282件中 31 - 40件表示
  • フィリップ・コスティッチ

    フィリップ・コスティッチから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    フィリップ・コスティッチ(、、1992年11月1日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア)出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属。セルビア代表でもある。ポジションはMF。フィリップ・コスティッチ フレッシュアイペディアより)

  • 孫興民

    孫興民から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2008年東北高等学校在学中夏にKFAが主導で行っている優秀選手海外留学プログラムの第6期生として金敏爀、キム・ジョンピルと共にハンブルガーSVU-17チームに加入。中心選手としてリーグ戦15試合に出場し、9得点を挙げた。さらに、活躍が評価され、翌年の5月9日には1つ上のカテゴリーであるU-19チームでリーグ戦に途中出場した。シーズン終了後に一旦帰国し、母校である東北高校に戻った。孫興民 フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・ジュルー

    ヨハン・ジュルーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2004年のU-19欧州選手権で注目を浴び、アーセナルFCへ入団。FAプレミアリーグ2005-2006シーズンにトップデビューを果たした選手。スイスとコートジボワールの国籍を持っているがスイス代表を選択している。2007-2008シーズンにはバーミンガム・シティFCへ、2013年1月からハノーファー96へ期限付き移籍をした。2013年7月、ハンブルガーSVへ期限付き移籍。2017年8月、アンタルヤスポルへフリーで移籍。ヨハン・ジュルー フレッシュアイペディアより)

  • スヴェン・シプロック

    スヴェン・シプロックから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    スヴェン・シプロック(Sven Schipplock、1988年11月8日 - )は、西ドイツ・ロイトリンゲン出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属。ポジションは、フォワード。スヴェン・シプロック フレッシュアイペディアより)

  • レッドブル・ザルツブルク

    レッドブル・ザルツブルクから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2005-2006年シーズンはFCヴァッカー・インスブルック、ハンブルガーSV、1.FCカイザースラウテルンなどの監督を務めたクルト・ヤーラが監督に就任。レッドブル・ザルツブルク フレッシュアイペディアより)

  • 岡崎慎司

    岡崎慎司から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2013年6月25日、1.FSVマインツ05に3年契約で完全移籍。移籍金は150万ユーロとされる。シーズン当初はシュツットガルト時代と同じく左サイドハーフで起用されていたが、第10節のアイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦で1トップとしてスタメン出場すると、ドイツに渡って以来自身初のマルチゴールを記録した(UEFAヨーロッパリーグでは以前にステアウア・ブカレスト戦で記録)。12月21日、第17節のハンブルガーSV戦では2ゴール1アシストの活躍を見せ、ブンデスリーガの公式HPでは、三度目のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。1月6日、ドイツ誌の『キッカー』はブンデスリーガのポジション別ランキングのFW部門で、前半戦を16試合8ゴールで終えた岡崎を8位に選出した。4月19日、ドルトムント戦で香川真司がドルトムント時代の2011-12シーズンに記録したブンデスリーガの日本人最多得点記録となる13得点に並び、4月26日のニュルンベルク戦で日本人最多得点記録を更新。最終節の5月10日のハンブルガーSV戦でも得点を重ね、最終的にマインツのクラブタイ記録、清水時代を含めても自身のキャリアハイとなる15点までシーズン得点を伸ばし、2013-14シーズンを終えた。岡崎慎司 フレッシュアイペディアより)

  • 酒井高徳

    酒井高徳から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    酒井 高徳(さかい ごうとく、1991年3月14日 - )は、新潟県三条市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属。日本代表。ポジションはディフェンダー(サイドバック)。酒井高徳 フレッシュアイペディアより)

  • イヴィツァ・オリッチ

    イヴィツァ・オリッチから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2007年1月、ドイツのハンブルガーSVに移籍し、1月31日のエネルギー・コットブス戦でデビューした。10月のVfBシュトゥットガルト戦では、クラブ史上初となる45分間でのハットトリックを決めた。2008年に行われたアーセナルFC主催のエミレーツ・カップではユヴェントス戦でロスタイムに2得点を挙げ、優勝した。イヴィツァ・オリッチ フレッシュアイペディアより)

  • 乾貴士

    乾貴士から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2012年6月25日、ドイツ1部に1年ぶりに昇格するアイントラハト・フランクフルトへの完全移籍の合意が、両チームから公式発表された。9月16日、ホームのハンブルガーSV戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた。その後2試合でもゴールを決め、3試合連続ゴールを達成した。最終的に2012-13シーズンのブンデスリーガ所属の日本人選手最多となる6ゴールを挙げる活躍を見せ、チームのUEFAヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献した。乾貴士 フレッシュアイペディアより)

  • メフディ・マハダヴィキア

    メフディ・マハダヴィキアから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    1997年にアジア年間最優秀ユース選手賞に選出されたのをきっかけに翌年、イランのピルジィからドイツのVfLボーフムに移籍。その年にチームは降格してしまったが、活躍を認められてハンブルガーSVに移籍した。2002-2003シーズンにはブンデスリーガのアシスト王に輝き、2003年のアジア最優秀選手に選ばれた。2006-2007シーズン終了後、長らく在籍したハンブルガーSVから退団し、アイントラハト・フランクフルトへ移籍した。2010年1月、母国のスティール・アジンFCに移籍し、約11年ぶりに母国リーグ復帰を果たす。2011-12シーズンはSCダーマーシュでプレー。2012年に古巣であるペルセポリスに復帰した。2013年3月、現役を引退することを表明した。メフディ・マハダヴィキア フレッシュアイペディアより)

282件中 31 - 40件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード