー誌の最優秀GKに選ばれた。より規模の大きいVfBシュトゥットガルトなどから注目を集めたが、2006年12月に2009-10シーズン終了後までの契約延長をしたことで他クラブへの移籍の可能性は消滅した。2007-08シーズンにはチームメイトによって主将に選出され、2シーズンと少しの間主将を務めた。2008-09シーズンは所属クラブが11位だったにもかかわらず、再びキッカー誌のベストイレブンに選出された。ハノーファー96では通算180試合に出場した。最後に出場したのは2009年11月8日のハンブルガーSV戦で、この試合は1-1の引き分けだった。2日後の11月10日に死去した。ロベルト・エンケ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・エドゥアルド

    カルロス・エドゥアルドから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2008年5月のケルン戦で、ロダー・アンタルに報復行為を行い、3試合の出場停止処分。2009年1月のハンブルガーSVとの親善試合でも乱闘騒ぎを起こし、3試合の出場停止処分。2009年4月11日のボーフム戦で、フィリップ・ベーニッヒに肘打ちを食らわせ、退場となり、5試合の出場停止処分、とマネージャーのヤン・シンデルマイサーが怒りのコメントを残すほど、精神面に大きく課題を残す。カルロス・エドゥアルド フレッシュアイペディアより)

  • デロイト・フットボール・マネー・リーグ

    デロイト・フットボール・マネー・リーグから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1位のレアル・マドリード(スペイン)から3位のFCバルセロナ(スペイン)までに順位の変動はない。バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が前シーズンの7位から4位に急浮上するなど、シャルケ04、ハンブルガーSV、VfBシュトゥットガルトなどのドイツ勢が順位を伸ばしたが、ACミラン、インテルなどのイタリア勢は停滞が目立った。レアル・マドリードやFCバルセロナのスペイン勢、マンチェスター・ユナイテッドFC、チェルシーFC、アーセナルFC、リヴァプールFCなどのイングランド勢は5年前に比べて軒並み50%以上の上昇率を記録している。デロイト・フットボール・マネー・リーグ フレッシュアイペディアより)

  • ヤコポ・サーラ

    ヤコポ・サーラから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2001年からアタランタBCのユースチームでキャリアをスタートさせ、2007年にチェルシーFCのユースチームに移籍した。2011年6月1日、チームメートのマイケル・マンシェンと共にハンブルガーSVへ完全移籍した。ヤコポ・サーラ フレッシュアイペディアより)

  • ウーゴ・アルメイダ

    ウーゴ・アルメイダから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2008-09は、リーグ戦で9ゴールと再び安定したシーズンとなった。DFBポカールでは、アマチュアの相手にブレーメン移籍後初となるハットトリックを決め9-3で勝利した試合を含め、5試合で4ゴールを記録し優勝した。さらに、UEFAチャンピオンズリーグでは、アウェーのアノルトシス・ファマグスタ戦で2-1で1点のビハインドを追いかける中で、2点目を決め引き分けに持ち込んだことからファンが選ぶマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。最終的にブレーメンはCLのグループリーグを3位で終えたためUEFAカップへまわることになった。UEFAカップでは8試合1ゴールを決め、準決勝第2戦のハンブルガーSV戦では3-2と勝利し、2試合合計3-3のアウェーゴールルールで決勝へ進出するも、この試合でイエローカードを提示されたことからサスペンションにより、決勝戦のFCシャフタール・ドネツク戦は出られず、チームも準優勝に終わった。ウーゴ・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

181件中 91 - 100件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード