181件中 31 - 40件表示
  • トマス・リンコン

    トマス・リンコンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    トマス・エドゥアルド・リンコン・エルナンデス(Tomás Eduardo Rincón Hernández, 1988年1月13日 - )は、ベネズエラ出身のサッカー選手。ハンブルガーSV所属。ポジションは守備的ミッドフィールダーまたはディフェンダー(右サイドバック)。ベネズエラ代表のキャプテンを務める。トマス・リンコン フレッシュアイペディアより)

  • バリー・バナン

    バリー・バナンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    グラスゴー近郊の町エイドリーの出身。ユース期にはセルティックのアカデミーにも所属していた。2004年にアストン・ヴィラの下部組織に入団し、2008年12月UEFAカップのハンブルク戦で公式戦デビューを果たした。バリー・バナン フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・グラヴェセン

    トーマス・グラヴェセンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ドイツのハンブルガーSV、イングランドのエヴァートンFCなどを経て、2005年にはスペインのレアル・マドリードに移籍した。スコットランドのセルティックFCに所属していた2008年に現役引退した。1998年8月にデンマーク代表デビューし、2006年9月までに66試合に出場して5得点を挙げた。UEFA欧州選手権2000、2002 FIFAワールドカップ、UEFA欧州選手権2004に出場している。テクニックがあり、優れたパス能力を持っているにもかかわらず、気性の荒さや激しいタックルで知られている。トーマス・グラヴェセン フレッシュアイペディアより)

  • ニヘル・デ・ヨンク

    ニヘル・デ・ヨンクから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    2006年1月26日、ドイツのハンブルガーSVに移籍金約100万ユーロで移籍し、4年契約を結んだ。同クラブにはラファエル・ファン・デル・ファールトとハリド・ブラールズが在籍しており、彼らに次ぐ3人目のオランダ人選手となった。1月28日の1.FCニュルンベルク戦でデビューし、3月4日のバイエルン・ミュンヘン戦では決勝点を決め、バイエルンにそのシーズンのホーム戦初黒星をつけた。バイエルン戦の翌週のUEFAカップ・ラピド・ブカレスト戦セカンドレグではサッカー人生初となるレッドカードを受けた。膝の問題から手術を必要とし、一足早く4月にシーズンを終えた。復帰を目指してリハビリに取り組んだものの、その怪我のために2006 FIFAワールドカップに出場できなかった。ニヘル・デ・ヨンク フレッシュアイペディアより)

  • レネー・アードラー

    レネー・アードラーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    レネ・アドラー(René Adler, 1985年1月15日 - )は、ドイツ・ライプツィヒ出身のサッカー選手。ハンブルガーSV所属。ポジションはゴールキーパー。レネー・アードラー フレッシュアイペディアより)

  • ジネディーヌ・ジダン

    ジネディーヌ・ジダンから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    その後、ユヴェントスには5シーズン在籍し、デルピッポと称されたアレッサンドロ・デル・ピエロとフィリッポ・インザーギの2トップを操るトップ下の位置でプレー。2度のリーグ優勝に貢献したほか、UEFAチャンピオンズリーグにも1996-97、1997-98シーズンと2年連続で決勝進出を果たした。しかし、ジダンが移籍する前の1995-96シーズンでユヴェントスはUEFAチャンピオンズリーグを優勝しており、レキップ紙はジダンを不吉の象徴として黒猫と呼んだ。1999-00シーズン、ジダンは好調を維持し、クラブも第26節終了時点で17勝8分1敗の成績でシーズンのほとんどで1位をキープ。しかし最終8試合で4敗を喫し、最終節のペルージャ戦でも0-1で敗戦。2位のSSラツィオが勝利したため、勝ち点1差で優勝を逃した。ジダンは「私たちは1年間こつこつとつらい仕事をしてきたが、最終節ですべてを失った。こんなことならもっと早く負けていればよかった」と悔しさを滲ませた。翌シーズン、カルロ・アンチェロッティは3ボランチを置くフランス代表に近いフォーメーションを敷き、同郷のダビド・トレゼゲも加入した。ユヴェントスは上々のスタートであったが、2000年10月24日、UEFAチャンピオンズリーグのハンブルガーSV戦でジダンはヨヘン・キーンツのファウルに対して頭突きの報復行為を行ったことによって5試合の出場停止処分を受けた。この試合ではエドガー・ダーヴィッツもレッドカードを受けて9人での戦いを強いられ、1-3で敗北した。その翌日のガゼッタ・デロ・スポルトでは「ジダンとダーヴィッツがユーヴェを沈ませた」との見出しで批判された。2週間後のパナシナイコスFC戦でもユヴェントスは負け、UEFAチャンピオンズリーグを予選敗退した。また、より開放的でテクニカルなスペインリーグでのプレーを望んだことやスペイン人の夫人が母国で暮らすためにイタリアを離れたがっていたことなどから、クラブに何度も移籍を訴えた。ユヴェントスのオーナーであったジャンニ・アニェッリは、「問題はジダンじゃなくて奥方にある。私には彼女をどうすることもできない」と語っていた。ジネディーヌ・ジダン フレッシュアイペディアより)

  • レト・ツィークラー

    レト・ツィークラーから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    スイスのグラスホッパー・チューリッヒで頭角を現し、イングランドのトッテナム・ホットスパーFCを率いていたジャック・サンティニ監督に見い出され、2005年1月16日に移籍。ただし、その後就任したマルティン・ヨル監督が当面は彼を起用しない方針を決めたために、すぐにドイツのハンブルガーSVへ半年間のレンタル移籍をする。だが、チームが好調だったこともあり、定位置を獲得するには至らなかった。ハンブルガーへのレンタルの後はイングランドに戻ってウィガン・アスレティックFCに半年のレンタル移籍。2006-07シーズンは主にリザーブリーグで活躍。正確なCK、FKによってアシストを重ね、リザーブチームの好調を支えた。レト・ツィークラー フレッシュアイペディアより)

  • 高原直泰

    高原直泰から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ドイツ・ブンデスリーガのハンブルガーSVのオファーを受けて完全移籍。一年目で連続無失点記録を継続中だったオリバー・カーン擁するバイエルン・ミュンヘン相手にゴールを決めるなどし、リーグ戦を16試合(先発は12試合)3得点で終える。しかし続く2003-04シーズンは、リーグ戦29試合(先発22試合)に出場するも2得点という結果に終わる。2004-05シーズン、トーマス・ドルが監督に就任するとシーズン序盤は先発から外れるも、第6節のヘルタ・ベルリン戦で2ゴールを記録しレギュラーを獲得。リーグ戦31試合(先発は26試合)に出場し、FW中最多の7得点を挙げた。翌2005-06シーズンはリーグ戦21試合(先発は6試合)出場1得点で終えた。高原直泰 フレッシュアイペディアより)

  • ハンブルク

    ハンブルクから見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    フォルクスパルクシュタディオンを本拠地とするハンブルガーSVが有名。ハンブルク フレッシュアイペディアより)

  • サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)

    サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ)から見たハンブルガーSVハンブルガーSV

    ハンブルガーSV(Hamburger SV)サッカー・ブンデスリーガ (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

181件中 31 - 40件表示

「ハンブルガーSV」のニューストピックワード